ローラや榮倉、中村アンなど、アスリート並みの“腹筋女子”なぜ増加?

近年、モデルでタレントのローラや紗栄子、中村アン、女優の榮倉奈々、松岡茉優、秋元才加など、メディアやインスタグラムなどのSNSで、見事に鍛え上げた腹筋を披露する機会が増えている。それに伴い最近は、一般女性たちの間でも「私も腹筋を割りたい!」とトレーニングへの意欲が高まっているという。ひと昔前まで、バキバキに腹筋を割ることは男性のステータスだったはずだが、なぜいま女性たちも腹筋を割ることにこだわっているのだろうか? “腹筋女子”たちの現状や増加の背景に迫る。

威哥王販売
◆程よく鍛え上げられた腹筋が“魅惑ボディ”の象徴に

 美しいボディを手に入れることは、女性たちにとって永遠のテーマ。以前はそのスリムさや体重の軽さが重要視されてきたが、時代と共に憧れの対象が、さらに鍛えられた健康的なセクシーボディへとシフト。海外セレブやモデルたちを発信源にボディメイクへの関心が高まり、世界各地で“割れた腹筋=美ボディ”という風潮が広がっている。腹筋といえば、長らく6つに割れた「シックスパック」が憧れの対象となってきたが、最近はおなかの真ん中に縦線が入ったように見える「アブクラックス」も話題。ろっ骨まわりも意識すると、縦に3本線が入ったようにも見え、程よい筋肉とセクシーさを兼ね備えた魅惑的なボディとして人気を集めている。
媚薬 販売
 日本でもローラや中村アンなどの人気モデルやタレント、女優たちが自身のSNSにウエストが際立つスポーツウエア姿でトレーニングの様子を投稿したり、ファッション誌の表紙やテレビ番組、イベント等で、アスリート顔負けの腹筋を披露したりと、ボディメイクを極めた“腹筋女子”が増加。その驚きの美ボディがお披露目される度、「健康的で美しい!」、「私もこんな風に腹筋を鍛えたい!」などと、ネットが賑わっていることをご存知の方もいることだろう。
威哥王
Calendar
«  August 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
1
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
31
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others