に過ごす環境を

サキは舞台の大道具や小道具の配置に納得がいかないと書けないんですよ。この乗換駅の通路はどうなっているんだろう?この位置に座ると景色がどのように見えるだろう?この角を曲がると路地は上り坂になるんだろうか?それとも階段?果ては、ここに座ったら天井からの光が降り注ぐだろうか?とか考え出したらきりがありません。それはストーリーの展開にまで影響を及ぼします。
 この角の向こうがどうなっているかわからないからこのシーンは没、とか、店の中の画像が無いし、どこにあるのかもわからないから、店内シーンは没、そしてこのお菓子はもう買ってあることにしてしまおうとか、色々と影響が出ます。
 コトリシリーズ(現実世界版)や絵夢シリーズの国内で展開する部分が阪神間が舞台なのは、知識が豊富にあるからにほかなりません(先がカメラを持って取材に行ったこともあります)。またバルセロナや香港が舞台の作品は、そこへ行ったことのある人物(先やリアルコハクですね)が身近にいて、サキが質問攻めにできるからまだ書けているんですね。ポルトは周りにも行ったことのある人が1人もいなかったんですよ。
 メカに関しても同じ事です。サキは乗り物が大好きですが、特に詳しいわけではありません。でもやっぱりこだわるんですよ。主人公を引き立て、世界感にリアリティーを与えてくれますから。エンジンはこの形式を使おうとか、スタイルはこれをモデルにしようとか、アイデアは出てきますが、詳しくないのでここで先の知識と感性が役に立つのです。メカニックな小道具や大道具は、2人のこだわりが合わさって登場しているのです。
 さらに現実世界に存在する様々な仕組み(大きな物から小さな物までありますが)を理解し、ミスの無いように物語に取り込むことはもっと難しいです。仮想世界ではその部分をある程度自分で設定できるという強みがあります。仮想世界でも現実世界にある同じような仕組みをある程度勉強し研究しますが、細かい部分は新たに設定を組み立ててクリアすることができますからね。

 ということで、サキが設定にこだわる部分はそこ(世界感)なんですね。
 こだわりが過ぎてウザくなっている事もあると思ってはいるのですが、やっぱりやめられません。
 サキはリアルな舞台装置を3次元構成で頭の中に描いて、そこにキャラクターを置き、行動させながら物語を展開します。キャラクターを俯瞰で見下ろしたり、時には入り込んで、辺りの風景や自分の感覚で疑似的に捉えながら、自分がそこで生活しているようのです。それは現実世界でも仮想世界でも同じです。ですから構成が自由自在にできる仮想世界の方が自分の思い通りに展開できて楽しいのだと思います。
 でもね、一から全てを自分で考え出すというのはそれはそれなりに時間がかかりますし大変です。そして矛盾を生じさせないようにするのは難しいです。でもでも、それはそれで楽しかったりするんですよね。あーでもない、こーでもないと考えを巡らせるのは、苦しさもありますが楽しいことなのです。
 なんといっても、サキのお気に入りの主人公の人生を送らせることのできる空間なのですから。そう考えれば、サキが最もこだわっているのは物語の主人公なのかもしれないですね。

