に過ごす環境を

サキは舞台の大道具や小道具の配置に納得がいかないと書けないんですよ。この乗換駅の通路はどうなっているんだろう?この位置に座ると景色がどのように見えるだろう?この角を曲がると路地は上り坂になるんだろうか?それとも階段?果ては、ここに座ったら天井からの光が降り注ぐだろうか?とか考え出したらきりがありません。それはストーリーの展開にまで影響を及ぼします。
 この角の向こうがどうなっているかわからないからこのシーンは没、とか、店の中の画像が無いし、どこにあるのかもわからないから、店内シーンは没、そしてこのお菓子はもう買ってあることにしてしまおうとか、色々と影響が出ます。
 コトリシリーズ(現実世界版)や絵夢シリーズの国内で展開する部分が阪神間が舞台なのは、知識が豊富にあるからにほかなりません(先がカメラを持って取材に行ったこともあります)。またバルセロナや香港が舞台の作品は、そこへ行ったことのある人物(先やリアルコハクですね)が身近にいて、サキが質問攻めにできるからまだ書けているんですね。ポルトは周りにも行ったことのある人が1人もいなかったんですよ。
 メカに関しても同じ事です。サキは乗り物が大好きですが、特に詳しいわけではありません。でもやっぱりこだわるんですよ。主人公を引き立て、世界感にリアリティーを与えてくれますから。エンジンはこの形式を使おうとか、スタイルはこれをモデルにしようとか、アイデアは出てきますが、詳しくないのでここで先の知識と感性が役に立つのです。メカニックな小道具や大道具は、2人のこだわりが合わさって登場しているのです。
 さらに現実世界に存在する様々な仕組み(大きな物から小さな物までありますが)を理解し、ミスの無いように物語に取り込むことはもっと難しいです。仮想世界ではその部分をある程度自分で設定できるという強みがあります。仮想世界でも現実世界にある同じような仕組みをある程度勉強し研究しますが、細かい部分は新たに設定を組み立ててクリアすることができますからね。

 ということで、サキが設定にこだわる部分はそこ(世界感)なんですね。
 こだわりが過ぎてウザくなっている事もあると思ってはいるのですが、やっぱりやめられません。
 サキはリアルな舞台装置を3次元構成で頭の中に描いて、そこにキャラクターを置き、行動させながら物語を展開します。キャラクターを俯瞰で見下ろしたり、時には入り込んで、辺りの風景や自分の感覚で疑似的に捉えながら、自分がそこで生活しているようのです。それは現実世界でも仮想世界でも同じです。ですから構成が自由自在にできる仮想世界の方が自分の思い通りに展開できて楽しいのだと思います。
 でもね、一から全てを自分で考え出すというのはそれはそれなりに時間がかかりますし大変です。そして矛盾を生じさせないようにするのは難しいです。でもでも、それはそれで楽しかったりするんですよね。あーでもない、こーでもないと考えを巡らせるのは、苦しさもありますが楽しいことなのです。
 なんといっても、サキのお気に入りの主人公の人生を送らせることのできる空間なのですから。そう考えれば、サキが最もこだわっているのは物語の主人公なのかもしれないですね。

