原発を制圧するよりプルトニウムを奪取するほうが手っ取り早い

使用済み核燃料を再処理したプルトニウムを日本がどれだけ保有しているか。
国内外合わせて約44トン。
これは長崎級原爆の約5000発分。

人手をかけて原発を制圧して、人手をかけて運用するなり破壊するよりも、少人数でプルトニウム10kgを奪ったほうが簡単であり、脅威ではないだろうか?

テロという行動を考えれば、移動もできず所在も明らかになっている原発を制するより、プルトニウムを人口の多い都市に持ち込んで潜伏したほうが効果的だと思う。


この記事は、福島原発事故の記憶がまだ新しい中で起きたISILの人質事件を結びつけて人々を動揺させ不安がらせることで注目を得ようとする意図があるように思えてならない。

余談だが、日本がこれだけの量のプルトニウムを保有し短期間で兵器に転用できる技術も持っているからこそ、日本は核抑止力を持っており他国が簡単に攻め込めないのだ。

国防上の理由もあって、日本は原発を止めないられない。
蔵秘男宝
妊娠中絶薬

基本,BGMは不要

ちょっと待った。夜に音楽をかけて,近隣騒音に配慮しないのは,配慮が欠ける。

そんなわけで,夜にBGMを使ったことがありません。

昼間に音楽を聴くことはあるけど。

一緒に聴くなら,彼女の好きな曲を優先。本当にBGMに使うのなら,つい,聴き入ってしまう曲は避ける。

……こんなところですかね。

お店や銀行のBGMみたいに,邪魔にならないものが,結局は良かったりして。
銀行の場合,放送設備を常にONにしている,と言う意味もありそうです。
大規模小売店では,曲目で,暗黙のうちに従業員に情報を送っていることが多いようです。
あるいは,購買意欲を刺激するような選曲とか,しているかも知れません。

その日の売り上げ目標を達成した時にかけられる曲,と言うのが,デパートにはあります。
それまでの流れとは全然違う曲がかかるので,気付くことがあります。
今はどうなっているか知りませんが,「そごう」では「ロッキー」,「伊勢丹」では「チキチキ・バンバン」,小田急では「マルタ島の砂」が流されていました。週末のデパートに行くと,何か聞けるかも。

…で,彼女と一緒に居る時のBGMでしたね。

まず,歌詞がどんどん頭に入ってくるようなボーカルは避けています。
クラシックは結構使いました。ピアノ曲とか室内楽。オーケストラは使いません。
ドビュッシーは個人的好みでCD持っていますけど,大抵は1人で聴いています。

昔,阿川泰子を使ったことがあるけど,これは彼女が知らなかったので,結果的に私の趣味を押し付けたことに……

ジャズ,フュージョン系は,男子的に好まれ,女性に愛聴者が少ないので,難しい。
…と言いながら,STUFFを使ってしまったことが……あ,松居慶子も個人的好みで,彼女には聴かせにくい。

イージーリスニングとかニューエイジ系は,お店っぽい。
だけど,聴きます。S.E.N.S.が好み。

しかし,車の中に置いてあるCDは……
ビーチボーイズ,PPM,ジョン・デンバー……私が持ち込んだ物じゃないけど。
田園風景の中をだらだら走っているときに楽しい曲,と言う選択なのだそうで……
RU486
催情丹
媚薬通販

それは動物福祉的にどうなんだろう?

獣医師免許を持っている立場としては、高齢者のペット事情は、いろいろ気になっています。
黒倍王
高齢者に一番多い事例は、犬馬鹿、猫馬鹿になってしまって、まともな飼育管理が出来なくなってしまう人。
孤独感から、ペットを擬人化して、入れ込んでしまう。人にとっては良いこと、嬉しいことであっても、動物にとっては、人の事例がそのまま当てはまることはありません。動物は動物の特性があり、それを理解し、特性に合わせた管理やケアをしてやるべきです。
結果として、かわいがっているつもりが、動物にとっては「ありがた迷惑」になっている場合も。
大型犬などは、飼い主をナメてかかるような子に育って、人を襲ってしまう場合も。
そうなると地域社会の問題に発展してしまいます。

高齢になると体力も衰え、気配りもなかなかできなくなってきます。それが「老い」の現実なのですが、それを自覚するのは酷なことです。その結果として、体力的に無理なほど大きな犬を飼ったり、ペットの世話をしきれなくなったり、いろいろと弊害も出てきます。気持ちに余裕をもって、自分が確実にケアできるペットを選ぶのも大切なことです。
五便宝
さまざまな理由でペットを飼いきれない高齢者が、野良猫に餌をやって回る事例は、非常に多くなっています。餌をやってかわいがりたいのなら、きちんと飼って、かれらの身の回りの衛生管理も含め、きちんとケアしてやるのが理想なのですが、野良猫に餌をやる高齢者の言い分は、「自分は飼えない」「かわいそうな猫たちに餌をあげている(=自分はいいことをしている)」と主張することが多いのですが、それは残念ながら、どちらも言い訳にすらなっていません。「かわいそうな猫」に餌を与えて繁殖させ、「かわいそうな猫」をどんどん増やして、近隣の迷惑が拡大している可能性も、十分に考えられます。野良猫への餌やりは、餌をやって楽しみたい高齢者のエゴであるという面が、必ずあります。

正直、野良猫に餌をやるような高齢者は、自分の責任で飼育することができない動物に手を出しているわけですから、これが動物福祉的に残酷な人であることを、指摘しておかなければなりません。