見せてねたらこ

コンコンドアがノックされた。廊下は騒がしいから聞こえ辛かったが確かにノックの音だ。
 ミクはソファーから飛び起き、「ジョゼ?」ドアに向かって声をかけた。
「私です。絵夢です」ドアの外から声がする。
「絵夢!?」ミクは飛び上がるようにソファーから起き上がるとドアを開けた。
「ミク!」ドアを開けたとたん絵夢が飛Amway安利び込んできた。そしてそのままミクを抱きしめると「素敵だったよ」と言った。
「ありがとう」ミクも絵夢の体に手を回して答えた。
 絵夢は暫くの間ミクの存在を確認するように抱擁を続けてから、両肩に手を置いて体を離した。
「待ちきれなくて来ちゃった」絵夢はミクの目をじっと見つめて微笑んだ。
「この公演には来れないって」ミクは驚きを隠せない。
「だから、待ちきれなくって無理やりスケジュール変更をねじ込んだの。黒磯と山本には怒られたけどいつもの事ね。なんとかしてくれたわ」
「そんな」また無理をさせてしまった?ミクの言葉は続かない。
「大丈夫、ちゃんと穴埋めはできるAmway呃人から。心配しなくていい」絵夢は視線を強くしてミクの顔を覗きこんだ。「そんなことより喉の調子はどう?」
「大丈夫、調子はとてもいいの。気を使わずに歌えるのが、こんなに素晴らしい事だなんて、いままで思いもしなかった」
「よかった」絵夢は顔を緩めた。「歌声にもそれが表れていたわ。あなたはとても素敵だった。歌も演技もとても輝いていた」
「絵夢のおかげだよ」
「ううん。そんなことはない。あなたの実力よ。私はちょっと手伝っただけ」
「でも、絵夢に助けてもらわなかったら」
「そんなことを考えなくていい。私はあなたが活躍出来てとても嬉しい。こんなこと言ったらなんだけど、あなたは私が想像していたよりずっと豊かな才能を持っている。だからあなたの復活を手伝うことが出来てよかった。本当にそう思ってる。それにこれは私の仕事でもあるの。だからそんなこと、考えなくていい」
「でも」
「考えなくていいの!」絵夢の視線はいっそう強くなった。
「うん」ミクは不承不承返事をした。
 それを感じたのか絵夢はもう一度ミクをしっかりと抱きしめた。
「来てくれてありがとう」ミクは絵夢の耳元で言った。
「どういたしまして」絵夢は優しく答えてから急に話題を変えた。「さっき、ジョゼって言ったわよね?」
「」ミクの顔は少し赤くなる。
「公演に招待したの?」
「うん。今日の舞台を見せたの。舞台がはこを安利傳銷尋ねてくることになってるんだけど」
「だけど?」絵夢はミクの顔を覗きこんだ。
「まだやってこない」ミクは仕方が無いという風に答えた。
「そう」絵夢は少しの間思案するように間を開けた。
「どうしたの?」ミクは心配になって聞いた。
「ということは、私はお邪魔ってわけね」
「そんな、邪魔だなんて」
「でもそろそろ退散するわ。ミクの舞台はたっぷりもらったし、こうして話もできたから少し安心できた。それに、実は今日は無理を言ったからそんなに時間が無いの。会えて嬉しかった。次の公演を楽しみにしているわね」
「もう帰るの?」

手も分が歯痒く足

急にそんな事を言いだす俺をその目から零れそうな大きな瞳で声無く見る
そんな貴女に俺は言った
「恐らく警護の者はもう暫く参りませんから…」
床に座ったままの貴女の顔に椅子Pretty Renew 旺角に座ったままの俺の顔を少しずつ寄せる

「…から、何?」
貴女はこの後俺が何を言うのか分かっている筈だ
だから頬の色が薄い色から濃い色に変わる
「今宵も此処に『約束』が欲しいのですが…」
人差し指で自分の頬を触る

「ねぇ、貴方ってこんなに甘えん坊だった?」
「たまの事です。お許しください。」
そんな事言いながらまた何時ものいたずらっ子みたいな顔を見せる
「ホントにたまになのかしら…?まぁ、良いわ、明日も必ず来てね。この部屋で待ってるから。」
そうして立ち膝して、『此処に』って言う頬に軽くキスをした

貴方はとても嬉しそうに笑う。

私と貴方、今回『お仕置き』を受Pretty Renew 美容けたような一週間だった

本当に、誰からの『お仕置き』だったのか分からないけど、そのお陰で私と貴方の距離は物凄く縮まったように思う
まさか、攫って連れて来られたあの時、貴方とこんな関係になるなんて思って無かった。
こんなに貴方の事が好きになるなんて思わなかった…

「そうよ。だって私、貴方の事が好きだもの。貴方が居ないと不安で、心配で…」

あの方がこれ程ハッキリ言われるとは思わなかった。
その瞳には何かを決めた色を映し出していてきらきらと輝いて見える

この方は続けて言われる

「貴方は強いけど、それでも貴方が怪我するのは嫌。身体の怪我も心の怪我もどっちも。だから今回本当に胸が締め付けられるように痛かった…それが私に対する『お仕置き』だったのよ」

