胡前主席側近に無期懲役=巨額収賄「社会に悪影響」―中国

中国国営新華社通信によると、天津市第一中級人民法院(地裁)は4日、収賄と職権乱用、国家機密の不正取得の罪で起訴された令計画・前共産党中央弁公庁主任(元全国政治協商会議副主席)(59)に対し、無期懲役の判決を言い渡した。

 令被告は起訴内容を認めて上訴しない意向を表明し、刑が確定した。

 令被告は胡錦濤・前国家主席の側近で、習近平指導部が進める反腐敗闘争で摘発された大物幹部の一人だった。実弟の令完成氏が機密情報を持ったまま米国に逃亡したとされ、中国は米政府に引き渡しを求めている。

 法院は、令被告が妻子と共に不正に得た金品の総額を7708万5400元(約11億8900万円)と認定。判決は「収賄額は極めて大きく、社会に深刻な悪影響をもたらした」と指摘し、令被告の公民権の終身剥奪と財産没収も命じた。国家機密に関わるため、裁判は非公開で行われた。

 令被告は、出身母体である党の青年組織・共産主義青年団(共青団)を支持基盤として影響力を拡大。共青団出身の胡前主席を支え、胡指導部では日本の官房長官に当たる党中央弁公庁主任を務めた。習主席は1日の党創立95周年の祝賀大会で、反腐敗闘争を強化する方針を明言しており、今後も共青団出
Calendar
«  July 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
23
24
26
27
28
30
31
 
 
 
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others