で商いを憶えさ

「ごめんなさいよ、裏口から逃げちまった、あんな我儘な女ではなかったのだけどね、代わりにもっと若い娘にお相手をさせるので、堪忍してくださいな」
   「要らない、俺は小万の亭主なのだ、遊びに来たのではない」
 弥太八と辰吉は旅籠を飛び出して裏口に回ったが、どこに隠れたのか、小万の姿は無かった。
   「きっと、関へ戻る積りだろう、俺も関へ行く、なに俺が先回りすることになっても、あのボロ家で隠れて待っていてやるさ、小万は筵で囲ってでも生きていけると言ったのだ、必ずあの家に戻ってくる」
 弥太八は、辰吉に頭を下げた。
   「俺は喧嘩の上、人を死なせてしまったので関には住めないのだ、小万を見付けたら大坂へもどる、何時になるかわからないので、俺より先に大坂へ戻ったら、店の番頭さんに伝えてくれ」
   「そうか、わかった、俺が全部用を終えたら、帰りに関へ覗きにいきますぜ、もしその時弥太八さんがやくざに戻っていたら、俺はお前さんを番所に突き出してやる、いいか覚えておけよ」
   「俺がまだ小万を掴まえられていなかったら?」
   「俺も弥太八さんと共に、小万姐さんを探すさ」
 辰吉は、親父の店のことなど眼中になく、本気で探す積りである。
   「いつか俺が弥太八さんと小万さんの祝言を挙げてやる」
   「そうかい、有難う、何だか倅に言われているようで、泣けてくるよ」
   「弥太八さん、涙脆いのだねぇ」
   「歳の所為でしょうかねぇ」

 もう一度弥太八に付いて関へ行くという辰吉だったが、「俺は大丈夫だ」と言う弥太八と別れて、辰吉は信州に向かった。
   「あいつ、小万さんに貰った金を、博打で使い果たすのではないか」
 辰吉は、ちょっと心配であった。小万姐さんが命を賭けて作った金だ。もしそんなことになっていたら、あいつの両腕の骨を折って、博打が出来ないようにしてやると、真剣に考えている辰吉である。

 それから何日か経って、辰吉は信州の緒方三太郎の診療院の門を叩いた。
   「あ、江戸の辰吉さんでしたか」
 出てきたのは、若い医者の三四郎であった。
   「才太郎の様子を見に来ました」
   「才太郎は元気ですよ、もう殆ど治っているので、よく我らの手伝いをしてくれます」
   「よかった、そろそろ大坂へ連れていけますか?」
   「えっ、大坂へ連れて行くのですか?」
   「はい、俺の親父の店せ、立派な商人にしてやります」
   「本人がそう言ったのですか?」
   「はい、才太郎もその積りでいるでしょう」
 三四郎医師は、才太郎を呼び寄せた。
   「江戸の辰吉さんだ、おいらの命を助けてくれて、有難うございました、もう大丈夫です」
   「そうかい、それは良かったなぁ、もうすぐ、大坂へ行けるぞ」
   「大坂へ行くのですか?」
   「当たり前だろう、大坂へ行って立派な商人になるのだ」
   「いえ、おいらはここに居て、三四郎先生や、佐助先生のような立派な医者になります」

さんも嬉しいのです

「新さん、早いけど温泉に入りたいからここで泊まる」
   「宿場ごとに泊まっていますね」
   「江戸まで五十三日かかるのやろ」
   「まあ、いいでしょう」
 宿の中には温泉が無くて、外湯だと言う。夕食まで時間がたっぷりあるので、宿で手拭いを借りて温泉に行くことにした。
   「おっちゃん、風呂賃辦公室傢俬なんぼや」
   「大人は四十文、子供は二十文です」
   「ほんなら、二十文払います」
   「ぼん、お連れさんは何処です」
   「わい、独りや」
   「お連れさんなしでは、大人と同じ四十文です」
   「なんや、高いなあ、出直してくるわ」
 暫くすると、三太は若い女に手を引かれて、女湯に入ってきた。
   「わい、お姉ちゃんと一緒やから二十文でええのやろ」

