沒有背景之人更需加倍努力

杜月笙曾對一個朋友說:你原是一條鯉魚,修行500年跳了龍門變成了龍,而我原來只是一條泥鰍,先修行1000年變成一條鯉魚,然後再修煉500年才跳過龍門。倘若我倆一起失敗,你還是一條鯉魚,而我可就變成泥鰍了!你說我做事情,能不謹慎嗎?

熟悉杜月笙的人都知道:他是20世紀上半葉上海灘上最富有傳奇性的一個人物,有“三百年幫會第一人”、“上海皇帝”之稱。他從一個小啰啰混進老上海灘十裏洋場,成為上海最大的黑幫幫主;他文質彬彬,卻心狠手辣,殺人如麻;他為虎作倀,卻又有著鮮明的愛國心;他狡猾、奸詐,卻又很講義氣,他出身貧民窟卻又成為涉足娛樂、文化、教育、金融、新聞各業的財富大亨,他出入於紅道、黑道,遊刃於商界、政界,他是上海灘黑社會裏最引人注目的人物。杜月笙的傳奇一生,我相信,與他的勤奮和努力,或者用他的話來說,謹慎,是分不開的。

我們每個人都夢想成功。在追逐夢想的過程中,有的人抱怨財運不濟;有的人抱怨社會不公;有的人感慨父母無能…其實,我們缺乏的是像杜月笙一樣的勤奮和努力。這個世界,永遠都是最公平的。你想得到最好的,那麼你一定會經歷最痛苦的,如果你可以成功過關,那麼恭喜你,你必將會如願以償;倘若你不能克服這些難關,那麼實在不好意思,請你還是退回去好好做個平凡人吧!什麼?背景?環顧四周,沒有背景的人,多如繁星,而且沒有背景的人,能夠取得事業成功的,更是不勝枚舉。不要再用背景為你做擋箭牌,正是因為你沒有背景,你才要更加努力。你的這個夢想,需加倍努力來實現它。我知道這個很困難,而且你會遇到一些無所事事的人告訴你,你做不到。請你千萬不要相信他們。你要相信自己,你要對你的夢想負責,也只有你才能對他負責。成功的路上,是孤獨寂寞的,沒有人傾聽,沒有人安慰,一個人走完四季,冷暖自知。可是,你知道嗎?耐得住寂寞才能盼得來繁華,這是個應該奮鬥的年齡,安逸是最可恥。日子一天天過去,你主演著你自己的人生電影,而你,也常常被自己感動。