何時も明るく朗らかで、毎日何か楽しい事を探しながら生きている様なこの方がこれ程自分の事を思って居た等と今の今まで思ってもみなかった。

今回の騒動の最中、チュンソクが俺に言っていた事が有る。

『医仙様は恐らくテジャンの事が御心配で目の下に隈を…。ただそう、はっきりとは仰りませんが…』
それを聞いたあの時、もしかして…と甘い気持ちを抱いた。

そして、その時から俺の気持ち眼紋は溢れ出し、止まらなくなった。
自分自身、認めなければ…
とにかく貴女の無事な姿を見なければ気が気で無かった

そう、本当ならあの女の首に当てた刃先も思いっきり引いてやりたかった。

そして、のうのうと王様の前で座って今回の件の話し合いに出てきているあの男の顔を見ているだけで本当に虫唾が走っていた…
目の前に首謀者がいるにも拘らずも出ない…そんな自て俺は手を力一杯握った。

この方にはこの掌は見せられまい。

きっと気にする…爪の痕がくっきり付くほど握り締め、流血している掌等見せたら貴女の事、『何故、どうして、』と聞くだろう。
それに対する答えを正直に貴女に言ったらきっとまたその胸

うと思ったれ

お客様のご対応をせんといかんのである。それと、会社の車の管理。

暇ボケ、ジャズボケ親父に勤まるのかしら? ね。

一日、七十件のメールに速答していた「あの親父」は、今、何処へ? お客様のお問い合わせに二秒後に返信していた「彼」は、今、何処へ? なんだか、懐かしいのだよねぇー水解蛋白っても、やっぱ、現役じゃなくなっちゃったサラリーマンも、なんとなく哀愁が漂う。はい、わたくしです。

今朝、8時半ぐらいに台所の雨戸を開けた。朝日の綺麗なこと! グラビア写真みたいな色。12月とは思えない。朝日を浴びる向かいの家々が実に美しい。それから、真っ青な空。冬のフランスの遅い夜明け間際に、こんな美しい光景。溜息。

今年が良い年だったのか? 私にとって、と限定してみると、良く分からない。私ぐらいの年になると、大きな変化はない。なんか健康で平穏であれば、=良い年。うん、十分であろう。そして、新年の決意。これも、特にはない。毎年、同じである。ピアノ演奏の進化、以上。確かに、ピアノの技術はかなり蓄積されて来ている。けれど、音楽、特に、なのかも知れないけれど、ジャズにはノリ、リズム、スイングと練習しても身に付かない要素が多いから、黙々とテクニックコレクションをしても、「それが、どう出てくるのか」、これが鍵になる。一歩間違水解蛋白えると、テクニック前面芋という恐ろしい演奏になる可能性も高いから、もう、人生自体、スイングしていないといけないという厳しい掟があるのだ。と、わたくしのブログ記事が、やや、アホで
あっても、このような厳しい掟の中で生きているからである、というのは半分、嘘。

先日、パソコンで調べもの。どうしてなのか、その勢いで、私の小説十作目。ブログの総タイトルと同じ「ピアノは私だ」。この最終原稿を開いてしまった。十ページぐらい読んだ。そして、その無意味振りに、私自身が仰け反った! このとんでもない、ちょっと手前味噌なのだけれど、わざと流麗な随筆文体を駆使しつつ、その内容のノンセンス振りは、凄いっ! この原稿、二年前に集英社に送って相手にされなかったのだ。別に構わない。なんか、出版してくれるところ、もう一度、探そほど無意味な小説は、ジャズ菌メビウス菌に侵された脳高速人間にしか書けないのだ。これが自宅のダンボール箱へ。これは残念至極。皆、絶対に元気になるはずだ。なんちゅう、アホなのだ、この作者は? と、全員、自分の優位がはっきりするし、わっわっわっ、こいつガイキチ(きちがい)じゃん、と、皆、安心するはずだ。反面小説になるのだ。

と、ほざき捲くった更新狂ブロガー三年目(以上)。記事も千を超えたから、裕千吉。

いやぁー、本当に片手の指で収まる読母乳餵哺者様方。毎々のお付き合い。深ぶかとお辞儀です。
皆さん、良いお年をお迎え下さい。


幕末~明治頃になると本家の争奪戦ではないだろうが、四条眞流などを名乗る新派が旗を揚げたという。いずれも四条流の本家から派生した流派らしい。包丁式は明治維新まで全国で行われ、高家神社でも四條公の本流を汲む古法を継承されているようだ。時を捲き戻せば「後鳥羽上皇」の命に端を発した往年の著名鍛冶刀工の時代がある。江戸時代には陶磁器など焼き物の世界でも各藩が自慢のお庭窯きなど殿様の趣味と腕を披露する華やかな時代があった。

