<武井咲>初共演の滝沢秀明と“禁断の恋” 担当は「半沢」「下町」の名物プロデューサー

女優の武井咲さんが、7月スタートの連続ドラマ「せいせいするほど、愛してる」(TBS系)に主演することが25日、明らかになった。武井さん演じる仕事に前向きな主人公の未亜が、滝沢秀明さん演じる既婚者の上司にひかれるという恋愛ドラマ。武井さんが同局の連続ドラマに主演するのは初めてで、滝沢さんとは初共演。武井さんは「大人のラブストーリーというのはあまり経験がなかったので、楽しみ」と話し「私にできるのだろうかと不安な気持ちもあります。未亜の純粋な思いや、働く女性の輝きなども表現していければ」と意気込んでいる。
三便宝
 ドラマは、月刊少女マンガ誌「プチコミック」(小学館)で連載された北川みゆきさんの同名マンガが原作。ある企業の広報部で働く主人公・栗原未亜(武井さん)は、副社長の三好海里(滝沢さん)と恋に落ちる。しかし三好は既に妻を持つ立場だった...…というあらすじで、2人の禁断の恋愛を軸に、複雑に絡み合う人間模様を描く。武井さん、滝沢さんのほか、中村蒼さん、水沢エレナさん、トリンドル玲奈さん、高橋光臣さんも出演する。プロデューサーは、人気ドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などの伊與田英徳さんが務める。

 武井さんは「(未亜は)本当に純粋で、恋にも仕事にも真っすぐ。理想的な女の子だなと思うと同時に、いろいろなことに対して必死にもがいており、同じ20代の女性として共感しながら演じています」とコメント。滝沢さんは「仕事にも恋愛にもひたむきな大人の男女を描いているので、女性だけでなく男性にも、楽しんで見ていただければ幸いです」と話している。
男宝
 伊與田プロデューサーは「武井さんのピュアな目が以前から大好きで、この難しい大人の恋愛を正面からぶつかり、思いを突き通すお芝居ができるのは武井さんしかいないと思いました」と話し「そんな彼女を受け止められるのは、大人の魅力にあふれ、しかもクールな中に思いやりのある温かさをもっていらっしゃると、かねてから思っていた滝沢さんに、思い切ってオファーしました」と起用理由を語っている。