賽の河原で石積みさせられる子供が、また一人。

色々想像してみる。
恐らく、こういう状況かと。
・遺棄した女
1.妊娠後の身の振り方を、どこに相談して良いのか分からなかった。
2.身近な人に相談したくても、責められそうで怖くて何も言えなかった。
3.そもそも、身近に相談出来る人がいない。
4.極度の肥満と無月経だと勘違いすると、妊娠していることに気付かないのか?

・周囲の人々
1.気付いても、どうすれば良いのか分からない。
2.勿論、どこに相談すれば良いのかも分からない。だから、声を掛けられない。
3.仮に声を掛けられても相手が怖がって「大丈夫です。大丈夫です。」の一点張り。
4.父親は、そういう事実を全く知らないか、事がばれるのが怖くて見て見ぬふり。

これって、「行政に相談すれば済んだ問題じゃないの?」と思うんだが。
向こうから出向いてくれないから、自分で駆け込んで具体的にどうしたいのかを言う。
そうすれば、今は結構親切丁寧に対応してくれるから、それに見合った提案をしてくれると思うが。

ただ、そこには相談する側の色々な思い込みがあるようで。
1.そもそも、そんな相談窓口を知らないし、誰からも聞いたことが無い。
2.あれは自分より困っている人が行く所であって、自分は行ってはいけないのだと思っていた。
3.行っても「自分が悪いんでしょ。」と言われて追い返されそう。

今回の事件の真相は分からないが、知らないことは大変なことだと思うし、
同時に知らせ方が下手だと人一人をまともに救えないと思った。
「ちょっとしたことでも、周囲や地域、行政に相談しましょう。」という教育すると同時に、
あらゆる媒体を使って窓口の存在を世間に広く知らせることも大事だと思う。

それにしても、この世の息を吸った直後に水の中か…。
親の勝手な都合で早死にした子でも、賽の河原で石積みさせられなきゃならないのかね…。
非現実的な話なんだが…。

こういう場合は、どうにか罪一等減じてもらえないかね…。
以前にも似通ったことを書いたら、地獄信仰に詳しい方から
「遺された者が丁重に供養すれば、罪は軽くなります。」
という内容の文章を寄せて頂いたが、遺された者の代表は、あの女だよな。
(“母親”という表現は使いたくない。)
浮かばれるかな…。
巨人倍増:http://www.hakanpo.com/p/pro138.html
三體牛鞭:http://www.hakanpo.com/p/pro331.html