見せてねたらこ

コンコンドアがノックされた。廊下は騒がしいから聞こえ辛かったが確かにノックの音だ。
 ミクはソファーから飛び起き、「ジョゼ?」ドアに向かって声をかけた。
「私です。絵夢です」ドアの外から声がする。
「絵夢!?」ミクは飛び上がるようにソファーから起き上がるとドアを開けた。
「ミク!」ドアを開けたとたん絵夢が飛Amway安利び込んできた。そしてそのままミクを抱きしめると「素敵だったよ」と言った。
「ありがとう」ミクも絵夢の体に手を回して答えた。
 絵夢は暫くの間ミクの存在を確認するように抱擁を続けてから、両肩に手を置いて体を離した。
「待ちきれなくて来ちゃった」絵夢はミクの目をじっと見つめて微笑んだ。
「この公演には来れないって」ミクは驚きを隠せない。
「だから、待ちきれなくって無理やりスケジュール変更をねじ込んだの。黒磯と山本には怒られたけどいつもの事ね。なんとかしてくれたわ」
「そんな」また無理をさせてしまった?ミクの言葉は続かない。
「大丈夫、ちゃんと穴埋めはできるAmway呃人から。心配しなくていい」絵夢は視線を強くしてミクの顔を覗きこんだ。「そんなことより喉の調子はどう?」
「大丈夫、調子はとてもいいの。気を使わずに歌えるのが、こんなに素晴らしい事だなんて、いままで思いもしなかった」
「よかった」絵夢は顔を緩めた。「歌声にもそれが表れていたわ。あなたはとても素敵だった。歌も演技もとても輝いていた」
「絵夢のおかげだよ」
「ううん。そんなことはない。あなたの実力よ。私はちょっと手伝っただけ」
「でも、絵夢に助けてもらわなかったら」
「そんなことを考えなくていい。私はあなたが活躍出来てとても嬉しい。こんなこと言ったらなんだけど、あなたは私が想像していたよりずっと豊かな才能を持っている。だからあなたの復活を手伝うことが出来てよかった。本当にそう思ってる。それにこれは私の仕事でもあるの。だからそんなこと、考えなくていい」
「でも」
「考えなくていいの!」絵夢の視線はいっそう強くなった。
「うん」ミクは不承不承返事をした。
 それを感じたのか絵夢はもう一度ミクをしっかりと抱きしめた。
「来てくれてありがとう」ミクは絵夢の耳元で言った。
「どういたしまして」絵夢は優しく答えてから急に話題を変えた。「さっき、ジョゼって言ったわよね?」
「」ミクの顔は少し赤くなる。
「公演に招待したの?」
「うん。今日の舞台を見せたの。舞台がはこを安利傳銷尋ねてくることになってるんだけど」
「だけど?」絵夢はミクの顔を覗きこんだ。
「まだやってこない」ミクは仕方が無いという風に答えた。
「そう」絵夢は少しの間思案するように間を開けた。
「どうしたの?」ミクは心配になって聞いた。
「ということは、私はお邪魔ってわけね」
「そんな、邪魔だなんて」
「でもそろそろ退散するわ。ミクの舞台はたっぷりもらったし、こうして話もできたから少し安心できた。それに、実は今日は無理を言ったからそんなに時間が無いの。会えて嬉しかった。次の公演を楽しみにしているわね」
「もう帰るの?」

手も分が歯痒く足

急にそんな事を言いだす俺をその目から零れそうな大きな瞳で声無く見る
そんな貴女に俺は言った
「恐らく警護の者はもう暫く参りませんから…」
床に座ったままの貴女の顔に椅子Pretty Renew 旺角に座ったままの俺の顔を少しずつ寄せる

「…から、何?」
貴女はこの後俺が何を言うのか分かっている筈だ
だから頬の色が薄い色から濃い色に変わる
「今宵も此処に『約束』が欲しいのですが…」
人差し指で自分の頬を触る

「ねぇ、貴方ってこんなに甘えん坊だった?」
「たまの事です。お許しください。」
そんな事言いながらまた何時ものいたずらっ子みたいな顔を見せる
「ホントにたまになのかしら…?まぁ、良いわ、明日も必ず来てね。この部屋で待ってるから。」
そうして立ち膝して、『此処に』って言う頬に軽くキスをした

貴方はとても嬉しそうに笑う。

私と貴方、今回『お仕置き』を受Pretty Renew 美容けたような一週間だった

本当に、誰からの『お仕置き』だったのか分からないけど、そのお陰で私と貴方の距離は物凄く縮まったように思う
まさか、攫って連れて来られたあの時、貴方とこんな関係になるなんて思って無かった。
こんなに貴方の事が好きになるなんて思わなかった…

「そうよ。だって私、貴方の事が好きだもの。貴方が居ないと不安で、心配で…」

あの方がこれ程ハッキリ言われるとは思わなかった。
その瞳には何かを決めた色を映し出していてきらきらと輝いて見える

この方は続けて言われる

「貴方は強いけど、それでも貴方が怪我するのは嫌。身体の怪我も心の怪我もどっちも。だから今回本当に胸が締め付けられるように痛かった…それが私に対する『お仕置き』だったのよ」

何時も明るく朗らかで、毎日何か楽しい事を探しながら生きている様なこの方がこれ程自分の事を思って居た等と今の今まで思ってもみなかった。

今回の騒動の最中、チュンソクが俺に言っていた事が有る。

『医仙様は恐らくテジャンの事が御心配で目の下に隈を…。ただそう、はっきりとは仰りませんが…』
それを聞いたあの時、もしかして…と甘い気持ちを抱いた。

そして、その時から俺の気持ち眼紋は溢れ出し、止まらなくなった。
自分自身、認めなければ…
とにかく貴女の無事な姿を見なければ気が気で無かった

そう、本当ならあの女の首に当てた刃先も思いっきり引いてやりたかった。

そして、のうのうと王様の前で座って今回の件の話し合いに出てきているあの男の顔を見ているだけで本当に虫唾が走っていた…
目の前に首謀者がいるにも拘らずも出ない…そんな自て俺は手を力一杯握った。

この方にはこの掌は見せられまい。

きっと気にする…爪の痕がくっきり付くほど握り締め、流血している掌等見せたら貴女の事、『何故、どうして、』と聞くだろう。
それに対する答えを正直に貴女に言ったらきっとまたその胸