見せてねたらこ

コンコンドアがノックされた。廊下は騒がしいから聞こえ辛かったが確かにノックの音だ。
 ミクはソファーから飛び起き、「ジョゼ?」ドアに向かって声をかけた。
「私です。絵夢です」ドアの外から声がする。
「絵夢!?」ミクは飛び上がるようにソファーから起き上がるとドアを開けた。
「ミク!」ドアを開けたとたん絵夢が飛Amway安利び込んできた。そしてそのままミクを抱きしめると「素敵だったよ」と言った。
「ありがとう」ミクも絵夢の体に手を回して答えた。
 絵夢は暫くの間ミクの存在を確認するように抱擁を続けてから、両肩に手を置いて体を離した。
「待ちきれなくて来ちゃった」絵夢はミクの目をじっと見つめて微笑んだ。
「この公演には来れないって」ミクは驚きを隠せない。
「だから、待ちきれなくって無理やりスケジュール変更をねじ込んだの。黒磯と山本には怒られたけどいつもの事ね。なんとかしてくれたわ」
「そんな」また無理をさせてしまった?ミクの言葉は続かない。
「大丈夫、ちゃんと穴埋めはできるAmway呃人から。心配しなくていい」絵夢は視線を強くしてミクの顔を覗きこんだ。「そんなことより喉の調子はどう?」
「大丈夫、調子はとてもいいの。気を使わずに歌えるのが、こんなに素晴らしい事だなんて、いままで思いもしなかった」
「よかった」絵夢は顔を緩めた。「歌声にもそれが表れていたわ。あなたはとても素敵だった。歌も演技もとても輝いていた」
「絵夢のおかげだよ」
「ううん。そんなことはない。あなたの実力よ。私はちょっと手伝っただけ」
「でも、絵夢に助けてもらわなかったら」
「そんなことを考えなくていい。私はあなたが活躍出来てとても嬉しい。こんなこと言ったらなんだけど、あなたは私が想像していたよりずっと豊かな才能を持っている。だからあなたの復活を手伝うことが出来てよかった。本当にそう思ってる。それにこれは私の仕事でもあるの。だからそんなこと、考えなくていい」
「でも」
「考えなくていいの!」絵夢の視線はいっそう強くなった。
「うん」ミクは不承不承返事をした。
 それを感じたのか絵夢はもう一度ミクをしっかりと抱きしめた。
「来てくれてありがとう」ミクは絵夢の耳元で言った。
「どういたしまして」絵夢は優しく答えてから急に話題を変えた。「さっき、ジョゼって言ったわよね?」
「」ミクの顔は少し赤くなる。
「公演に招待したの?」
「うん。今日の舞台を見せたの。舞台がはこを安利傳銷尋ねてくることになってるんだけど」
「だけど?」絵夢はミクの顔を覗きこんだ。
「まだやってこない」ミクは仕方が無いという風に答えた。
「そう」絵夢は少しの間思案するように間を開けた。
「どうしたの?」ミクは心配になって聞いた。
「ということは、私はお邪魔ってわけね」
「そんな、邪魔だなんて」
「でもそろそろ退散するわ。ミクの舞台はたっぷりもらったし、こうして話もできたから少し安心できた。それに、実は今日は無理を言ったからそんなに時間が無いの。会えて嬉しかった。次の公演を楽しみにしているわね」
「もう帰るの?」

手も分が歯痒く足

急にそんな事を言いだす俺をその目から零れそうな大きな瞳で声無く見る
そんな貴女に俺は言った
「恐らく警護の者はもう暫く参りませんから…」
床に座ったままの貴女の顔に椅子Pretty Renew 旺角に座ったままの俺の顔を少しずつ寄せる

「…から、何?」
貴女はこの後俺が何を言うのか分かっている筈だ
だから頬の色が薄い色から濃い色に変わる
「今宵も此処に『約束』が欲しいのですが…」
人差し指で自分の頬を触る

「ねぇ、貴方ってこんなに甘えん坊だった?」
「たまの事です。お許しください。」
そんな事言いながらまた何時ものいたずらっ子みたいな顔を見せる
「ホントにたまになのかしら…?まぁ、良いわ、明日も必ず来てね。この部屋で待ってるから。」
そうして立ち膝して、『此処に』って言う頬に軽くキスをした

貴方はとても嬉しそうに笑う。

私と貴方、今回『お仕置き』を受Pretty Renew 美容けたような一週間だった

本当に、誰からの『お仕置き』だったのか分からないけど、そのお陰で私と貴方の距離は物凄く縮まったように思う
まさか、攫って連れて来られたあの時、貴方とこんな関係になるなんて思って無かった。
こんなに貴方の事が好きになるなんて思わなかった…

「そうよ。だって私、貴方の事が好きだもの。貴方が居ないと不安で、心配で…」

あの方がこれ程ハッキリ言われるとは思わなかった。
その瞳には何かを決めた色を映し出していてきらきらと輝いて見える

この方は続けて言われる

「貴方は強いけど、それでも貴方が怪我するのは嫌。身体の怪我も心の怪我もどっちも。だから今回本当に胸が締め付けられるように痛かった…それが私に対する『お仕置き』だったのよ」

