Office 2016プロダクトキーのダウンロード版の購入価格

9月25日に、マイクロソフト社は最新版のoffice 2016を発表しました。パッケージ版とサブスクリプションに分けられます。以下、それぞれバージョンのoffice 2016価格を説明します。


25年前にマイクロソフト社が最初のOfficeを発表した頃から、今までこのアプリは我々の事務と密接に関わるようになりました。Office使用者は12億人にも達したそうです。Officeバージョン更迭につれ、消費者の体験も深化しつつあります。バージョンの更迭により、2015年にOffice2010は製品の幕閉じを迎えた一方、マイクロソフト社は10月13日にOffice2010の関連サポートを停止することになりました。これは大勢の利用者に不便をもたらすが、office 2016に乗り換えるきっかけでもあります。office 2016はOffice2010より機能的に向上しています。更に、Office2016の価格も注目されています。

Office 365家庭サブスクリプションとoffice 365個人サブスクリプションはいずれもoffice 2016を含みます。家庭版のサブスクリプション価格は毎月$9.99或いは毎年$99.99です。個人版のサブスクリプション価格は家庭版より安くて、每月$6.99或いは每年$69.99です。office 365は対象者により購入方法も異なります。office 365アカデミック版は大学生が$79.99で購入可能で、在学4年間の使用期限となっています。更に2台のPC、Macかタブレットと2台の携帯電話での無料インストールも可能で、1TBのOneDrive保存容量も付きます。その上、officeのWord、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Access及びPublisherも無料で利用可能です。

マイクロソフト社はクラウドサービスの普及に力を入れており、office 365の1500万名ユーザは通常のアップグレードとその他サービス以外、office 2016のアプリも無料で利用可能です。更に、マイクロソフト社は再びOneDriveの同期機能改善予定を発表しました。マイクロソフト社はOffice 365を「コスパの最も高いOffice」と呼びます。
Office 365ビジネス版のサブスクリプション価格は每月$5から$8.25までであり、価格はサービス内容次第です。Office 365一般法人向け版も同じく、価格は每月$8、$12及び$20を含みます。ユーザはOffice 365ビジネス版或いは一般法人向け版を1年間以上サブスクリプション購入する必要があります。より安価な2つの選択肢は「Officeの全てのインストール可能なアプリ」のPCとMac版を含み、また5台以内のPCかMacにインストール可能です。また、全てのユーザには1TB的OneDrive保存容量とデジタルstorytellingツールが提供されます。Office 365のビジネス版と一般法人向け版の異なる機能をもとに、マイクロソフト社はその他オプションも用意しています。


office 365のサブスクリプションに抵抗があり、アメリカのクラウド保存のセキュリティに不安を覚える場合、一括払いでoffice 2016パッケージ永続版を購入しても良いです。マイクロソフト社はサービスにより直販という従来の利益モードを代替しようとするが、新たなoffice 2016においてこのような更迭はまずないでしょう。office 2016の家庭版とアカデミック版価格は$149.99で、Outlook 2016を必要とする場合、$229.99で家庭版とビジネス版(Windows版とMac版を含みます)を購入しても良いです。実店舗からOfficeをダウンロードや購入して良いし、オンラインからoffice 2016プロフェッショナルを購入して良いです。
家庭とアカデミック版はWord 2016、Excel 2016、PowerPoint 2016、OneNote 2016及び15GBのOneDrive保存容量を含みます。家庭とビジネス版はWord 2016、Excel 2016、PowerPoint 2016、OneNote 2016、Outlook 2016及び15GBのOneDrive保存容量を含みます。


