のない激し

きわめて個人的な小説である。世界の終りが自伝的であるというのと同じ意味あいで、fスコットフィッツジェラルドの夜はやさしとグレートギャツビイが僕にとって個人的な小説であるというの臉部肌膚と同じ意味あいで、個人的な小説である。たぶんそれはある種のセンティメントの問題であろう。僕という人間が好まれたり好まれなかったりするように、この小説もやはり好まれたり好まれなか

「ねえワタナベ君、私とあれやろうよ」と弾き終わったあとでレイコが小さな声で言った。

「不思議ですね」と僕は言った。「僕も同じこと考えてたんです」

カーテンを閉めた暗い部屋の中で僕とレイコさんは本当にあたり前のことのように抱きあい、お互いの体を求めあった。僕は彼女のシャツを脱がせ、下着をとった。

「ねえ、私けっこう不思議な人生送ってきたけど、十九歳年下の男の子にパンツ脱がされることになると思いもしなかったわね」とレイコさんは言った。

「じゃあ自分で脱ぎますか」と僕は言った。

「いいわよ、脱がせて」と彼女は個人化護膚言った。「でも私しわだらけだからがっかりしないでよ」

「僕、レイコさんのしわ好きですよ」

「泣けるわね」とレイコさんは小さな声で言った。

僕は彼女のいろんな部分に唇をつけ、しわがあるとそこを舌でなぞった。そして少女のような薄い**に手をあて、乳首をやわらかく噛み、あたたかく湿ったヴァギナに指をあててゆっくりと動かした。

「ねえ、ワタナベ君」とレイコさんが僕の耳もとで言った。「そこ違うわよ。それただのしわよ」

「こういうときにも冗談しか言えないんですか」と僕はあきれて言った。

「ごめんなさい」とレイコさんは言った。「怖いのよ、私。もうずっとこれやってないから。なんだか十七の女の子が男の子の下宿に遊びに行ったら裸にされちゃったみたいな気分よ」

「ほんとうに十七の女の子を犯してるみたいな気分ですよ」

僕はそのしわの中に指を入れ、首筋から耳にかけて口づけし、乳首をつまんだ。そして彼女の息づかいが激しくなって喉が小さく震えはじめると僕はそのほっそりとした脚を広げてゆっくりと中に入った。

「ねえ、大丈夫よね、妊娠しないようにしてくれるわよね」とレイコさんは小さな声で僕に訊いた。「この年で妊娠すると恥かしいから」

「大丈夫ですよ。安心して」と僕は言った。

ペニスを奥まで入れると、彼女は体を震わせてため息をついた。僕は彼女の背中をやさしくさするように撫でながらペニスを何度か動かして、そして何の予兆もなく突然射精した。それは改善皮膚押しとどめようい射精だった。僕は彼女にしがみついたまま、そのあたたかみの中に何度も精液を注いだ。

「すみません。我慢できなかったんです」と僕は言った。

「馬鹿ねえ、そんなこと考えなくてもいいの」とレイコさんは僕のお尻を叩きながら言った。「いつもそんなこと考えながら女の子とやってるの」

「まあ、そうですね」

等待所有的有緣人們

“人生能有幾個五十年,我一定要來。”鄧歐蕙蘭女士,如此堅定地表示著。

短短的一句話,道盡了所有慈濟人的共同心聲。淩晨三點鐘不到,她就從高雄六龜摸黑出發,開了一個多小時的路程,前來高雄靜思堂,參加慈濟五十周年的朝山活動……

淩晨的三點半,大地萬籟俱寂,此時的高雄靜思堂,卻已燈火通明。對映於這周遭依然一片黝黑的環境裏,此一淚溝價錢鮮明的場景,顯得格外的醒目。

農曆的三月二十四日,正是慈濟的生日,每年的這一天,臺灣各地以及海外地區的慈濟人,都會以朝山活動的方式來慶祝,只是朝山的方式和規模的大小有別而已。今年(2016)似乎更為隆重,因為這是慈濟成立五十周年的日子,而它也正在四月三十日這一天,輕巧地揭開了慈濟邁入第五十一個年頭的序幕。

走過時空半世紀,慈濟五十知天命;見證世間苦難相,出泥蓮花綻芬芳。回眸1966年,證嚴法師在花蓮成立“佛教克難慈濟功德會”,三十位家庭主婦,每天在到市場買菜之前,以節省五毛買菜錢存入竹筒的方式,克難地開展了慈濟“竹筒歲月”濟貧工作的先河。

此一集合眾人之力的濟貧方式,真可謂是粒米成籮、滴水成河。只是當時誰也沒有想到,這個身處臺灣後山(東部)、中央酒店式住宅套房山脈山腳下的“靜思精舍”,竟然能夠在五十年之後,成為足跡踏遍世界五大洲、九十幾個國家地區的慈善團體。立足臺灣,宏觀世界,慈濟就如同觀世音菩薩一般,聞聲救苦、循聲救難。

穹蒼月明星稀,講經堂繁星閃爍,清晨四時許,高雄靜思堂內晨鐘三響,劃破靜寂清澄的夜空,餘音嫋繞回蕩於天際。在〈爐香贊〉、〈贊佛偈〉的禮贊聲之後,慈濟五十周年的的朝山活動,於焉正式展開。

聲聲佛號,步步虔誠,在“南無本師釋迦牟尼佛”佛號聲中,藉由三步一拜、一拜一磕頭的儀軌中,洗滌內心的積垢與煩憂。在東、西法華坡道和穿堂的三條動線導引下,朝山隊伍緩緩向前邁進,慢慢進入三樓莊嚴的講經堂。時空靜寂,人心清澄,虔誠一意,朝山滌垢。

這是一場殊勝的法會,在這慈濟邁入五十一年的第一天,一千零一十三位朝山人士,二百八十位慈濟志工,乘著清晨的漫漫夜色,湧現於高雄靜思堂。從黑夜到黎明,從星光閃爍到晨曦普照,迤邐綿延的朝山隊伍,已為這網路購物分慈濟殊勝的因緣,做了最佳的歷史見證。

證嚴法師期勉所有人,人間有形者,無不是“有為法”,這些有為合成的物品,都有著無窮的真理存在,此即是所謂的“無為法”。從宇宙無始以來,這些道理就已經存在,存乎於山林大地之間,猶如大山蘊藏無盡的礦產寶藏一般,,靜心體會、細細琢磨。