何時も明るく朗らかで、毎日何か楽しい事を探しながら生きている様なこの方がこれ程自分の事を思って居た等と今の今まで思ってもみなかった。

今回の騒動の最中、チュンソクが俺に言っていた事が有る。

『医仙様は恐らくテジャンの事が御心配で目の下に隈を…。ただそう、はっきりとは仰りませんが…』
それを聞いたあの時、もしかして…と甘い気持ちを抱いた。

そして、その時から俺の気持ち眼紋は溢れ出し、止まらなくなった。
自分自身、認めなければ…
とにかく貴女の無事な姿を見なければ気が気で無かった

そう、本当ならあの女の首に当てた刃先も思いっきり引いてやりたかった。

そして、のうのうと王様の前で座って今回の件の話し合いに出てきているあの男の顔を見ているだけで本当に虫唾が走っていた…
目の前に首謀者がいるにも拘らずも出ない…そんな自て俺は手を力一杯握った。

この方にはこの掌は見せられまい。

きっと気にする…爪の痕がくっきり付くほど握り締め、流血している掌等見せたら貴女の事、『何故、どうして、』と聞くだろう。
それに対する答えを正直に貴女に言ったらきっとまたその胸

うと思ったれ

お客様のご対応をせんといかんのである。それと、会社の車の管理。

暇ボケ、ジャズボケ親父に勤まるのかしら? ね。

一日、七十件のメールに速答していた「あの親父」は、今、何処へ? お客様のお問い合わせに二秒後に返信していた「彼」は、今、何処へ? なんだか、懐かしいのだよねぇー水解蛋白っても、やっぱ、現役じゃなくなっちゃったサラリーマンも、なんとなく哀愁が漂う。はい、わたくしです。

今朝、8時半ぐらいに台所の雨戸を開けた。朝日の綺麗なこと! グラビア写真みたいな色。12月とは思えない。朝日を浴びる向かいの家々が実に美しい。それから、真っ青な空。冬のフランスの遅い夜明け間際に、こんな美しい光景。溜息。

今年が良い年だったのか? 私にとって、と限定してみると、良く分からない。私ぐらいの年になると、大きな変化はない。なんか健康で平穏であれば、=良い年。うん、十分であろう。そして、新年の決意。これも、特にはない。毎年、同じである。ピアノ演奏の進化、以上。確かに、ピアノの技術はかなり蓄積されて来ている。けれど、音楽、特に、なのかも知れないけれど、ジャズにはノリ、リズム、スイングと練習しても身に付かない要素が多いから、黙々とテクニックコレクションをしても、「それが、どう出てくるのか」、これが鍵になる。一歩間違水解蛋白えると、テクニック前面芋という恐ろしい演奏になる可能性も高いから、もう、人生自体、スイングしていないといけないという厳しい掟があるのだ。と、わたくしのブログ記事が、やや、アホで
あっても、このような厳しい掟の中で生きているからである、というのは半分、嘘。

先日、パソコンで調べもの。どうしてなのか、その勢いで、私の小説十作目。ブログの総タイトルと同じ「ピアノは私だ」。この最終原稿を開いてしまった。十ページぐらい読んだ。そして、その無意味振りに、私自身が仰け反った! このとんでもない、ちょっと手前味噌なのだけれど、わざと流麗な随筆文体を駆使しつつ、その内容のノンセンス振りは、凄いっ! この原稿、二年前に集英社に送って相手にされなかったのだ。別に構わない。なんか、出版してくれるところ、もう一度、探そほど無意味な小説は、ジャズ菌メビウス菌に侵された脳高速人間にしか書けないのだ。これが自宅のダンボール箱へ。これは残念至極。皆、絶対に元気になるはずだ。なんちゅう、アホなのだ、この作者は? と、全員、自分の優位がはっきりするし、わっわっわっ、こいつガイキチ(きちがい)じゃん、と、皆、安心するはずだ。反面小説になるのだ。

