【E3 2016】新作『ゼルダ』に数百人レベルの行列、待ち時間は4時間以上

世界最大のゲーム見本市「E3」が、6月14日より米ロサンゼルスのLAコンベンションセンターにて開催されました。今回の任天堂ブースは、シリーズ最新作となるWii U/NX『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』関連の展示にほぼ絞られたものでしたが、開場直後からとてつもない盛り上がりを見せていました。12時の開場とともに我先に任天堂ブースへ駆け寄る来場者たち。Wii U版『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の試遊コーナーには、100人以上の入場待ちの列があっというまに出来上がっていました。その後も列はどんどん長くなり、最終的には任天堂スタッフ向けのバックヤードを一部開放してまで来場者を並ばせるほどに。おかげで一般来場者が入り込めない関係者向けの休憩ブースを見ることができました。

PS4「東亰ザナドゥeX+」が9月8日に発売―フルHD、フレームレート完全60fps化でより鮮やかで

日本ファルコムは、PS Vita用ソフト「東亰ザナドゥ」に追加ストーリー、新モードなど多数の要素を追加したPS4用ソフト「東亰ザナドゥeX+(エクスプラス)」を、2016年9月8日に発売すると発表した。価格は、6,480円(税抜)。


「東亰ザナドゥeX+」では、PS4版にあわせたグラフィックのフルHD対応、フレームレート完全60fps化により、さらに鮮やかで滑らかなゲーム体験を実現。主人公コウ以外の登場人物の目線で綴られる「サイドストーリー」、本編クリア後の東亰都・杜宮市を描く「アフターストーリー」など、大ボリュームの新規シナリオが追加される。

また、第三の勢力《聖霊教会》に所属する人物として劇中で活躍した謎の刻印騎士「白装束」や《拘束術式》を解放した強化版アスカといった新規プレイアブルキャラも多数参戦する。

さらに、多数のやりこみ要素や新規異界ダンジョン&新種グリード、アクションRPGが苦手な人からやり込み派まで幅広い層に対応した難易度5段階設定(ビギナー~カラミティ)、最短撃破を目指す「タイムアタック」、強大なエルダーグリードとの連戦に挑む新モード「ボスラッシュ」も搭載している。

オープンワールドアクション最新作『Just Cause 3』の開発が完了!

オープンワールドアクション『Just Cause』シリーズの最新作となる『Just Cause 3』ですが、開発を手掛けるAvalanche StudiosのCCO、Christofer Sundberg氏が本作の開発完了をTwitterにて報告しました。該当ツイートにはファンから「おめでとう!」「待ちきれない!」など、多くのお祝い&期待コメントが寄せられています。シリーズ3作目となる本作では、主人公リコ・ロドリゲスの母親の祖国であるメディチ共和国を舞台に、冷酷な独裁者ディラベロ将軍の圧政に立ち向かいます。プレイヤーは東京都の約半分の面積(1000平方キロメートル)の広大な島で、平和と自由を求めて混乱と破壊の渦を巻き起こすのです。

トールビョーンがかつての旧友に喝!『オーバーウォッチ』新コミック公開

5月24日に遂にローンチしたBlizzard新作FPS『Overwatch(オーバーウォッチ)』のデジタルコミック最新号が公開されました。今回は天才技師「トールビョーン」が登場。街を破壊する巨大ロボに潜入し、それを動かしているかつての旧友と相まみえます。なお、デジタルコミックの他に、公式YouTubeチャンネルでは本作で採用されている音響技術“Dolby Atmos”を紹介する映像も公開されています。興味がある方はこちらも要チェック。