のない激し

きわめて個人的な小説である。世界の終りが自伝的であるというのと同じ意味あいで、fスコットフィッツジェラルドの夜はやさしとグレートギャツビイが僕にとって個人的な小説であるというの臉部肌膚と同じ意味あいで、個人的な小説である。たぶんそれはある種のセンティメントの問題であろう。僕という人間が好まれたり好まれなかったりするように、この小説もやはり好まれたり好まれなか

「ねえワタナベ君、私とあれやろうよ」と弾き終わったあとでレイコが小さな声で言った。

「不思議ですね」と僕は言った。「僕も同じこと考えてたんです」

カーテンを閉めた暗い部屋の中で僕とレイコさんは本当にあたり前のことのように抱きあい、お互いの体を求めあった。僕は彼女のシャツを脱がせ、下着をとった。

「ねえ、私けっこう不思議な人生送ってきたけど、十九歳年下の男の子にパンツ脱がされることになると思いもしなかったわね」とレイコさんは言った。

「じゃあ自分で脱ぎますか」と僕は言った。

「いいわよ、脱がせて」と彼女は個人化護膚言った。「でも私しわだらけだからがっかりしないでよ」

「僕、レイコさんのしわ好きですよ」

「泣けるわね」とレイコさんは小さな声で言った。

僕は彼女のいろんな部分に唇をつけ、しわがあるとそこを舌でなぞった。そして少女のような薄い**に手をあて、乳首をやわらかく噛み、あたたかく湿ったヴァギナに指をあててゆっくりと動かした。

「ねえ、ワタナベ君」とレイコさんが僕の耳もとで言った。「そこ違うわよ。それただのしわよ」

「こういうときにも冗談しか言えないんですか」と僕はあきれて言った。

「ごめんなさい」とレイコさんは言った。「怖いのよ、私。もうずっとこれやってないから。なんだか十七の女の子が男の子の下宿に遊びに行ったら裸にされちゃったみたいな気分よ」

「ほんとうに十七の女の子を犯してるみたいな気分ですよ」

僕はそのしわの中に指を入れ、首筋から耳にかけて口づけし、乳首をつまんだ。そして彼女の息づかいが激しくなって喉が小さく震えはじめると僕はそのほっそりとした脚を広げてゆっくりと中に入った。

「ねえ、大丈夫よね、妊娠しないようにしてくれるわよね」とレイコさんは小さな声で僕に訊いた。「この年で妊娠すると恥かしいから」

「大丈夫ですよ。安心して」と僕は言った。

ペニスを奥まで入れると、彼女は体を震わせてため息をついた。僕は彼女の背中をやさしくさするように撫でながらペニスを何度か動かして、そして何の予兆もなく突然射精した。それは改善皮膚押しとどめようい射精だった。僕は彼女にしがみついたまま、そのあたたかみの中に何度も精液を注いだ。

「すみません。我慢できなかったんです」と僕は言った。

「馬鹿ねえ、そんなこと考えなくてもいいの」とレイコさんは僕のお尻を叩きながら言った。「いつもそんなこと考えながら女の子とやってるの」

「まあ、そうですね」

等待所有的有緣人們

“人生能有幾個五十年,我一定要來。”鄧歐蕙蘭女士,如此堅定地表示著。

短短的一句話,道盡了所有慈濟人的共同心聲。淩晨三點鐘不到,她就從高雄六龜摸黑出發,開了一個多小時的路程,前來高雄靜思堂,參加慈濟五十周年的朝山活動……

淩晨的三點半,大地萬籟俱寂,此時的高雄靜思堂,卻已燈火通明。對映於這周遭依然一片黝黑的環境裏,此一淚溝價錢鮮明的場景,顯得格外的醒目。

農曆的三月二十四日,正是慈濟的生日,每年的這一天,臺灣各地以及海外地區的慈濟人,都會以朝山活動的方式來慶祝,只是朝山的方式和規模的大小有別而已。今年(2016)似乎更為隆重,因為這是慈濟成立五十周年的日子,而它也正在四月三十日這一天,輕巧地揭開了慈濟邁入第五十一個年頭的序幕。

