男性の過度のオナニーの危害はどれらがありますか

男性の過度のオナニーの危害はどれらがありますか?医網要旨:社会的圧力、多くの男の人がすべて早期結婚したくない、よく选択独身排泄のストレスも选んでいるオナニー
安全なシアリス.自制力が強いのはオナニー回数を制御することができますが、多くの人が過度のときオナニー、オナニー過度いったいどれらの危害がありますか?下小編を具体的に解説.では男性過度でオナニーの危害はどれですか.1、みんながすべて男性勃起後引き起こして前立腺充血、頻繁にオナニーに前立腺ひどい充血を引き起こすかもしれないが、これも誘発前立腺炎.いったんオナニーにつながる可能性はあまり頻繁に、慢性の前立腺炎.性的興奮時、前立腺、充血状態で生殖臓器局部血流堆積.長い時間、充血、適切な環境を創造する菌.細菌毒素で発生の様々な、直接損傷局所組織によって、内の自由基が増え、局所組織損傷をさらに強めることによって、悪循環を形
巨人倍増個人輸入代行通販成.2、中枢神経係統の影響で、長期過度のオナニーを意気消瀋し、記憶力の減退、集中力がない、理解力が低下し、眠れないで、多い夢、頭がぼうっとして、動悸など.3、泌尿生殖器係疾患を引き起こし、過度に長期オナニー慢性の前立腺炎を起こし、頻尿、低血圧、尿末滴白、下腹や会陰部不快感、患者の尿尿が細く、早泻滑る精密だが、後滴白恐れ寒い、腰の酸っぱいなどの症状につながる、深刻な不妊や腎炎.4、長期の過度のオナニーを肩に力がなくて、性欲減退、インポテンツ、
正規品シアリス格安購入
早漏、射精などない.射精頻繁で、精液の質低下をもたらし、性欲減退、ある、射精刺激閾が高くなるので、正常な性生活に射精に影響を与える可能性は、出産.5、過度のオナニー自給自身に心理的な圧力.長期常が頻繁にオナニー深刻な精神的負担、思春期の早期オナニーでとても頻繁で、亜鉛などの要素を過ぎて流失、身長と体の発育に影響.人が受動型早熟され、発育期が早く終瞭もちろん男長期かかえるない排泄は正常ではないので、適量のオナニーが溢れ、自身は康.科学調査によると、男は一週間に3回ぐらいオナニー最適.オナニーにいくつかの男性自慰器具が合わせて慰め問題解決.これで自由に発揮できることも、それがもたらす危害を及ぼして配慮
三便宝販売店
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/vhoauoroi/26479
Calendar
«  August 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others