パッケージ版Office 2016を購入するユーザは頻繁な更新サービス以外、クラウド版ユーザのように様々な新機能とアプリの改善サービスを受けることができません。この点からすれば、ほとんどの事務室ユーザには不向きです。
Office 365サブスクリプションではなく、Office 2016プロフェッショナルを必要とする場合、このような悩みは避けられません。例えばOffice 2016のパッケージ版は1台のPCにのみインストール可能で、料金はなんと$399.99にも達します。しかも税抜き価格です。一方office 2016プロフェッショナルはもともと税抜きで、リアルタイムの機能更新と製品改善サービスも付き、価格もよりリーズナブルです。
office 2016プロフェッショナルはOutlook、Publisher、Access、Word、Excel、PowerPointとOneNoteを含む以外、クラウドサービスも無料で利用可能です。マイクロソフト社により、office 2016にログインしてOneDriveを通じてそれぞれの端末にて最近開いたファイルにアクセスし、オンラインで編集することができるそうです。office 2016パッケージ版に比べ、office 2016プロフェッショナルはあまり時間と手間がかからず、officeのユーザ体験を向上させました。検索した結果、office 2016プロフェッショナルを販売する実店舗がないようです。ただし、マイクロソフトストアと公式サイトからoffice 2016プロフェッショナルを購入して良いです。手間を大幅に減らします。
新しいOfficeは「Tell Me」というツールを含み、このツールはClippyとよく似ているが、注意力を散らすことがありません。Office対応機能や指令探しに役立つ以外、またBingで検索することも可能です。Office 2016はその他新機能と改善も提供しているが、未だにマイクロソフト社はユーザにとっての根本的な問題:「なぜアップグレードしなければならないか」に答えていません。

Office 2010を引き続き使用する場合、このアプリが製品ライフサイクルの終わりに達しているため、マイクロソフト社がパッチサービスを停止する前にアプリをアップグレードしてください。さもなければ、ハッカーからアッタクされやすいです。

Projectにより作成したMPP形式ファイルを開くツール(Mac環境対応)

Microsoft Project
MPPファイルの作成と応用ができる専門的アプリケーションです。ネーティブアプリケーションとして機能が強く、互換性が高いが、そのサイズが大きく、高価です。マイクロソフト社はVisio、Word、Power Pointの無料ビューアーを提供しているが、Project Viewerのみは無料ではありません。また、新エディションのProject 2016により、Project 2013やProject 2010といった古いエディションで作成したMPPファイルに対応していますが、その逆はできません。




Project Online
Project Onlineはクラウドをベースとします。企業は早期のインフラストラクチャのコストを一切投入しなくても、オンラインでチームを作り、プロジェクトを速やかに開始できます。チームメンバーはおなじみの環境のもとで作業し、多種多様なデスクトップとモバイル設備により仕事できます。Project Onlineはブラウザによりアクセスするため、Windows、MacとLinuxに全部対応します。

Project Onlineはオンラインでサブスクリプションを購入できます(一人あたり月間料金が発生)。Office 365とともにサブスクリプションを購入しても良いし、プロジェクトキーのみを購入しても良いです。現在Project 2016の価格は142,344です。
Project Viewer 365(有料です。Mac対応)
Project Viewer 365はMPPファイルを開くツールです。オンラインブラウズにも対応します。PC或いはMacにアプリケーションをインストールしなくても、そのままブラウザでMPPファイルをアップロードすれば、閲覧と編集ができます。



Projec.toオンラインブラウズのツール
Projec.toはオンラインで利用可能なアプリケーションです。MPPファイルの閲覧とシェアができます。

Gantter
GantterはWebに基づくプロジェクトマネジメントの無料ツールです。Google Docsに接続し、Google Docsに保存可能です。ツールやアプリケーションをダウンロードしてインストールする必要がなく、MPPファイルを導入するだけで閲覧とオンライン編集を実現できます。

Kadonk LiveProject(期間限定無料)
LiveProjectは無料なプロジェクトビューアーです。MPPファイルを開くことができます。Microsoft Projectをインストールする必要がありません。このアプリケーションはMPPファイルを開くことしかできません。またタスク、ガントチャート、リソースとその他Microsoft Projectのファイル情報を閲覧することができます。編集するには、アドバンスバージョンを購入する必要があります。


GanttProject
GanttProject はJAVAにより作られたオープンソース+無料なアプリケーションです。ガントチャートの作成が簡単にできます。PNG/JPG拡張子の画像、HTMLウェブサイト,或いはPDFファイルをアウトプットできます。インストール不要なエディションも提供しており、しかもそのサイズが小さいです。

.OpenProj(このマネジメントアプリケーションはMACシステムに対応します)
無料+オープンソース+マルチプラットフォームのJavaで開発されたプロジェクトマネジメントツール(JREのプレインストールが必要)です。デフォルトでMPPファイルを開くことができ、その作成と編集も可能です。
.Steelray Project Viewer(シェアウェア)
Projectの公式提携パートナーです。Projectファイルを開き、ナビゲート、ブラウズ、プリントする場合、Microsoft Projectをインストールしなくても、Steelray Project Viewerで全部実現できます。ただし、これはシェアウェアなので、お試し版でも費用がかかります。