走過時空半世紀,慈濟五十知天命;見證世間苦難相,出泥蓮花綻芬芳。回眸1966年,證嚴法師在花蓮成立“佛教克難慈濟功德會”,三十位家庭主婦,每天在到市場買菜之前,以節省五毛買菜錢存入竹筒的方式,克難地開展了慈濟“竹筒歲月”濟貧工作的先河。

此一集合眾人之力的濟貧方式,真可謂是粒米成籮、滴水成河。只是當時誰也沒有想到,這個身處臺灣後山(東部)、中央酒店式住宅套房山脈山腳下的“靜思精舍”,竟然能夠在五十年之後,成為足跡踏遍世界五大洲、九十幾個國家地區的慈善團體。立足臺灣,宏觀世界,慈濟就如同觀世音菩薩一般,聞聲救苦、循聲救難。

穹蒼月明星稀,講經堂繁星閃爍,清晨四時許,高雄靜思堂內晨鐘三響,劃破靜寂清澄的夜空,餘音嫋繞回蕩於天際。在〈爐香贊〉、〈贊佛偈〉的禮贊聲之後,慈濟五十周年的的朝山活動,於焉正式展開。

聲聲佛號,步步虔誠,在“南無本師釋迦牟尼佛”佛號聲中,藉由三步一拜、一拜一磕頭的儀軌中,洗滌內心的積垢與煩憂。在東、西法華坡道和穿堂的三條動線導引下,朝山隊伍緩緩向前邁進,慢慢進入三樓莊嚴的講經堂。時空靜寂,人心清澄,虔誠一意,朝山滌垢。

這是一場殊勝的法會,在這慈濟邁入五十一年的第一天,一千零一十三位朝山人士,二百八十位慈濟志工,乘著清晨的漫漫夜色,湧現於高雄靜思堂。從黑夜到黎明,從星光閃爍到晨曦普照,迤邐綿延的朝山隊伍,已為這網路購物分慈濟殊勝的因緣,做了最佳的歷史見證。

證嚴法師期勉所有人,人間有形者,無不是“有為法”,這些有為合成的物品,都有著無窮的真理存在,此即是所謂的“無為法”。從宇宙無始以來,這些道理就已經存在,存乎於山林大地之間,猶如大山蘊藏無盡的礦產寶藏一般,,靜心體會、細細琢磨。

因為刻骨的最初

她告訴他,希望他戒煙,希望他能洗掉紋身。他答應了下來,也感覺這是應該為她做的。於是他努力戒煙,從一天一盒到了一天兩支,在之後每次去見她的時候,都是換一身剛洗過的衣服,噴些香水,遮掩一下煙味。也在每天跟她說著自己的戒煙情況。他去打聽了洗紋香港廣東澳門遊身的價格,有些灰心了。平時的消費都已經不夠,再加上身心疲憊的工作,讓他即將要戒掉的煙癮也開始發作。於是他辭職了,他告訴了她,她只知道工作讓他受到委屈,她沒有反對。只是開始抱怨他沒有洗掉紋身,沒有戒掉煙,開始慢慢的傷心。而她卻不知道,他現在一天只吃一頓飯,抽的煙多數是之前剩下來的煙頭。他知道這樣下去不是辦法,開始聯繫朋友,去幹一些不平穩的工作,去盯車,去盯人,去看工地。偶爾賺個外快,沒有錢的時候,就只好去朋友那裏蹭一頓。

敷敷衍衍的過了一段時間,溫度逐漸升高,他偶然的說了一句他沒有衣服穿了,而她只是問了他喜歡穿什麼衣服,他告訴了她。沒過幾天,她告訴他,她給他買了衣服,讓他去拿。他去了,衣服有點不適合自己,但是他卻很喜歡。從那以後,她開始給他買一些夏天的衣服,逛街的時候,多數都是在看適合他穿的衣服。他感動著,很珍惜的穿著每一件衣服,但是他卻不知道,她自從跟家裏吵架之後便沒有了零花錢,她為了可以攢下錢,每天都頂著炎炎烈日跑去自己的奶奶家吃午飯,把平時的生活費都省下來。

