植松容疑者、大麻の陽性反応 出頭後の鑑定で検出

相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が死亡した事件で、殺人などの容疑で送検された元職員、植松聖(さとし)容疑者(26)の尿を検査したところ、大麻の陽性反応が出たことが捜査関係者への取材でわかった。大麻を使用していたとみられる時期は不明という。神奈川県警は、事件への影響を慎重に見極める方針。

 捜査関係者によると、植松容疑者は7月26日午前3時過ぎに津久井署に出頭した際、覚醒剤などの検査には応じたものの、大麻については検査を拒否。県警が令状に基づいて尿を採取し、鑑定した結果、大麻の成分が検出されたという。

 翌27日の植松容疑者宅の捜索では植物片が見つかり、大麻と確認されていた。また、2月に衆院議長に宛てた手紙の中で植松容疑者は、「精神薬を服用する人は確実に頭がマイナス思考になり、人生に絶望しております。心を壊す毒に頼らずに、地球の奇跡が生んだ大麻の力は必要不可欠だと考えます」と書いていた。

媚薬
催淫薬
興奮剤German Black Widows