FileViewPro(期間限定無料)
Solvusoft社が開発したツールです。形式を問わず、全てのファイル、ビデオ、音声ファイルを開くことができます。また写真の閲覧或いはその他形式のファイルを開くこともできます。

.OminiPlan (MACシステム対応、動作環境:10.6+)
OmniPlan は Mac OS X において強力なプロジェクトマネジメント・アプリケーションです。その機能はビューテーブルのカスタマイズ、階層式綱要モード、コスト追跡、マイルストーン、タスク制限と関連性、リソース配分、スケジュール・コントロール、違反事項表示、ガントチャート、クリティカルパスなどを含みます。

プロジェクト計画に必要なガントチャート以外、このアプリケーションはWindowsの MicrosoftProjectファイルを応用できます。Microsoft Project的XMLとFasttrack Scheduleファイルの導入もできます。なお、OmniPlanはiCal, CSV, MPX, XML, HTMLにデータをアウトプットし、様々なアプリケーションと連動できます。OminPlanはProject For macと呼ばれ、人気が非常に高いです。MacシステムにおいてMicrosoft Projectの代替アプリケーションとして、WindowsのProjectで作成したMPPファイルをそのまま開くことができます。
.Merlin for mac(ブラウザで利用可能、英語のみ、動作環境:10.7+)
Merlin for macは優秀なMacプロジェクトマネジメント・アプリケーションです。Merlin for macには動的計画モードがあり、アジャイルディベロプメントの発想とよく似ており、例えば未実行のアクティビティは、自動で現在時間に移動しユーザに注意できます。またWebモジュールによりブラウザでそのままMerlinが利用可能です。


Visioサブスクリプション版と永続ライセンス版-価格比較

サブスクリプション版と永続ライセンス版、どちらにしますか?
• Office 365発売後、マイクロソフトは斬新なサブスクリプション方式(月間使用料)を発表したが、ライセンス認証方式(永続)も留保されています。
Visio サブスクリプション版の特徴:
• オンデマンド料金制:Visioを使用する場合、その月の料金を支払えばよいですが、使わない場合、サブスクリプションを中止してもよいです。
• 更新の継続:サブスクリプション期間内に、無料で最新のVisioにアップグレード可能で、例えば今はVisio 2016を使っており、その後Visioの新しいエディションが発表される場合、アップグレードすることも可能です。
• マルチユーザ:サブスクリプション後、5台のPCに使用可能です。
Visio 永続ライセンス版の特徴:
• 一括払い:フルプライスで購入
• アップグレード不可:新しいエディションが発表されても、アップグレードできません。
• 例えばVisio 2013を購入し、新しいエディションのVisio 2016にアップグレードすることができません。
• 唯一端末:1台のPCのアクティブ化にのみ使用できます。
• Visio 2016の場合、下記の表によりVisioサブスクリプション版とVisio 永続ライセンス版の使用期限と費用を示す:

1年間価格 2年間価格 3年間価格 4年間価格
Visioサブスクリプション版 ¥16920 ¥33840 ¥50760 ¥67680
Visio 永続ライセンス版 ¥77544
Visio アカデミック版 ¥37800
Visio アカデミック版,最安価格:¥13999

Visio アカデミック版:

• 学生に無料か低価格でOffice 365、VisioとProjectを提供することで、学生はOffice、VisioとProjectを使用する意欲が高まります。
• 就職後、雇用主がその他オフィススイートを購入しても、一定の経済力があってから自己負担でOffice 365サービスを購入することもあります。
• これまで、マイクロソフト社はXbox Live Goldで学生にアプローチしようとしていました。
• Visio アカデミック版の価格は¥37800だが、低価格のVisioを購入するには、いくつかの条件をクリアしなければなりません。
• 日本の高等学校学生と教職員を対象とする学割計画があるが、身分検証が必要です。

• 個人情報の記入にあたって、学校の情報と個人学籍情報を完全に記入した上、検証されます。

最安のVisio———ボリュームライセンス版:
• VOL Edition(ボリュームライセンス版)とは企業購入向けのエディションです。この2つのエディションはほぼ同じだが、プロダクトキーの取得方式が異なります。