眼看房租就要到期,他決定先回到家,在去找別的工作。兩個人都無法在見面,但是她卻沒有忘記任何節日,母親節的時候,她托同學把買的禮物送到了他家。她告訴他,母親節禮物,一式兩份。他不知道,她為了這一份母親節禮物,偷偷的請假,頂著驕陽,幾乎逛遍修護精華液了市里所有的商店。他只是很感動,也開始慢慢的怪自己無能,有些墮落了起來。他知道他到現在為止,一份像樣的禮物都沒有送過,甚至連最基本的紋身跟戒煙都沒有做到。而她做的一切,被她的朋友看在了眼裏,時常在她的耳邊說著一些,連禮物都沒送過一類的話語。讓她開始慢慢的傷心起來,有了些許精神壓力。

他開始慢慢的變得內疚,有了虧欠的感覺,她也開始心煩意亂了起來。她放假,他去找她。依舊是偷偷的去了她的家裏,他抱住了她,卻被她一把推開。她告訴他,她不喜歡他身上的煙味,不想看到他。她與他第一次吵架,他喝酒過敏,卻因為吵架喝起了酒,他發短信告訴她,想跟她重新開始。她放不下這段感情,同意了。

她如往常一樣,會給他送一些禮物,他依舊沒有送什麽禮物給她。她身邊的輿論越來越多,她家裏知道的事情也越來越多,讓她越來越壓抑。

七夕前夕,她為他去學做巧克力,他也在精心準備著,想要給她一份驚喜,想要讓她身邊的人都看到他對她的感情。然而就在七夕的前幾天,她突然提出與他分手,他不知道為什麽。她也沒有告訴他具體的原因,只是說完之後便關機了。他打不通她的電話,瘋了一樣,拿起托人從網上訂的甜甜私房貓,那是很喜歡的一款毛絨玩具。他打車直奔她家,他知道自己無法進去,因為這已經是深夜,但還是去了。

從她期待為他偷開一扇門,到他期待為他偷開一扇門,或許是太在意了這扇門。

在以後的日子裏,他從沒有停止過對她的想念,她送的東西,他完完全全的保存著。直到現在已經過了千百個日夜。有人說,思念是一份煎熬,而他卻是願意用這份煎熬來面對自己的愛。

她起初對他說過這樣一句話:我不懂怎樣去愛一個人,但是我會盡我所能對你好。或許是因為結束,令他更清晰的,伴隨了他的每個夢境。

儘管已經各自開始了新的生活,但是他依稀記得她想要一場求婚,那也是他想給的。直到現在,他依舊為了這場求婚整形外科努力著,卻不再是為了能在一起,可以廝守,也不是為了能再次燃起這段感情,流傳一段佳話。而是因為,那是起初她想要的,至此他還愛著。

幸福就在拐角處

不知道陽光需要經歷多少次折射才會變得柔和,也不懂街陌小巷需要多久才能溢出歲月的陳香?不敢去期待紅塵的最後是否了無牽掛,但我知道,匆匆歸家的人給了眾生一個響亮的耳光。一生所求,不過也是匆匆的歸家罷了。

其實最美的月光永遠不是皎潔如玉香港小學數學練習題盤的滿月,而是將滿未滿的殘月,那樣,至少還有期待,還有一些莫名的嚮往。

有多久沒有停下來過?有多久沒有讓自己安歇?大概從匆匆的來到世間,我們都再也沒有真正的安靜過了吧。還記得那時的夏天麼?安靜的夜晚只有清脆的蟲鳴,天空也是點點繁星閃爍。路過一片夜晚的樹林,安靜的放出自己的靈魂,開始傾聽。

歲月的路上我們不敢與自己對視,紅塵的羈絆也讓我們心有戚戚,你又如何去抉擇那些回憶裏的清晰?路在自己的腳下就好像是終點,抬腿的瞬間又看見了新的步伐,你又如何停留?

