原発を制圧するよりプルトニウムを奪取するほうが手っ取り早い

使用済み核燃料を再処理したプルトニウムを日本がどれだけ保有しているか。
国内外合わせて約44トン。
これは長崎級原爆の約5000発分。

人手をかけて原発を制圧して、人手をかけて運用するなり破壊するよりも、少人数でプルトニウム10kgを奪ったほうが簡単であり、脅威ではないだろうか?

テロという行動を考えれば、移動もできず所在も明らかになっている原発を制するより、プルトニウムを人口の多い都市に持ち込んで潜伏したほうが効果的だと思う。


この記事は、福島原発事故の記憶がまだ新しい中で起きたISILの人質事件を結びつけて人々を動揺させ不安がらせることで注目を得ようとする意図があるように思えてならない。

余談だが、日本がこれだけの量のプルトニウムを保有し短期間で兵器に転用できる技術も持っているからこそ、日本は核抑止力を持っており他国が簡単に攻め込めないのだ。

国防上の理由もあって、日本は原発を止めないられない。
蔵秘男宝
妊娠中絶薬