そもそもの問題

以前、しつこい営業が来て警察官にお出ましを願った事があるが、この時、明確な答えを得られなかった問題がある。
媚薬 激安

それは放送法成立以来内包している問題だ。

放送法のどこを見ても、放送とは何かを寸分の疑問を差し挟む余地なき定義がない事。

放送事業者や放送免許については、それらしい定義はあるが、定義らしい定義というのは、NHK以外にはない。

だからこそ恣意的な拡大解釈を許してきた。
これは、戦前において統帥権の独立を盾に専横を欲しいままにしてきた旧軍となんら変わるところはあるまい。

因みにNHK本部のある神南は、旧陸軍刑務所や練兵場のあった場所。
だから反乱軍として処断された将校を慰霊する碑があるし、陸軍部隊の亡霊が顕れるという話もある。
花痴

受信料制度見直しは急務だろう。

だが、それに先立ち必要な事がある。
一つは、新たに「日本放送協会設置法」を制定し、放送法とは明確に一線を画すること。
一つは、何をして放送とし、何をして受信とするか、誰にも異論のない厳格厳密な定義を定めることだ。

今の放送法のさだめ方では、極言すれば、ファックスやインターネット、電子メールやチャット、音声通話にも受信契約義務や受信料支払いが必要という事にもなりかねまい。
放送や受信の定義が明確でなく、恣意性が高いからだ。
NHKでは、当然、ファックスやインターネット、電子メールやチャット、音声通話を使い情報発信をしている。
つまり、電子媒体の送出を放送だと強弁し、ゴリ押しすれば、こう言った通信をも放送だと言いかねない。
TwitterやFacebookとて例外ではあるまい。

つまるところ、アンチユートピア小説の一つ英国のジョージ・オーウェルの代表作「1984年」に登場する秘密警察にして情報統制と歴史の捏造改変を掌る真理省をこの国に樹立しようとしているのだろうか。

さて、放送って何だ? King Wolf狼王戦宝
Calendar
«  September 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

search this blog.
category
archives
links
others