一杯老酒其實永遠都承載不了時光裏的故事,你一路匆匆的拾取,終究裝滿了自己的行囊,以至於你步伐也顯得沉重。偶爾抗衰老科研的停留,未必是為了更匆忙的走,只是背負的故事太多也該稍作清理了。一把雨傘撐開在晴朗的天空
 
  明白的故事,也不過一場宿命  
人生沒有彩排,命運不可自主選擇。短暫的一生,在時間的撞擊中慢慢消耗待盡。我們在生活裏跌跌撞撞,嘗盡了酸甜苦辣,看到的卻是疲憊不堪的自己。如果能調整心態,變換生活方式,也許會有意想不到的效果,心裏也就沒那麼苦。
  
  有人說,人生之難勝過逆水行舟。其實,人生的差異在於你的思想感觀和明智選擇。如果,每天給自己一個希望,學會處事淡然,豁達開朗,時刻讓自己的內心綻放微笑,縱觀社會,橫看人生,,等你來摘。
  
  我,生活在人生平臺的夾層裏,用思維的氣泡幻想著美麗的光影,用渴求的目光仰望那最高處。誘惑力像魔咒,在強大的壓力下,羡慕、嫉妒、恨,成為瘋狂的魔鬼。那沒日沒夜的揣摩,促使我從一個弱女子變成女強盜。我開始肆無忌憚地掠奪所有的財富,看得見的,看不見的,夠得著的,還有夠不著的。攪盡腦汁,耗盡所有的能量,哪怕粉願景村 退費身碎骨都在所不辭。正當我高傲不遜,得意忘行時,卻渾然不覺,我卻偏離了人生軌道,差點被突如其來的海潮淹死。
  

假如可以重新選擇

在時間的長河裏,有些是會被逐漸的淡忘,有些事卻再想甩也甩不了,,假如,那只是假如,正像有一句話說,選擇了一條路,就再也不能回頭了……假如我是一顆石子,一顆路邊再也普通不過的石子。我從哪里來?我從一顆大石頭上來。他因為路邊飛濺的泥沙和大自p2數學補習然的風吹雨打,終於有一天,我從他身上脫落下來,我便誕生了。

我只是路邊一顆普普通通的石子,看著地上的泥土,想到自己終將也會也會因為風化,變成泥土;看著泥土上開著的花,多麼高貴,多麼美麗,我要是也像它一樣該多好。我呢,哪怕長一根草,恐怕人們也只會讚揚小草頑強的生命力,卻忘了我。

有一天,一位打扮高貴的女士從這條路上經過,她停下來欣賞美麗的花朵,卻踩在我身上,我沒有抱怨,她卻說:“哦!多麼討厭的石子,它硌傷了我新買的鞋子!”說著,就把我扔到了路邊,在那一瞬間,我看到她手上戴著一個閃閃發亮的東西。我問了旁邊的小草,小草說包包面那是鑽石,是石頭裏最高貴的了!人們只要看見它,就會愛不釋手的!如果你是鑽石,就不用在這裏忍受侮辱了。

“假如我是鑽石,就不用呆在路邊了,人們會把我珍藏,切割、打磨、拋光,最後成為只有高貴人士才能戴的鑽石!我將是宴會上最耀眼的明星??????”想著想著,我就被一臺大家夥抬上了汽車,我想:這難道就是我成為鑽石的第一步嗎?

到了城市,我沒有進入切割鑽石的工廠,而是進入了骯髒、噁心的攪拌機,和黑乎乎的、散發著惡臭的瀝青混合在一起,通過高溫加熱,我們都融合在了一起。然後就到了人滿為患的大街上,工人們把我們粗暴的用壓路機壓在地上,和大地融合在了一起。每天忍受車來車往和行人的踐踏,我想,這應該就是我的職責了。

這個城市可以缺少一個石子,但我不能缺少是這個城市。如果沒有城市、瀝青和其他石子我可能已經不知道在哪了。我雖然美麗華評價不是鑽石,只是馬路上一顆普通的石子,但是,我已經實現我的全部價值了,恐怕鑽石也沒有吧!江南春

我本一書生,愚昧又傻笨。不會弄巧言,不會把媚獻。遊在天地間,一天又一天。轉眼四十年,功名難以來。因為無貴人,落魄蓬篙間。

我本一書生,總是鐵骨錚。不想低眉眼,不願人可憐。平生好孟子,貧賤卻修身。不做缺德事,不賺昧心錢。

遠離了殘留孤寂

前不久還冰封的奎河水面,已經是碧波蕩漾,有幾艘小船順水飄蕩,那樣的閒適,那樣的悠然自得。

來到這幽靜的河畔,人們都會想起兩位捨己救人的英雄青年,為了挽救落入冰窟的行人,分別獻出了年青的生命和負傷。當保嬰丹地領導授予他們見義勇為模範人物,成千上萬的居民自發地為英雄送最後一程,英雄的事蹟感天動地。從此,美麗的奎屯河,又多了一抹美麗和感動,那就是無私和忘我。