と、ほざき捲くった更新狂ブロガー三年目(以上)。記事も千を超えたから、裕千吉。

いやぁー、本当に片手の指で収まる読母乳餵哺者様方。毎々のお付き合い。深ぶかとお辞儀です。
皆さん、良いお年をお迎え下さい。


幕末~明治頃になると本家の争奪戦ではないだろうが、四条眞流などを名乗る新派が旗を揚げたという。いずれも四条流の本家から派生した流派らしい。包丁式は明治維新まで全国で行われ、高家神社でも四條公の本流を汲む古法を継承されているようだ。時を捲き戻せば「後鳥羽上皇」の命に端を発した往年の著名鍛冶刀工の時代がある。江戸時代には陶磁器など焼き物の世界でも各藩が自慢のお庭窯きなど殿様の趣味と腕を披露する華やかな時代があった。

のない激し

きわめて個人的な小説である。世界の終りが自伝的であるというのと同じ意味あいで、fスコットフィッツジェラルドの夜はやさしとグレートギャツビイが僕にとって個人的な小説であるというの臉部肌膚と同じ意味あいで、個人的な小説である。たぶんそれはある種のセンティメントの問題であろう。僕という人間が好まれたり好まれなかったりするように、この小説もやはり好まれたり好まれなか

「ねえワタナベ君、私とあれやろうよ」と弾き終わったあとでレイコが小さな声で言った。

「不思議ですね」と僕は言った。「僕も同じこと考えてたんです」

カーテンを閉めた暗い部屋の中で僕とレイコさんは本当にあたり前のことのように抱きあい、お互いの体を求めあった。僕は彼女のシャツを脱がせ、下着をとった。

「ねえ、私けっこう不思議な人生送ってきたけど、十九歳年下の男の子にパンツ脱がされることになると思いもしなかったわね」とレイコさんは言った。

「じゃあ自分で脱ぎますか」と僕は言った。

「いいわよ、脱がせて」と彼女は個人化護膚言った。「でも私しわだらけだからがっかりしないでよ」

「僕、レイコさんのしわ好きですよ」

「泣けるわね」とレイコさんは小さな声で言った。

僕は彼女のいろんな部分に唇をつけ、しわがあるとそこを舌でなぞった。そして少女のような薄い**に手をあて、乳首をやわらかく噛み、あたたかく湿ったヴァギナに指をあててゆっくりと動かした。

「ねえ、ワタナベ君」とレイコさんが僕の耳もとで言った。「そこ違うわよ。それただのしわよ」

「こういうときにも冗談しか言えないんですか」と僕はあきれて言った。

「ごめんなさい」とレイコさんは言った。「怖いのよ、私。もうずっとこれやってないから。なんだか十七の女の子が男の子の下宿に遊びに行ったら裸にされちゃったみたいな気分よ」

「ほんとうに十七の女の子を犯してるみたいな気分ですよ」

僕はそのしわの中に指を入れ、首筋から耳にかけて口づけし、乳首をつまんだ。そして彼女の息づかいが激しくなって喉が小さく震えはじめると僕はそのほっそりとした脚を広げてゆっくりと中に入った。

「ねえ、大丈夫よね、妊娠しないようにしてくれるわよね」とレイコさんは小さな声で僕に訊いた。「この年で妊娠すると恥かしいから」

「大丈夫ですよ。安心して」と僕は言った。

ペニスを奥まで入れると、彼女は体を震わせてため息をついた。僕は彼女の背中をやさしくさするように撫でながらペニスを何度か動かして、そして何の予兆もなく突然射精した。それは改善皮膚押しとどめようい射精だった。僕は彼女にしがみついたまま、そのあたたかみの中に何度も精液を注いだ。

「すみません。我慢できなかったんです」と僕は言った。

「馬鹿ねえ、そんなこと考えなくてもいいの」とレイコさんは僕のお尻を叩きながら言った。「いつもそんなこと考えながら女の子とやってるの」

「まあ、そうですね」