WTB山田がメンバー入り!五輪に向けて男女セブンズの日本代表候補発表。6月の合宿でメンバーを絞りこむ

6月6日、7日、リオデジャネイロ五輪に出場する男女のセブンズ(7人制ラグビー)の日本代表候補の合宿メンバーそれぞれが発表された。6月中、男子は北海道(網走&札幌)で、女子は沖縄とオーストラリアで強化合宿を行い、それぞれ8月の本番に備える。
◇現在の候補選手は男子は20名、女子は16名

男子の日本代表候補は現在20名で、瀬川智広HC(ヘッドコーチ)は、かねてから「6月の合宿でメンバーを絞る」と公言していたとおり、6月下旬の合宿では試合形式の練習が予定されており、そこでメンバーを固めて7月のオーストラリア合宿に臨むことになろう。オリンピックに出場できるメンバーは12名だが、最終的には2名ほどをバックアップメンバーとして連れて行くことになる。福源春

女子の日本代表候補は現在16名であり、男子同様に女子も12名がオリンピックメンバーとして選出され、2名がバックアップメンバーとして帯同する予定だという。

◇2015年W杯組の3人は定位置が確保されていない

男子の日本代表候補選手を見て、まず思ったのは長年、男子セブンズを支えていた選手の一人である後藤駿弥(ホンダ)がケガで落選してしまったことだ。3月に瀬川HCは「6月には招集するつもり」と言っていたが、残念ながら間に合わなかったようだ。また同様の理由で橋野皓介(キヤノン)もメンバー外となった。

これまでの実績や経験から言えばキャプテンの「ミスターセブンズ」こと桑水流裕策、元キャプテン&キッカーの坂井克行、プレイメーカーとしてのプレーと激しいタックルがウリの合谷和弘、 FWもBKもプレーできるトゥキリ ロテ、エース格のレメキ ロマノ ラヴァ、ダイナミックなランが魅力の羽野一志、フィジー出身の副島 亀里 ララボウ ラティアナラあたりの主力選手たちはケガなどがなければ、五輪出場は確実と予想されている。

そんな中で一番の注目されてるのは、現在、サンウルブズでスーパーラグビーのトライ王である山田章仁が選出されたことだろう。6月以降はセブンズに専念するが、4月には大会、5月には合宿を行っていたメンバーの中に割って入っていくことができるだろうか。ポジションは、WTBではなく2月のワールドシリーズ同様にHOでのプレーが予想されている。曲美

また山田同様に、2015年の15人制のワールドカップに出場したパナソニックの2人、セブンズではスクラムハーフの藤田慶和、15人制同様にフィニッシャーとしての活躍に期待がかかる福岡堅樹も決してオリンピック出場が確保されている訳ではない。3人は6月の合宿でアピールして、オリンピック出場の切符を獲得できるか。
◇男子セブンズ 2016 年度第 2 回日本代表候補合宿 参加メンバー

(名前、所属チーム/出身)

桑水流 裕策(コカ・コーラ/福岡大出身)◎キャプテン

副島 亀里 ララボウ ラティアナラ(玄海タンガロアラグビー/ランバササンガムカレッジ出身)

安井 龍太(神戸製鋼/東海大出身)

鶴ヶ崎※好昭(パナソニック/東海大出身) ※立つ崎

徳永 祥尭(東芝/関西学院大出身)

大島 佐利(サントリー/早稲田大出身)

小澤 大(トヨタ自動車/流通経済大出身)

彦坂 匡克(トヨタ自動車/筑波大出身)

坂井 克行(豊田自動織機/早稲田大出身)

豊島 翔平(東芝/東海大出身)

合谷 和弘(クボタ出身/流通経済大出身)

藤田 慶和(パナソニック/早稲田大出身)

トゥキリ ロテ(クボタ/白鴎大出身)

レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ/ランコーン高出身)

ジェイミー・ヘンリー(PSI /立正大出身)

羽野 一志(NTTコミュニケーションズ/中央大出身)

後藤 輝也(NEC/山梨学院大出身)

福岡 堅樹(パナソニック/筑波大出身)

松井 千士(同志社大4 年/常翔学園高出身)

山田 章仁(パナソニック/慶應義塾大出身)

◇リオ五輪までの日程(予定)

6 月 9 日(木)~6 月 16 日(木):北海道・網走

6 月 16 日(木)~6 月 24 日(金):北海道・札幌

6月30日(木)~7月4日(月):千葉・成田

7月4日(月)~14日(木):オーストラリア・シドニー(強化遠征)

7月15日(金)~26日(火):鹿児島・鹿児島市

7月29日(金)~8月6日(土): ブラジル・サンパウロ

8月9日(火)~11日(木):リオ五輪(ブラジル・リオデジャネイロ)