同族嫌悪

センスもないのに独自のファッションはしたらあかん!!

「漫画好きそう」と、ほとんど話したことないクラスメイトに言われたことのある
のじさんが通りますよ~。

オタクといえばピンクハウスやった。
ゴスロリが流行るまえのことやな。

少ないお小遣いためてフレアのロングスカートに垂れ幕を
プラスしたようなスカートを買った。
母は「一緒に歩きたくない」と言って歩いてくれんかった。

唯一、その当時の彼氏だけが手放しで
「かわいい!」と褒めてくれた。
せやろ、かわいいやろ、ん~?

服を単体でみると多分、スカートもブラウスも
ひらひらしてかわいくみえるかもしれない。
一言いいたい!
オタクの多くはなんで服だけで満足するんや?
顔もメイクしろ!
髪型も服に合うだけの凝ったのにしろ!!

その後、反省し、akanpo.netを熟読。
センスがないことを自覚し、当時流行った
コンサバを目指し、ショップ店員にアドバイスを
もらい、コスメショップでトータルでコスメを
選んでもらったり、メイク上手の友達の技を
盗んだりした。

アニメもみなくなりコミケも行かなくなった。
あれからずいぶん経った。
オタクのファッションセンスはとても磨かれ
一般人にまぎれてわからない人が多くなったと聞く。

先日、大型ショッピングセンターにアニメイトがオープンした。
何をトチ狂ったのかと思うほど、ファミリー向けの
ショッピングセンターに。
家族連れが隣の書店になかった漫画を買う程度になるのでは?と思っていたら。
店が近づくにつれてわかる
「いまからアニメイトに絶対行くと思うひと」たちの群れ。
誰だよ、おしゃれになって一般人と区別つかないっていってるのは。

独特なんよ、センスが。
好きなひとの真似をしたいのはわかる。
やけど、アニメのキャラの真似をすればアニメっぽくなるんや!
話し言葉までアニメっぽいんだ、声までアニメっぽいや、
多分みてるうちに移るんやろな…。
初音ミクが好きなんんか!?
でもいまどきツインテールの20代後半は…。
ここはアメリカか?
こんなにふくよかな人を集団でみたのは久しぶりや。
まだ春やのに汗臭い人が通路をふさいで通れへん。

かわってへん!
かわってへん!
うちのときとかわってへん!
同族嫌悪やとはわかってる。
うちらのころよりは市民権も得てるだろう。
アニメファンのひと以外にまぎれる必要もないかもしれん。

でも私はおしゃれなオタクがかっこいいと思う。
蛍光黄色のストッキングはいてた過去の私にも言いたい。
催淫剤
五夜神生精片
頂点3000