   「ありがとう」三太の分も入っている。
   「それでしたら、一個十文で作らせてもらいましょう」
 三太は驚いた。
   「高いなあ、四個で四十文ですか」
 旦那はちょっと「むっ」としたようだった。
   「それで気に入らないなら、他所へいってください」
   「払いますがな、それに水を付けてか」
   「それなら、水を竹筒に幼兒 數學いれて、これも十文です」
 足元を見やがってと、三太はかなり頭にきていたが、空き地で待つ子供のことを考えて、おとなしく五十文を払った。おにぎりを受け取って帰り際、三太は振り返って、
   「薄情者、お前ら死んだら地獄落ちや」
 と、悪態をついた。
   「旦那さん、あいつ、あんなことを言って行きました、店の前に塩を撒いておきましょうか?」

   「へえー、お前さんはたいした男だ、何と言って返させたのか知りたいものだ」
 祥太郎は笑っていた。
   「勘定方の倅ですから、お金のことは少し知っています」
   「婆さん、こんな頼りになる息子が居たら、どんなに心丈夫だろうね」
   「そうですね、でも、そろそろ返してあげなければなりませんよ」
   「芋二本で引き止めて、倅を持った夢まで見させてもらった」
   「本当に楽しい夢でしたね」
   「十二両は、祥太郎さんに持って行って貰おう」
   「はい、今夜は腕に縒りをかけて美味しいものを作りましょう、祥太郎さん、この婆を町まで連れて行ってくれませんか?」
   「お金は要りませんと言ったでしょう、それに私の為に無駄遣いをしないでください」
   「何が無駄なものですか、婆よ」六兵衛も、ニコニコ顔であった。
 祥太郎は、正座をして襟皇室纖形 facialを正し、手を着いて老夫婦に言った。
   「六兵衛さんとおばさんに、お願いがあります」
   「はいはい、何なりと言ってください」

内緒で独り旅に出

次に訪れたのは、神田明神前の菊菱屋政衛門の一人息子政吉の店である。政吉は赤ん坊の時に人攫いに連れ去られ、京の子供が居ない公家夫婦のもとに売られた。後に公家夫婦に実子が誕生したために、「要らなくなった子供を処分してくれ」と頼まれた京極一家の親派遣社員分が激怒し、自分が引き取った。政吉は、京極一家の跡継ぎとして育てられたが、実の親が恋しくて、江戸へ向かって旅をしていた亥之吉に付いて親探しの旅にでる。(シリーズ第三作?「池田の亥之吉」より)

 この菊菱屋には、新平という番頭が居る。彼の母は私娼であった。実の母子であるにも関わらず新平を邪魔者扱いにして、「山犬にでも食われて死ね」と罵られて家を出る。飢えて倒れているところをチビ三太に助けられ、母親の元へ帰るが、「男の子なんか三文の値打ちもない」と、再び罵られる。
 チビ三太は腹を立て、「それならわいが三文で買う」と、母親に三文の銭を投げ、チビ三太と新平は、弥次喜多道Dream beauty pro 好唔好中よろしく仲良く江戸に出て来たのだった。(シリーズ六作?「チビ三太、ふざけ旅」より)

 架空の店名で金を貸し付け、暴力で返済を迫り暴利を貪ったとして闕所になった両替屋の店舗を、亥之吉がお上から買い取り、京橋銀座で雑貨商を開業した。その店を亥之吉は番頭に譲り浪花に戻った。この店は、辰吉が生まれたところで、今も繁盛していた。
   「若旦那、お帰りなさい、よかった、よかった、ご無事で何よりです」
 店の主人は、笑顔で辰吉を迎えてくれた。辰吉は喧嘩に巻き込まれ、相手を死なせてしまい、両親にも、店の者にもてしまったのだった。
 店は、辰吉の知っているのと、まったく変わりなく、お店の衆も誰一人替わっては居なかった。
   「みんなも、心配していたのですよ、なぁ」
 店主が店の衆に同意をもとめると、みんなは笑顔で頷いた。
   「今夜は、若旦那のためにごmask house 面膜馳走を造らせるので、ゆっくりしていってくださいな」
   「実は、大江戸一家で一宿一飯の恩義受けようと思っているのです」
   「何を言っているのですか、ここは若旦那の生家ですよ、私達は若旦那の親兄弟同然ではないですか」