福原愛&石川佳純を撃破したキム・ソンイは「スポーツ強国」の産物…金正恩氏は「金」5個を指令/リオ五輪

リオデジャネイロ五輪卓球女子シングルス3位決定戦で10日、北朝鮮のキム・ソンイが福原愛(ANA)の“夢”を砕いた。3回戦で世界ランキング6位の石川佳純(全農)を撃破して波に乗ったキムは、日本のダブルエースを次々に退け、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に銅メダルを届けた。


 リオ五輪組織委員会の公式ホームページによると、キムは1994年8月10日生まれ。22歳の誕生日を銅メダルで飾ったことになる。

 身長161センチ、体重55キロという基本データやプレースタイル、国際大会での成績以外、その他の個人情報は謎に包まれている。試合後の肉声も伝わってこない。

 福原、石川ともキムとは初対戦だった。しかし、日本チームにまったくデータがなかったわけではない。

 今年2月~3月、クアラルンプールで行われた世界選手権で、日本は1次リーグ、準決勝で2度北朝鮮と対戦している。キムはいずれの試合でも、伊藤美誠(スターツ)と戦っている。

 1次リーグでは伊藤に1-3で敗れているが、4日後に行われた準決勝では、11-4、11-6、11-7のストレートで伊藤をまったく寄せ付けなかった。そこからは、対応能力の高さがうかがえる。

 シェークハンドのカット守戦型で、強打を粘り強く拾い続けて、相手のミスを誘うタイプとされていた。事実、石川との試合では2ゲームを先取されながら、持ち味を発揮して逆転勝ちを収めた。

 ところが、福原との3位決定戦では序盤から攻撃的な一面も披露。福原が対応しかけると、また新たな一手を繰り出して翻弄した。

 試合後、0-3から1ゲームを奪った際の作戦を問われた福原は「まだ団体戦が残っているから言えません。秘密は守らないと」と口を閉ざした。団体でのメダル獲得に向け、北朝鮮を“難敵”と認めた形だ。

 金正恩氏は昨年、「スポーツ強国」の建設を宣言。科学者らが「突撃隊」と称する研究チームを作り、重点種目に絞って科学的な強化を進めている。卓球も重点種目の一つに選ばれており、キムも国家の支援で急激に実力をつけてきた可能性が高い。

 韓国の朝鮮日報(電子版)によると、金正恩氏は今大会、金メダルを5個以上獲得するよう選手団に指令したという。過去最高の4個の金メダルを獲得した2012年ロンドン五輪を上回る成績を求めたことになる。

 北朝鮮の内部事情に詳しい消息筋は朝鮮日報に対し、「ロンドン五輪の成績は(金正恩氏の父親の)金正日時代の成果とみなされるだけに、金正恩氏は自らの時代になって最初の五輪で、過去最高の成績が出ることを期待している」と指摘している。

 金正恩氏が望んでいるのは金メダル。しかし、日本の有名選手2人を破っての銅メダルならば、冷徹な最高指導者にとって金メダルと同等の価値を持つに違いない。

徳国公牛
房事の神油
超強黒倍王