言霊で人間関係が楽になる

ある女性の日記で

言霊(コトダマ)のことが書かれていたので調べてみました。

1.ありがとう

何気なく使っている言葉ですが…

①「有ることが難しい」=「滅多にないこと」

滅諦ない事だからこその感謝の、ありがとう

②「難しいことが有る」=「どうしてこんなに難しいことがあるのだろう」

だからこそ、気づく大切な事、ありがとう

2.ごめんなさい

尊敬をこめて使っていた言葉だと言われています。

「どうかあなたの寛大さで許して下さい」と願う言葉。

3.大好きです、愛しています

大切な事ほど、大切な人ほど言わないパターンが多いようです。

「大好き」「愛している」の言葉に、たくさんのLOVEが乗って

相手に飛んで行ってくれるのに。。

4.マイナスな言葉を発しない

発した言葉は相手が聞くと同時に

あなた自身にも響いている。

だからこそ!!

マイナスになる言葉を発するのを今日からやめましょう。

5.心に響いた言葉を書きとめる

心に響く??

という事はその言葉の霊的な力を受け取ったという事。

いつか、あなたがつらい時、また友達が困った時に

その霊的な力をもった言葉は、必ずや再び力を発してくれるでしょう。

6.相手にマイナスを発せられた時の対処法

どうしても避けられないのが、このパターン

相手の発する言葉まではコントロールできません。

「キツイ事を言ってくれてありがとう、いつかその意味がわかる日が来る」って信じて。

7.言ってしまったら「キャンセル、キャンセル」

そうは言っても、聖人君子ではないので思わず言ってしまうヒドイ言葉。

言った瞬間に自分がいい思いをしないので、

すぐにわかると思います。

いい思いがしない言葉を言ってしまったら

「キャンセル、キャンセル」と唱えてみましょう。

やり直せない事はない。誰だって間違いはあるのです。

そこに気付いてからの、態度を改めればいいのです。

8.言葉は「タネ」になると認識する

言葉は「種」に似ています。霊的な力をもった「種」。

そのまま投げかけて、すぐに芽をだすかもしれない。

何年後かに、ふと芽がでるかもしれない。

幼い頃に母親からいわれた言葉

幼い頃に友達から言われた言葉

9.言葉に自らの思いを乗せる

感謝の気持ちや、謝罪の気持ちがあるならば

やはりその言葉にあなたの思いを

意識的に乗せるようイメージしましょう。

気軽にいわれた「ありがとう」には力がありません。

簡単にいわれた「ごめんね」には思いがありません。



古来、言葉をとても大切にする国民だった日本人。

コトダマという力を信じている日本人。

メールが発達した今だからこそ、もう一度見直してみませんか?


以上、説教じみた内容はネットから頂戴しました。


YYCでの言霊の交流で自分自身、

刺激を受け、元気をもらい有意義な時間を

過ごさせてもらっていると痛感しています。


あちこちで、YYCでの活動を

私自身「迷走飛行中」と言っていましたが…

明日からは「明走飛行中」と改めます。


これからも「明走飛行中」のパイロットに

何卒よろしくお願いいたします。
催淫剤
催淫