• 検索しみたところ、Visio ボリュームライセンス版を販売するサイトもあるが、Visio 2016 Professional(pro)価格は¥13999です。
http://ms-project-visio.com/visio-try-buy/visio-gekiyasu-kakaku/

Visio エディション-2016/2010/2013 StandardとProfessional

• マイクロソフト社は2015年11月に新しいVisio2016エディションを発表し、最新エディションのVisioは完全にVisio 2010とVisio 2013など古いエディションで作成されたファイルに対応し、Visio StandardとVisio Professionalの2つのエディション以外、新しいVisio Pro for Office 365エディションも含まれています。
• Visio for Office 365とVisio Professionalの機能が全く同じだが、最新サブスクリプション方式(月間又は年間契約)の場合、5台のWindows 7又はWindows 8にインストールできるようになりました。サブスクリプション版価格:¥1,690ユーザ/月、¥1,410ユーザ/年。
• Visio Professionalは従来のプロジェクトキーによりアクティブ化を行うため、アクティブ化後、永続に使用できますが、一台のPCにしかインストールできません。Visio Proの場合、永続使用プロダクトキーの購入価格は71,800円です。
• Visio 2016 Standard(std)エディションは主に強力な図面作成機能と豊かな内蔵パターンを求めるユーザに向きます。
• Visio 2016 Professional(pro)エディションはStandard 2013エディションの全ての機能を備える上、図形とステンシル更新、チーム協力機能強化及び図をデータにリンクさせる機能も入っています。
• 同時発売されたのはVisio アカデミックエディションであり、その機能はVisio Professionalと同じです。
• 販売価格は37,800円です。学割価格で購入する場合、購入にあたって在学証明書或いは教職員証明書を提示することです。
• VisioはOfficeシリーズのその他製品と同じく無料評価版が提供されており、簡単な手続きにより60日間の評価版プロダクトキーを取得できます。本文では無料評価版を取得する方法を詳しく説明します。

Project 2010、2013、2016機能概要

Project 2010の新機能紹介

改良されたインターフェイス
• 「機能エリア」はメニューとツールバーに取って代わり、タスククリアに必要なオーダーを速やかに検索してくれます。 Project 2010機能エリアにあるタブとグループは全部カスタマイズ可能です。
• BACKSTAGEを追加しました。Backstageはプロジェクトファイルを開き、保存、プリントするベーシックオーダーを含み、Project Professional 2010ユーザの場合、Backstageを通じてProject Serverのリンク、ログオフとプロジェクト発表を管理できます。「ツール」メニューにあった「オプション」オーダーはBackstageに移されています。
• マウスの右ボタンをクリックするだけで常用オーダーを速やかに検索できます
新しいビューオプション
• Project Pro 2010ユーザは作業グループ計画のアプリケーションが利用可能で、これはリソース・スケジュールの配置ビューです。このビューを通じて、早期エディションのProjectに実現できなかった方式とスケジュールによりインタラクションを実現できます。
• Project 2010はその他ビューに自動表示される「スケジュール」ビューを含み、それはスケジュール全体の概要を示します。タスク或いはプロジェクト全体の概要報告をスケジュールに追加できます。
簡素化したビュー設定
• Projectに新規操作を追加することは大いに簡素化されました。ワークシートビュー右側の「新列追加」タイトル或いは既存列のタイトルをクリックしてそれぞれの列名を入力することで速やかに命名できます。
• Project 2010 のステータスバーにあるピンチイン・ピンチアウトのスライダーを左か右へ移動させることで、ビューの時間区分を速やかにピンチイン・ピンチアウトできます。
ユーザのスケジュール配置
• Project 2010はスケジュールの配置方式において、重要な変更を導入しました。手動でタスクスケジュールを配置し、タスク関連性とプロジェクトカレンダーなどの要素を変更した場合、タスク日付は自動で調整されません。必要に応じて、スケジュール手動配置機能を閉じることができます。
• タスクを非アクティブ状態にし、またそのコンテンツをプロジェクトに保存できます。
• Project 2010に関して、サマリータスクを先に作成して良いです。またサマリータスクの日付はサブタスクのロールアップ日付に一致する必要がありません。
• Project 2010はガントチャートとグラフィックイメージを追加しており、プロジェクトの各エディションの差がわかりやすいです。
改良された協力方式
• SHAREPOINTリスト同期により協力を改善できます。Project Pro 2010ユーザはプロジェクトファイルをSharePointリストに導入することで、チームメンバーとシェアする可能性及び簡単で便利なチャート作成(組織全体閲覧可能)方法をプロジェクトマネージャーに与えます。
• コピー&ペースト機能の向上。マウスをダブルクリックするだけで、リアルタイムでチャートを作成できます。それを大多数のOfficeアプリケーションにコピーできます。
• Project 2010とMicrosoft Project 2007及びそれ以前のエディションと互換性を有します。
Project 2013の新機能紹介


