貧乏女のおいしい喜び

貧乏性な私はなかなか物を捨てられない、使い切らないと気が済まないのです。

我が家は生ごみが少ない方だと思うし、実際にあまり出さないように努力もしています。

野菜などの屑もほとんど出ないくらいなのですが、それでもこの部分はもう一度何かに使ってから捨てることはできないかしら?と思ったのは、野菜くずの野菜くずです。

野菜くずの野菜くずって?といった感じですが、ピーマンの綿や種など、どうしても捨ててしまう部分です。

他に何と呼んでいいのかわからないので、こう呼ぶことにしました(笑)

ある日テレビ番組をぼーっと眺めていると、玉ねぎの産地の方のお料理を据えるシーンが流れており、はっとさせられました。

「玉ねぎの皮でだしを取る」とおっしゃってました。

あの、茶色い部分です。

その時は衝撃を受けただけで終わってしまったのですが、別の番組でもシェフの方が「玉ねぎの皮を使ってだしを・・・」とおっしゃっていたので、玉ねぎの皮でだしを取るのは案外ポピュラーなことだったんだと、私の脳内のどこかが着火しました。

そういえば少し前にネットのコラムのタイトルに「野菜くずで作るスープ」なんていうものがあったことを思い出しました。

検索してみるとたどり着いたのは、何やら今はやりのベジブロスというものでした。

ファイトケミカルがどうのというのも気になるところですが、何より香りが良くてカレーやシチュー、煮物やご飯を炊くときなどにも使えてとにかく万能なのです。

様々な野菜を合わせて作るので、風味が増して大変おいしいです。

ですので、冷凍庫である一定量がたまるまでベジブロスの材料が眠っています。

材料を使い切った感とおいしさで心が充実するという、貧乏くさい喜びです(笑)
  • 日記 |
  • 2016-09-17 01:15:23
Calendar
«  September 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

search this blog.
category
archives
links
others