米軍属被告の裁判員裁判は那覇地裁で 最高裁、被告側の請求棄却

沖縄県うるま市の女性会社員(20)を殺害したとして殺人罪などに問われた元米海兵隊員で軍属のシンザト・ケネフ・フランクリン被告(32)が、反基地感情の高まりで公正な裁判ができないとして、審理を那覇地裁ではなく東京地裁に移すよう求めた管轄移転請求で最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は、被告側の請求を棄却する決定をした。4人の裁判官全員一致の意見で、裁判員裁判の管轄移転請求への初判断。シンザト被告の裁判が那覇地裁で開かれることが確定した。決定は1日付。

 シンザト被告は「沖縄は敵意に満ちている」と東京地裁で審理するよう訴えていた。同小法廷は裁判員選任に際し公平性、中立性を確保できるよう配慮されるなど、「適正な裁判が行われることが制度的に十分保障されている」と指摘。「那覇地裁で公平な裁判が行われることを期待できない事情はない」と退けた。

 また、千葉勝美裁判官は「沖縄県の特殊事情、県民の思いがあったとしても、公正な裁判を目指すことは十分に信頼でき、これこそが裁判員裁判の制度を支える基礎となる」とする補足意見を述べた。

 刑事裁判の管轄移転では、裁判員裁判導入前の平成7年、沖縄県で起きた米兵3人による少女暴行事件で、米兵側が「公正な裁判が期待できない」として移転を求めたが、最高裁が退けている。
Calendar
«  August 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
1
2
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others