Projectチャートのワードアート
• Project 2013のチャートはワードアートに対応しています。Projectチャートに画像、テーブル、図表、形状とテキストボックスを加えることができます。データの動的ビジュアルエフェクトを加えたり、動画とハイパーリンクにこのようなエフェクトを加えたりすることができます。これらのエフェクトはOfficeにてシェアできます
改良された即時利用可能チャート
• Project 2013はOffice Artインフラストラクチャによりプレインストールのビジュアルチャートのテンプレートを作成できます。これら新しいテンプレートにより、色鮮やかな動的チャートを作成できます。データでその他アプリケーションにアウトプットする必要がありません。
豊かなプロジェクトチャート(バーウンダウンチャート)
• 今、Projectで素晴らしいバーンダウンチャートを作成できます。ProjectデータをExcelピボットテーブルにアウトプットしてバーンダウンチャートを作成する必要がありません。バーンダウンチャートはアジャイル・プロジェクトマネジメントにおける欠かせない要件です。(アジャイル・プロジェクトマネジメント:プロジェクトマネジメント方法の一種で、当該方法の持続時間がより短く(最長でも4週間)、セルフアダプテーション戦略とチームメンバー協力の作業方式次第です。)




タスクパス
• Project 2013は全てのタスクのリンクをハイライトすることができます。すなわちタスクパスです。タスク全体の「リンク」がチェックしにくいという問題を解決しました。タスクリンクをチェックする場合、ガントチャートにシフトしてから、「フォーマット」>「タスクパス」をクリックし、そしてチェックするリンクタイプを選択します。
日付対応の改善
• Project 2013が対応可能なプロジェクト日付は2149年 12 月 31 日までです。
Backstageチェック
• 「ファイル」をクリックしてBackstageにシフトし、Projectファイルのワンストップ式デスティネーションを管理できます。ポジションを調整し、またいくつかの目標を対象にBackstageをチェックしました。
• 必要なコンテンツの検索が更に簡単になります。
• Projectとその他おなじみのOfficeアプリケーションと一致させます。
• ファイルを開き、ファイルを保存し、Web、Project Server 又は SharePointサイト間同期のため、統一したポジションを提供します。




新しいビジュアルエフェクト
• Project 2013のインターフェイスは改善され、新たな構成になっていますが、お仕事に支障がありません。洗練でファッショナブルです。
Project 2016の新機能紹介



• 柔軟性の更に高いスケジュール
プロジェクト全般をはっきりと示すように、Project 2016は複数のスケジュールによりプロジェクトのそれぞれの段階とタイプを示し、それぞれのスケジュールに対して開始時間と終了時間を設定できます。
• 改良されたリソース配分
Project Proエディション 2016 と Project Onlineを通じて、プロジェクトマネージャーとリソースマネージャーはリソース予約方針に合意し、組織内の限られたリソースを効率よく利用できます。
Project Online のProject Proエディション 2016 或いはProject for Office 365 に接続する場合のみ、リソース予約が利用可能です。
• 「操作説明検索」で快速検索を実現
Project 2016の機能エリアにテキストボックスがあり、「何をなさいますか」と表示されています。次の操作の関連キーワードを入力し、必要な機能或いは行う操作に速やかにアクセスできます。これで検索する内容に関するヘルプ情報を取得できます。
• Projectの新テーマ
Project 2016は3種類のOfficeテーマを導入しました:カラフル、ダークグレーとホワイト。テーマにアクセスするには、「ファイル」>「オプション」>「ゼネラル」をクリックし、そして「Officeテーマ」の隣のドロップダウンメニューをクリックしてください。


http://ms-project-visio.com/project-try-buy/