「心の整理」の必要な彼女って……

最初から正直に言ってしまおう。

「心の整理をする」なんて言っている時点で,既に終わっているんです。
彼との関係も,彼女自身も。

「心の整理をする」なんて,安易に言う人ほど,危ない。
要は,自分のメンタルのコントロールが甘いのか,自分自身が見えていないのか。
その状態で恋愛したら,確実に彼を振りまわして,さんざん疲れたところで自滅します。

彼だって,そんな早い時期に,彼女のそんな心の問題なんか,気付かないでしょうから,とりあえずは付き合います。
でも,その優しさに甘え過ぎたら,その後は彼にとって,修羅場になる可能性もあるのです。
「好きなんだけど,会って話をしても,思惑通りの方向に何も進まなくてつらいばかりか,彼女のひとつひとつの行動や言動に,振りまわされてしまう」と言うのが,彼からの視点。

その上,「心の整理をつける」なんて言い出したら,彼はどう思うでしょう?
その時点でお別れを宣告しているようなものです。
彼にしてみれば,「自分は彼女にとって,何だったんだ?」と思うところでしょう。
……そう,何でもなかったのです。
彼女が彼を「恋人」だと勘違いしていたのかも知れません。自分の中の理想的な「バーチャル彼氏」の代理を,彼は頼まれただけ,とも言えそう。

「心の整理をつけたい」と言ってきた彼女は,確実に清算してきます。しかもかなり速いペースで。

結論は最初から見えていた。
その結論を先送りしている時間が,「交際期間」だったと考えてみると,妙に腑に落ちるのです。

別れたい理由を書きならべる彼女って,恐ろしくありませんか?
デスノートみたいで……

そんな彼女だからこそ,「好きになった理由」も書き並べることが出来るのです。

好きになったときは,それが「本心」だと勘違いしていたんです。

そう言う彼女って,自分のことすら見えていないから,相手のことをじゅうぶんに理解することも不可能でしょう。
紅蜘蛛
催情剤
男宝