沒有背景,沒有關係,我們可以選擇堅強,選擇獨立,選擇拼搏。寂寞的時候給自己唱唱歌,傷心的時候,蹲下來抱抱自己,時刻提醒自己不能倒下,一定要堅強,一定要拼搏。

依然夢見你的眼

依稀夢裏的時候,世界似乎在時間之外,因為在那個世界裏夢到了你的眼。醒來的時候,世界依然還在時間之外,因為時刻提醒我的時鐘已經停止了轉動,因為 我沒有點亮白天的那點可憐的心事,最後滿世界依然是你的眼兒。窗外下起淅淅瀝瀝的雨來,夜還是無邊無垠電髮的黑。此刻我的眼睛像晴朗的天空一樣瓦藍,明明靜靜 的遊絲一樣的雲兒也沒有。你的烏亮的長髮還在瓦藍的天底下迎風飛舞,撩人心弦。更美妙的是你那讓人心悸的單純的眼神,單純得是故鄉夜色裏那能淹沒一切的暖 暖的黑。
  今夜又夢見你的眼了——故鄉,你的風塵僕僕的青磚灰瓦,你的春風得意的綠樹紅花,你的迷迷茫茫的幽靜的小徑……昨天,聽大哥說:“故鄉的桂子又開了, 把清香灑了一村。”大哥描繪得眉飛色舞,我聽得心兒揪揪。故鄉,秋天又來了,你還像春天夏天那樣過得安穩嗎?喬木的葉兒又在飄飛吧,他們沒有弄亂你的頭髮 擾亂你溫存的記憶吧,沒有迷糊你的眼睛弄髒你的臉吧。村裏的那眼突泉依然生動嗎,如果你的眼睛昏花了,就去舀一勺泉水給太陽、月亮洗把臉吧。
  我又夢見你的眼了,那個叫做晚的女孩。你身著黑色的裙裾,在那個油菜花開的日子,卻走在沒有油菜花負離子曲髮的城市立交橋上。還有,那個豔陽高照的日子,撐著一 把花雨傘,把應該留給城市的倩影卻留給了鄉村……我,從不敢認真地看你的那雙眼睛。是因為你的眼睛會帶走我的內心裏某些最為深刻的東西,我懼怕靈魂無法寄 居在你的心裏,就此而迷失了自己,也許連活著的力氣也沒有了。所以只要和你對視,心裏總有那麼一點慌亂,我懂得這不僅僅是流覽一幅畫,更不僅僅是用長鏡頭 去特寫,而是用心魄去鐫刻忐忑裏的一些刻骨銘心的細節,認真的人才能發現的細節。
  有人說從一個人的眼睛能讀懂一個人的夢想,那你就怎麼不能從我的眼裏讀出我淺淺的心事呢?我害怕哪一天你眼睛裏突然投來不屑的一顧,為此把你珍藏唯一的辦法只有選擇逃脫,那種不放手的逃脫。難怕今後的人生裏是仰慕的苦,是的暗戀澀。
  輕閉雙眼,世上的一切在心裏看得透徹,抬頭和失望照面,低頭和希望相逢,這是五味的人生。山坡上長滿大樹,還是不乏荊棘,田野裏長滿莊稼,還是不乏野 草。休管他,休管他,閉上眼,你就能來到天使微笑的地方,這是心底裏最為誠實的帳單呀。微信裏沒有這樣的結局,QQ裏也沒有這樣的境界……
打開了心靈的門窗,讓我無拘無束去旅行吧。不再拿條件去兌換條件,不再拿真理去說服真理,不再拿承諾去兌換承諾……還我一個自由呼吸染髮的空間。
夜很深了,毫無睡意,輾轉的床陪著夜一起在無聊地呻吟。往事一幕一幕,酸酸甜甜,忘不了的依然是你的眼……

溫柔的撫摸大地上的每一片花草

唱一曲<;;;月中天>;;;,情到濃時心轉淡,說到愛,也許愛只是一個美麗的夢,是無法言說的信仰。守著那年那日,讓這回憶陪伴一生。

愛,不一定要在香港美食一起,彼此幸福的走下去,待到落幕時或許遺憾卻也不後悔,因為愛過,我們就無悔。

感謝這一份愛帶來的成長,而此刻,可以真正的揮別過去,揮別你,曾經的愛。

讓心放空,讓心自由!

青春沒有放肆過,哪能證明我們曾經的存在。也許我們都已經忘了曾經我們是那樣在意過、歡笑過、流淚過、相聚過、離別過、重逢再到分開時無言以對得微笑中飽含的淚水!我們雖然錯過了,但是我們也慶倖這樣的錯過,所以才有了今天所珍惜得生活!以前我們不懂的取捨沒心沒肺的對別人好,卻忽略了她(他)是否接受以及能承受,能珍惜,能值得你對她(他)那麼好!我們就是這樣不管不顧,像一只飛娥,不懂少女峰的取捨得飛蛾一樣向著燭光飛去,到頭來傷了自己也不小心,弄丟了唯一!

這就是我們的青春,我們逝去得的青春!不管我們將來如何,我們必將不會忘記,曾經有那麼一個人溫暖過我們,讓我們更懂得去珍惜,去取捨,去珍惜我們生命中未來的所有幸福!謝謝你,我們曾經的青春。我們放肆過所以我們不後悔,所以我們曾經愛過的你,希望你能跳過我之後擁有你想要的幸福!謝謝曾經有你,有我們的青春,我曾經的青春中有個這樣的你!!!

清晨的風輕輕吹過,每一顆樹木。森林深處的幽潭裏也漸漸顯露朝氣的模樣——潭裏的魚兒晃了晃它那不算漂亮的尾巴,努力波動深潭裏的水紋,好像在告訴別人它醒了,它存在的,它即使再小也可以晃動一瀾一瀾的水紋,林間也漸漸傳出小鳥的脆鳴聲,萬物的一切都在清晨蘇醒。好像是深潭上的幽蓮也不甘寂寞,努力伸展自己的花瓣,輕輕打開它內心的世界,努力把自己的芳香帶向人間,證明自己的存在,告訴世人一株幽蓮也可以讓世間充滿芳香。潭邊的花瓣好似也想要一睹風化,看看這個清晨的魅力,也要展現自己的魅力,所有的一切都將復蘇,所有的一切都將要奧數練習題目開始,所有的一切都按照命運的軌跡開始了轉動。

SMAPで考えて欲しいこと

偶然、イギリスのボーイズグループのOne Directionの解散発表があった。


メンバーの年齢銅鑼灣 Hair salonを見ると・・・・

もうオッサンじゃないの?

