友達が出来にくい理由

昨日、一昨日、一人で居る時間が多く、女性の日記も覗かせて頂いた。
テーマは様々だが、YY内での揉め事やら、会社内のいざこざ、こんなテーマに目がいった。

内容を読むと納得出来る所も何個かあった。
でも、、何やら懐かしい感じがしました。。

色々考えると、集団生活を離れて 大分経過してると言う自分のライフスタイルに気が付いた。

私はしょっちゅう顔を合わせる人、いわゆるチーム内には居るが、毎日同じ人に会うと言う事がまず無い。勿論、昼食も毎日、違う相手か一人の時ばかりだ。

しかし、考えると学校もそうだし、職場もそうだが、毎日一緒にご飯を食べたり、長い時間一緒に居ると 友達が出来やすい。反面、イザコザや揉め事もある。

これらで、要約、私に女友達が出来にくい理由がわかった。笑
チーム内も男性が殆どだ。笑 故におっさん化も激しい。
同時に、少ない女友達は 何か共通点がある。学生時代は性格を優先した友達関係が中心だったように思うが、今は、共通の時間が持てる事が前提と、私の場合、何かに一生懸命な人が多いのかなぁ。

何でもご縁ですが、、時間を作ってでも、この人に会おう!とする人が居るなら、この時代に幸せな事ですなぁ。。
何しろ時間をお金で買う時代ですからね。
また、末長く、例え一年に一度でも死ぬまで会いたい気持ちを持たせてくれた人が居るなら、その人と環境に感謝しないと行けないなぁと。

そんな事を本日、要約文章にできましたかね。

当たり前の事、、それって深いよなぁ~

YYでも、、自分が動ける間、数年振り!とか言って会える人ができたら嬉しいかなぁ。
FLY D5:http://www.feelkanpo.com/view/672.html
V26:http://www.feelkanpo.com/view/566.html
曲美:http://www.feelkanpo.com/view/847.html

雨のおかげで

今日の午前中は降らない予報だったので自転車で買い物行きましたが、
帰ろうとしたところで、えーっ!
本格降りでした……
着いた時は日焼けしそうなくらいのお天気だったのに…

予報を信じて傘を持たずに出てきちゃった人の姿をけっこう見たので、
うっかり者は私だけではなかった

スーパーの出口で、「えっ、降ってる……?」と言ったら、
先にそこで佇んでいたおばあちゃんが
「そうなのー、午前中は降らないって言ってたのにねえ…」
と反応してくれました。
「ですよねー。予報では午後から雨だったのにね」
「ねー。」

私が「しょうがないねえ…」と、雨の中に出て行ったら、
おばあちゃんも「しょうがないわよねー」と、
雨の中を帰る決心がついたようでした。

知らない人で、顔も見なかったけど、
なんだかすっごく、
「人と話した」
という感じがしました。

ふだんから知らない人とでも話すわけでもないんだけど、
自然に会話しちゃう時ってあります。
たぶん、同じ時、同じ空間で同じ気持ちを感じてしまった時に、そうなるんでしょうね。
誰かと話したい、と思って探してるわけでもなく、ほんとうに不意に訪れる偶然。
その人と友達になりたいとか、いい人と思われたいとか、
そういう意図もまったくないけど、話しちゃう。
すごく純粋なコミュニケーションかもしれない。
だから、一分にも満たない会話で充実感がすごいのかな。

おばあちゃんの人間力のおかげかもしれません。

あー。
もし、私が車で来ていたとか、傘を持っているとかだったら、
こうはならなかったな。
おばあちゃんにしても、家族と車で来てるとかなら、私と会話することもなかったでしょう。
持たない者同士、同じことで困ってるけど相手に頼る気もべつにない、
って、なかなかいいもんですね。
威哥王
ru486

「お悲しみは重々わかりますが・・・・」

いま大問題になっている韓国の大きな海難事故!

大勢の人の生存が不明であり多数の方々も亡くなっている。 
本来亡くなる必要など全く無かった自分の最愛の人が亡くなったご遺族のお悲しみ、お気持ち重々わかるし誠にお気の毒に思っている!

しかし、こういう時に大いに個人的差が表れるものだ! 「人格」、「人間性」 の格差である! その人の 「常識」、「感覚」、「感情」、「品性」、「センス」、等々。

なにを言いたいかと言うと、深い悲しみと激しい怒りで我を忘れて自分を全くコントロールできない遺族が真摯に状況説明、経過報告、謝罪をしている関係者に対してあらん限りの悪態、罵詈雑言、怒鳴り散らし、襟首をつかむなどの暴力をふるったりする人たちがいる。
今回の韓国の海難事故の高校生の母親が学校体育館の檀上で大勢の参加者に対して状況・経過説明をしている校長に対してなんとバケツの水をぶちまけた!
もちろん校長は水をかぶった。 はっきりとその場面がニュースで放映された!

また、2005年に JR福知山線が起こした大事故の際も JRの社長が遺族宅を謝罪に訪れた時にそこの主人が社長に対して大声で怒鳴り散らして、「おまえ、土下座して謝れ!」 という始末・・・・大勢の報道陣がその悪態の主にカメラを向けていたから余計(報道用に)張り切ったのかもしれない・・・・

もう少し 「大人の」 表し方があるだろう。 怒鳴り散らしたりわめき散らしたり悪態をつく表現なんて 「非常に見苦しい」、「程度が低い」!

悲しいんだからそういう 「大人気(おとなげ)無い」 悪態も理解できるという人がいるとすればそれはそれでいいのではないか。
所詮一般常識とセンスにズレがあるのだからしょうがないのではないか・・・・・

どんなに悲しくてもこんな見苦しい悪態なんかつかない人は大勢いる。 むしろ悲しくても 「大人の対応」 ができる人の方が多い・・・・
天天素
福源春