“複々線化”小田急vs.“スピード”京王 「新宿ラッシュ」対決〈AERA〉

日本一の乗降客数の新宿駅。乗り入れる電鉄各社にとって、ラッシュ対策は重要課題だ。東京西部を並行して走る小田急線と京王線。ライバル同士はその取り組みの違いも鮮明だ。

 国土交通省によると、ラッシュ時の混雑率は小田急線が191%、京王線は165%。圧迫率が高いのは小田急線だが、「輸送力」では先んじている。

淫インモラル

 小田急線は1989年から線路容量を増やす「複々線化」と踏切をなくす「高架化」に着手。騒音などで周辺住民から訴訟を起こされるなど紆余(うよ)曲折あったが、2017年度に完成のメドがついた。区間は東北沢~和泉多摩川間の10.4キロだが、梅ケ丘~和泉多摩川間はすでに複々線化しているので、残すは東北沢~世田谷代田間の1.6キロのみ。複々線化完成にともない、18年3月に抜本的なダイヤ改正を行う予定だ。鉄道ライターの土屋武之さんはこう語る。

「複々線化は町田、相模原方面から新宿に通う人は特に恩恵が大きい。完成すると、朝のピーク時、町田~新宿間は約10分間の短縮になる。今年3月のダイヤ改正では、区間準急を廃止して、快速急行を増発。新宿~相模大野間が毎時上下3本から6本に増えたことで、日中や土日の利便性も向上した。『急行待ち合わせ』もなくなるので、急行系列車、各駅停車、双方の利用者にメリットがあるはずです」

紅蜘蛛

●代々木上原から詰まる

 ただ、各駅停車駅から新宿方面へ20年以上通勤している男性(59)はこんな不満も漏らす。

「代々木上原~新宿間は複々線化されていないので、ラッシュ時には電車が詰まり、ほぼ間違いなくノロノロ運転。東北沢~世田谷代田間が地下化して駅の雰囲気が悪くなった上に、電車詰まりが重なるので気が滅入る」

 小田急電鉄は18年3月の大型ダイヤ改正で、平日ピーク時の最大運転本数を1時間27本から36本へ約3割増やす予定。新宿~代々木上原間はより電車が詰まることも考えられるが、同電鉄CSR・広報部の担当者は、

紅蜘蛛(液体)+壮陽丹

「増発する9本のうち、2本は新宿駅方面で、7本は千代田線直通の予定です。メトロネットワークを活用して都市中心部へのアクセスをより良くします」

 と、利便性の向上を強調する。

ボッチャ、混合団体で「銀」 メダル獲得は初の快挙=リオパラリンピック

リオデジャネイロパラリンピックは日本時間13日、ボッチャ混合団体(BC1-2)決勝が行われ、日本は4-9でタイに敗れ、銀メダルとなった。2008年の北京大会で初出場して以来、同競技でのメダル獲得は初の快挙となる。

 ボッチャとは、重度脳性まひ、四肢の重度機能障がい者向けに考案されたヨーロッパ発祥の障がい者スポーツ。白いボール(目標球)を投げ入れた後、赤色と青色のボール6個ずつを交互に投げ合い、目標球に近づけることができたかを競う。

徳国公牛
アフリカ超人

「車の見分けがつかない!」 会長から高級車を贈られたレスター選手たちが困惑

プレミアリーグ優勝のお祝いとしてクラブ会長から高級車をプレゼントされたレスター・シティの選手たちだが、意外な問題も発生しているようだ。1日付のイギリス紙『ミラー』が伝えた。

レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

威哥王

 日本代表FW岡崎慎司も所属するレスターは、2015/16シーズン開幕前には降格候補に挙げられながらも最終的にリーグ制覇を成し遂げるという快挙を成し遂げた。タイの実業家であるヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ会長は選手の奮闘に応え、一人ひとりに高級車「BMW i8」を贈呈することを決めた。

 一台あたりの購入価格が約1300万円、会長が用意した全19台で合計約2億7000万円になるという「BMW i8」は、全てが鮮やかな”レスター・ブルー”に染められ、本拠地キング・パワー・スタジアムに並べられた様子が先月伝えられていた。

超強黒倍王

 だが、このプレゼントを実際に使用し始めた選手たちは、練習場で車の見分けがつかなくなるという問題に直面したという。全員の車が同じモデル、同じカラーなのだから無理もないことだろう。数人の選手はすでにカーラッピング施工を発注し、チームカラーに染められていた車体の色を変えてしまったようだ。

 奇跡のプレミア優勝を成し遂げた選手たちに対して大盤振る舞いで応えたスリヴァッダナプラバ会長だったが、まさか選手たちを困惑させてしまうとは思ってもみなかっただろう。