朝鮮中央テレビ映像に辛光洙容疑者とみられる人物映る 2件の日本人拉致実行犯

昭和53年と55年に日本人を北朝鮮に拉致したとして、日本の警察当局が国際手配している元北朝鮮工作員の辛光洙(シングァンス)容疑者(87)とみられる人物が、23日に北朝鮮の国営メディア、朝鮮中央テレビが報じた公式行事の映像に映っていたことが25日、分かった。ラヂオプレス(RP)が同日に伝えた。RPは、辛容疑者とみられる人物が北朝鮮の公式メディアの映像に登場したのは2008年9月以来としている。
淫インモラル
 日本政府は、辛容疑者ら拉致実行犯の引き渡しを北朝鮮に求めているが応じていない。北朝鮮はこれまで辛容疑者を「英雄」として称賛してきた。今回、辛容疑者とみられる人物が国営メディアに登場したことは、金正恩(キムジョンウン)政権になっても、拉致実行犯の辛容疑者が英雄扱いされている状況がうかがえる。

 RPによると、行事は21日に平壌で開かれた北朝鮮の統一運動団体の結成70周年を記念する中央報告会。朝鮮中央テレビは23日夜の定時ニュースで、辛容疑者とみられる人物が座っている様子を放送した。

 辛容疑者は昭和53年7月、福井県小浜市から地村保志さん(61)と妻の富貴恵さん(61)を北朝鮮に連れ去ったほか、55年6月には原敕晁(ただあき)さん(79)=拉致当時(43)=を拉致したとして、国際手配されている。

 その後、辛容疑者は1985(昭和60)年2月、韓国で逮捕。当局に対し、原さんの拉致について認めたが、金大中政権下で恩赦を受けて釈放され、2000年秋に北朝鮮に戻った。
威哥王
 辛容疑者は地村さん夫妻と原さんを拉致したほか、北朝鮮では、横田めぐみさん(51)=同(13)ら日本人拉致被害者の教育係を務めていたことが分かっている。
Calendar
«  July 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others