ラグビー、7人制女子で日本V

“セブンズ”なんて生意気に書いていますが、ラグビー初観戦です。
勿論、今夏のフィーバーがキッカケです。

7人制はおろか、15人制も詳しく知らないので、
急ぎ図書館で観戦ポイントをまとめた本を借りて読みました。
ロクにルールも知らず、特にタックルは混乱のタネになっていました。
何せ、アメフトのようにタックルで倒されてもプレイが止まらないんですから。

そのため長いこと敬遠していたんですが、実演によるルール解説でようやく理解出来ました。
タックルされて倒されたら、直ちにボールを離すことなんですね。
離さないとファウルを取られ、酷いと警告や一時退場を食らうと。
その離す時に、いかに味方にボールをつなぐか。
そこが大事なんですね。

それが分かると、ラグビーが何故か見やすくなってきました。
観戦記と銘打っていますので、日本代表の試合について軽く書いておきます。

日本代表は強いとの評判ですが、今日のカザフスタン代表には苦戦したようですね。
総当たり戦では5-7で敗れ、唯一黒星を付けられてしまいました。
唯一の2点キックを決められなかったのと、
相手の一時退場者が出た場面を活かせなかった印象がありますし、
リードされた後の時間つぶし戦法にハマってしまった印象もあります。

そこで決勝戦は、走り主体から前に蹴り出す戦法を使い出します。
それから、1回目のトライの後のキックも見事に決めます。
フィールドのサイドでトライを決めたので、そのライン上から狙うのですが、
アメフトで言うパントキックで蹴るので、普段は決めにくいようですね。
15人制の五郎丸選手のように、ボールをセットして蹴らないルールだそうです。

その後一旦追いつかれましたが、再度トライと2点キックを決めて14-7で勝利。
見事リオ五輪出場の切符を掴みました。
戦法を少し変えたのと確実に得点を重ねたことが勝因だと、ド素人なりに考えるのです。

今日感じたのは、まず7人制ラグビーを見て良かったと思うことです。
7分ハーフで1チーム7人。
長い間多くの人を見なくて良いですから、その分頭の中で整理がしやすいと感じました。
しかも、人数が少ないからボールの動きが分かりやすい。
これが40分ハーフで1チーム15人のラグビーを見ていたら、恐らく頭が混乱したでしょう。

それから、今日のように1日で一気に数試合も見られたことも幸いしました。
学校の実習のように、短い時間で観戦の仕方を反復するような感じなんですね。
だから、徐々にルールが分かってくる。
分かってくるから、見たくなる。

それで感じたのは、基本ルールが分かれば
野球やサッカーよりも楽しめるんじゃないかということです。
前にパスを出してはならない。
前に蹴り出したボールを後から追いかけて運ぶか、自分で抱えて運ぶ。
自分が倒されたら、速やかに味方にボールを渡して後を託す。
フォワードは屈強な体で敵の進撃を止め、バックスは敵の間隙を突いて進撃する。
そうやって、敵陣に向かってボールを運べば良い。

勿論、ド素人の言うことなんでツッコミ満載ですが…。

2日間で6試合を戦って日本代表の皆様、大変お疲れ様でした。
是非、リオで大活躍して下さい。
1日でラグビーの面白さが分かって来た気がします。
今度は、トップリーグ観戦に挑戦です。勃動力三體牛鞭:http://www.kanpocom.com/pro/stlb.html
三便宝:http://www.kanpocom.com/pro/satibo-capsules.html
五便宝:http://www.kanpocom.com/Pro/wodibo-capsules.html