相模原殺傷事件、海外メディアも大きく報道

相模原市の障害者施設で26日起きた殺傷事件は、海外メディアも日本の報道を引用しながら大きく伝えた。
媚薬 販売
 AFP通信やロイター通信は日本時間未明に「東京近郊でナイフによる襲撃事件」と相次いで速報。米CNNテレビもニュース速報として「刃物で武装した男が障害者施設で凶行におよんだ」と伝えた。

 英BBC放送(電子版)は、2008年に東京・秋葉原で起きた無差別殺傷事件にも触れ、「日本で近年発生した大量刺殺事件では、最悪の被害となった」と報道。中東の衛星テレビ局アルジャジーラ(同)は、ジャーナリストの話として「(日本で)これだけの規模の暴力が発生するのは、極めてまれだ」と伝えた。 威哥王

朝鮮中央テレビ映像に辛光洙容疑者とみられる人物映る 2件の日本人拉致実行犯

昭和53年と55年に日本人を北朝鮮に拉致したとして、日本の警察当局が国際手配している元北朝鮮工作員の辛光洙(シングァンス)容疑者(87)とみられる人物が、23日に北朝鮮の国営メディア、朝鮮中央テレビが報じた公式行事の映像に映っていたことが25日、分かった。ラヂオプレス(RP)が同日に伝えた。RPは、辛容疑者とみられる人物が北朝鮮の公式メディアの映像に登場したのは2008年9月以来としている。
淫インモラル
 日本政府は、辛容疑者ら拉致実行犯の引き渡しを北朝鮮に求めているが応じていない。北朝鮮はこれまで辛容疑者を「英雄」として称賛してきた。今回、辛容疑者とみられる人物が国営メディアに登場したことは、金正恩(キムジョンウン)政権になっても、拉致実行犯の辛容疑者が英雄扱いされている状況がうかがえる。

 RPによると、行事は21日に平壌で開かれた北朝鮮の統一運動団体の結成70周年を記念する中央報告会。朝鮮中央テレビは23日夜の定時ニュースで、辛容疑者とみられる人物が座っている様子を放送した。

 辛容疑者は昭和53年7月、福井県小浜市から地村保志さん(61)と妻の富貴恵さん(61)を北朝鮮に連れ去ったほか、55年6月には原敕晁(ただあき)さん(79)=拉致当時(43)=を拉致したとして、国際手配されている。

 その後、辛容疑者は1985(昭和60)年2月、韓国で逮捕。当局に対し、原さんの拉致について認めたが、金大中政権下で恩赦を受けて釈放され、2000年秋に北朝鮮に戻った。
威哥王
 辛容疑者は地村さん夫妻と原さんを拉致したほか、北朝鮮では、横田めぐみさん(51)=同(13)ら日本人拉致被害者の教育係を務めていたことが分かっている。

「子連れ狼」なぜハリウッドでリメイク?

小池一夫氏原作の時代劇漫画「子連れ狼」がハリウッドでリメイクされると米ヴァラエティー紙などが先月27日に報じた。

製作を手がけるのはスティーヴン・ポール氏率いるSPインターナショナル・ピクチャーズ。ポール氏はハリウッド映画「攻殻機動隊」を手がけるプロデューサーで、小池氏からリメイクと続編製作の権利を獲得したという。

過去には「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督や「ワイルド・スピード」シリーズのジャスティン・リン監督によるリメイクの噂があったが、いずれも実現しなかった。

リメイクにこぎ着けたポール氏は「僕は長年この作品の大ファン。このプロジェクトを始められるチャンスを得て、言葉にできないくらい興奮しているよ」と喜びのコメントをしている。

「子連れ狼」は原作・小池一夫氏、作画・小島剛夕氏が手がけた劇画だ。柳生一族の手によって、妻を含む一族を皆殺しにされた凄腕の剣士・拝一刀が、生き残った息子・大五郎を伴い、子連れの刺客として活躍する姿を描く。

これまでに若山富三郎が主演した劇場版のほか、萬屋錦之介、高橋英樹などの主演で4度テレビドラマ化されている。
Calendar
«  July 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others