和歌山銃撃の容疑者を発見、投降へ説得続ける

和歌山市の土木建設会社「和大(わだい)興業」で29日、男性従業員4人が銃撃され死傷した事件で、和歌山県警は30日夜、殺人、殺人未遂容疑で指名手配していた同社実質経営者・溝畑泰秀容疑者(45)を現場近くで発見。
巨人倍増
 身柄を確保しようとしたところ、逃走した。溝畑容疑者は拳銃を4発発砲したという。県警は周辺を封鎖するなどし、約100人態勢で捜索。31日午前1時過ぎ、同社近くで見つけ、投降するよう説得を続けているが、溝畑容疑者は拳銃2丁を所持しており、うち1丁の銃口を自分の頭に向けて話をしている。。

 県警によると、溝畑容疑者が見つかったのは、発砲事件があった同社事務所付近の路上。30日午後9時10分頃、同社の元従業員から「自転車に乗った溝畑容疑者が、淫インモラル
現場付近を北に向かって行った」と110番があったという。
Calendar
«  August 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others