くだらないこと

本当にくだらないことを願っていると思う。

よく考えてみればなんの前触れもなく

天から幸運が舞い降りてこないか

そんな程度の願いだ。

人に天候を操る力はない。

乾いた大地に雨を降らせることはできないし

向日葵に太陽の光を届けることはできない。

けれど、大地が乾かぬように

貯水地を作ることはできる。

向日葵を日当たりの良いところに植えることはできる。

そうすれば、必然的にそれに必要なものが

それぞれに与えられることになるだろう。

そう、これは必然の話。

何で上手くいかないのか。

なんて自分はついてないのか。

そんな嘆きの何と愚かなことだろう。

今の自分を取り巻く状況はすべて自分がしてきたことの結果なのに。

必然の積み重ねの上に今の自分がある。

誰のせいにもできやしない。

自分が選んだのだ。

惨めな生き方をすれば惨めな人間になる。

しかし、こう思ってしまう。

向日葵を植えるならそのままでも良いが

朝顔は自分だけで空に伸びてはいけない。

寄り添う何かが必要になるのだ。

生まれながらの特性はそれぞれ違う。

朝顔は向日葵にはなれない。

全然関係ないけど

本当に久しぶりに吉沢明歩のAVを見た。

この人、写真で見るのと

映像で見るのとでは全然違う。

すごくプロっぽいと思った。

どうりでトップを走り続けて来られたわけだ。
淫インモラル
女性用精力剤
催淫剤

どうでもいいです。かなり……。

あー,勝手にやってなさい。
好きになっちゃえば,何でもキュンと来るでしょう。特に恋愛初期は。

女の子をキュンとさせた経験なんて,もう,記憶の彼方です。

逆に,女の子がキュンとしているのを見ているのって,好きだったんですけど。


基本的には,他の異性には見せない姿や行動を見せた時,と言う点に収束しそうな話。
そこまで気を許している,と言う意味では価値が高いけど,「あー,こいつ,素のまんまだと面倒臭い」と思わせてしまうこともあるかも。好きだから好ましく思えるような話が多いじゃないのかな?特に好意を寄せていない人が相手だったら,ウザいだけだし。

まぁ,こういうのはお互い様,と言う部分もあって,「素」を見せても,お互いに大丈夫,と言う理解があればこそ。


確実に「素」のまんま,と言うことは,確実に嘘はついていない。
だから,明らかに素の状態で,明らかに好意を示してくると,私は弱い。
言葉を飾ったり,表情や行動に演出があったりするよりも,こっちのほうが好き。

……なんて分かりやすい性格なんだ……

何も気遣いしていない状態のときに受け入れてくれる人がいると,嬉しい。
だから,お互いに気遣いせず,本音で付き合えるのが好き。
その代わり,喧嘩するときも本音のぶつかり合いだから,大騒ぎだけど。

……なので,いちいち具体例を示されても,それは2人の間だから通用することであって,記事にしたものを読んでしまうと,「あー,勝手にやってなさい」と言う感想しか出てこないのです。

そんなわけで,各自,自分たちの間だけで許し合えるようなサインでも作っておけば,もっと距離感が縮まるでしょう,と言うことで……
蟻力神
五便宝
黒倍王

卵価を決めるもの

茶色い卵と白い卵は「味も栄養価も同じ」という事実

どんな卵であっても、ひよこ1羽分になる栄養素を持っているわけで、その意味においては栄養価に差はありません。
媚薬通販
茶色い卵は茶色い品種が産んだものです。

記事中、茶色い卵を産む鶏は大食い、とありますが、これは半分本当で半分嘘。
白い卵用の品種は改良が進み、ほぼ毎日、卵を産みます。年365卵を達成する個体もいます。
一方、茶色のは卵肉兼用種が飼われる場合が多く、白い採卵専用種より産卵率が落ちます。名古屋種など、有名な卵肉兼用種ですが、産卵効率の悪さを逆手に取り、ブランド化し、希少性を売りにするわけです。
催淫カプセル
また、卵はMS~Lの規格内の形のモノに良い値段が付き、やたら小さいもの、やたら大きいもの、形が変なもの、黄身が2つあるものなどは価格が落ちます。これらは業務用になったり、液卵などに加工されます。

卵黄に栄養を付加したり色をコントロールすることも、良く行われます。脂溶性のものは卵黄に入れやすく、餌に加えることで色や栄養成分に付加価値を高めた卵を作ることが容易です。世の中に出ている栄養をアピールした卵は、だいたい、これ。

卵黄の色も餌で調節しています。
自然の色としては黄色いコーンを使い、色を濃く出すためにパプリカ色素も使われます。鶏に白いコーンや米ばかり食わせれば、卵黄の色は薄くなります。
特に都市部では濃い色の卵が好まれ、卵焼きや製菓用も濃いめの色の卵が使われる傾向があります。

つまり、卵の色については、殻も中身も、消費者の購買意欲や好みによって、だいたい決まっている。

そこいら辺、もっと良く理解しましょうよ。