第3次安倍再改造内閣が今夕発足=安倍首相が今夜記者会見

第3次安倍再改造内閣は3日夕、皇居での認証式を経て発足する。  安倍晋三首相は、麻生太郎副総理兼財務相(75)や菅義偉官房長官(67)、岸田文雄外相(59)らを留任させ、政権の骨格を維持。経済再生などに引き続き、全力を挙げる考えだ。首相は同日夜、首相官邸で記者会見し、内閣改造・自民党役員人事の狙いや今後の政権運営などについて説明する。  首相は3日午後、公明党の山口那津男代表と会談し、自公の連携を確認。この後、菅長官が閣僚名簿を発表した。  再改造内閣では、麻生財務相らのほか、高市早苗総務相(55)、塩崎恭久厚生労働相(65)、石井啓一国土交通相(58)、加藤勝信1億総活躍担当相(60)ら8閣僚が留任。加藤担当相は、「同一労働同一賃金」の実現や長時間労働是正などに取り組む働き方改革の担当相と拉致問題担当相を兼務する。  閣外に去った石破茂前地方創生担当相の側近である山本有二元金融担当相(64)が農林水産相として入閣。防衛相には女性で2人目となる稲田朋美氏(57)、五輪担当相には丸川珠代前環境相(45)を充てた。女性閣僚は改造前と同じ3人。  初入閣は8人で、経済産業相には首相側近の世耕弘成氏(53)が起用された。山本幸三地方創生担当相は行政改革担当相も兼務する。 漢方会社 威哥王 五便宝