ボーイズグループに限らず、バンドだろうが、アイドルグループだろうが、必ず解散する運命にあるのが現実。

人気が出ても出なくても。

特に、メンバーとしてでなくとも個人の実力があればなおさら。

それでも驚異的な寿命を誇るグループが日本に多いのは何故?

歳をとっても見続けたいってファンの気持ちはよく分かる。

見続けさせてあげたいってメ旅遊市場ンバーの気持ちもあるよね。

ホントーに優しいよね。

でも、解散させてあげるのも優しさじゃないかなぁ~



もちろん裏にはドロドロな事情があるに違いなく、マスコミはそれに群がって報道したがるけれど、ぼくはイヤだな。

問題の本質は、今書いたようなお互いの澳門新濠天地優しさなのであって、そこんところを皆で考えて欲しいな。

自分が自分ではなくなるとき

出来る限り寝たきりにせず、車椅子に座らせるようにしてくださいと施設側にお願いしたのだけど、やはり手間が掛かるんでしょうね、こちらの要望とは掛け離れた扱いが続いていますbeautymama

壁に向かって話したりするようです。

今も施設に来ているのですが、顔を合わすなり母親の怪我が心配で、何で早く病院に連れていかないのかと叱られてしまいました。

もちろん母親は怪我などしておりません。

自分で勝手にストーリーを創っているようです。

・・・・・・

ぼくも最近物忘れや勘違いが多く、だんだん自分に自信が持てなくなりました。

あと、信じられない行動もするようになってしまいました。

この前なんか、急須に入れたばかりの茶葉を、何を思ったのか急須をひっくり返してしまい、葉っぱを撒き散らしてしまいましたreenex

葉を入れたのを忘れてしまっていたのです。

これには我ながら唖然としてしまいました。

さらに、棚の上に置いていた蕎麦の乾麺を頭からかぶってしまい、床中に散らばった状況を見て、しばらく固まってしまいました。

オレって、こんなにドジな人間だったっけってね。

・・・・・・

自分ではいつもの自分だと思っていても、他人が客観的に見ると、いつものぼくではない状況が必ず起きるのです。

厳密な意味で、今の親父はぼくの知っている親父ではなくなっているはずです。

もう20%くらい残っているだけかも知れません。

そのうちぼくを見てもアンタ誰?ってことになるでしょう。

すると親父はそこにいるのに、もう親父ではないことになりますreenex

悲しいことであると同時に、怖いことでもあります。

親父ってどこに行ってしまったのか?

自分が自分でなくなるのはいったい何時なんだろうか?

アメリカのプロバスケットボール協会

ロサンゼルス・クリッパーズのオーナーであるドナルド・スターリング氏が
人種差別的reenex発言をした問題でNBAから250万ドル(約2億5000万円) の罰金と
永久追放の処分が下されたというニュースが出ていた。

これは、愛人とのやり取りで差別的な発言をしていた会話が”録音”されていて、
これがネット上に公開され、問題となり、
今回の処分となったようだ。

男には、このように『語るにオチる』ところがある。


「語る」男の話といえば、狂言の演目に『花子』というのがある。

このストーリーを簡単に紹介すると、
「ある男が、花子という女性から”逢いたい”という手紙をもらった。
その奥方は『わわしい女(口やかましい女性)』。
気軽に外出など出来ない。
妻の目を盗んで外出するのに一計を案じた。
『一晩、座禅を組むために、お堂に籠る』と言って、
家来の太郎冠者を身代わりに立て、
妻にバレないように頭かreenexら座禅衣をかぶせて、自分は花子のもとに飛んで行く。

妻は、怪しんで、お堂に近づき、座禅を組んでいるのが太郎冠者である事を見抜く。
今度は、奥方が座禅衣を頭からすっぽりかぶり、
帰ってくるのを待っていたところ、夫が帰ってきた。

夫は、座禅衣の人を太郎冠者だと思い、
安心して花子との逢瀬の事reenexをペラペラとしゃべる。
そこで、妻は、座禅衣を脱いで、
『あんた!よくも、よくも』という事になる話」

『語るにオチる』浅はかな男は、いつの時代もいるものだ。
Calendar
«  November 2019  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others