円高に苦しむトヨタ、再び試練 “お家芸”コスト削減で試される底力

トヨタに再び試練が訪れている。堅調な世界販売から生まれる利潤が、円高にむしばまれているからだ。年初からの急速な円高進行という逆風に“お家芸”とするコスト削減で、どこまで立ち向かえるか。トヨタの底力が試されている。
威哥王
 「原価改善の徹底で収益力を高められるよう努力する」。大竹哲也常務役員は4日の会見で、一段のコスト削減に全社一丸で取り組む姿勢を改めて強調した。

 トヨタの場合、対ドルに対し1円円高が進展すると年400億円の営業減益要因となる。2016年4~6月期の営業利益をみると、為替影響が2350億円の減益要因となり、原価改善や営業努力による1750億円の増益要因が丸のみされた。さらに通期の試算では、円高だけで1兆1200億円の利益が吹き飛ぶ計算だ。
花痴
 トヨタのグループ販売は欧州、アジアなどを中心に好調が続く。しかし、販売台数増に伴う収益改善効果が、現状では円高でいとも簡単に減殺されてしまう。自社では制御できない円高に対応するためには、生産の海外移転も選択肢となるが「見直しには時間がかかる」(大竹氏)のが実情だ。

 そうした中で為替変動への耐性を強めるための最大の方策は、さらなるコスト改善しかない。トヨタは、将来の成長に向け研究開発費は削らない姿勢を変えていない。部品コストや営業費の効率化など地道な改善の積み上げで、どこまで為替影響を吸収できるかが、業績改善に向けた鍵を握る。媚薬
Calendar
«  August 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others