沿著河道的北岸望去,視野裏已經呈現了一片片淺淺的綠意,除了楊柳,常青,月季默然吐綠外,那些不曾叫起名字的花草,也漸漸地吐出新芽。在春風的呼喚下,數日再來,就一定會成就一片淺淺綠茵,把這風景區裝點著春意盎然,分外絢爛。

亭臺上,一言不語默默曬太陽的老人,河畔幽靜處的垂釣者,是最有耐心與春日相伴的。晌午時分,竟沒有回家的意向。沐浴著保嬰丹陽光的溫暖,春也就斷然入駐心田,。

二月,是“二月蘭”開花的季節,“二月蘭”,是一種常見的野花。花朵不大,紫白相間。花形和顏色,都沒有什麼特異之處。如果只有一兩棵,在百花叢中,決不會引起任何人的注意。但是“二月蘭”,卻以多制勝,每到春天,和風一吹拂,便綻開了小花;最初只有一朵,兩朵,幾朵。但是一轉眼,在一夜間,就能變成百朵,千朵,萬朵,大有淩駕百花之上的勢頭了。

春寒料峭的二月,“二月蘭”,在春風浩蕩中,綻開著蘭紫色的或者是淡紅色的小花,那青綠色的莖葉,心形的葉片,與花兒的色調搭配得鮮明突出、渾然天成……“二月蘭”的花枝,是自下而上開放的,如同“芝麻開花節節高”。“二月蘭”,耐寒性強,每到冬季,綠葉鋪地,煞是好看。

“二月蘭”,無處不在,隨處可見。宅旁,籬下,林中,山頭,土坡,湖邊,只要有空隙的地方,都是一團紫氣,間以白霧,小花開得淋漓盡致,氣勢非凡,紫氣直沖雲霄。

筆者在迷離恍惚中,忽然發現“二月蘭”爬上了樹,有的已經爬上了樹頂,有的正在努力攀登,連喘氣的聲音,似乎都能聽到。這一驚可真不小:莫非“二月蘭”真成了精。再定睛一看,原來是蘭叢中余仁生保嬰丹一些藤蘿,也正在開著花,花的顏色同“二月蘭”一模一樣,所差的就僅僅只缺少那一團白霧。實在覺得這個幻覺非常有趣,帶著清醒的意識,仔細觀察起來:除了花形之外,顏色真是一般無二。

沐浴在陽光下的人們

踏著高考的硝煙,彌漫,煙散人亦散,總以為畢業遙遙無期,轉眼就各奔東西,太多的留戀,太多的不舍,但人生就像一場音樂會,旋律再美,也有曲終人散時。

往事,曆曆在目,多少次破曉晨讀,千白回秉燭夜戰,平淡的生活滋養了少有的耐心和沉穩,穿過黑色六月俄重圍,收到鑽石能量水心儀好久,朝思暮想的一紙通知,沒有插花遊街馬蹄輕疾的旺狂,內心卻膨脹著無與言傳的欣喜。

掃去落寞與仿徨,攜手幻想,來到向往的殿堂,如煙似夢般嬌美,清雅優揚,晨間,細數葉上露珠,空間飄飛著沁人心脾的桂香,漫步在綠樹掩映的校園,茵草青翠,雨後的空氣,夾雜泥土與花香的氣息,不留心,耳畔響起滴滴鳥語,清脆悅耳。

不由得想起昨夕居家的自歎,望著雨自天垂,落房擊窗,打青竹,悲吟,未逢夜雨連漸柔,重遇悴人獨鑽石能量水賞悄點愁,掩心緒,遮悲秋,舞飛韻窗添韶秀,爾今,卻是另番清華,剝落昨日的憂愁,散卻記憶的塵埃,張揚明媚的青春。

是誰說,成熟不是人的心變老,是淚在眼眶打轉,卻還能微笑,收拾起簡單的行囊,來到陌生的地方,不再是熟悉的面孔,不再是熟悉的鄉音,夜深人靜了,家,敏感的字眼,所有的堅強和隱忍,頃刻瓦解,胸口有什麼堵了,但是,淚卻緩緩流回心底,不曾溢出…

望望天,皓月當空,發出幽幽的寒光,同來望月人何處,風景依稀似去年,月圓,人不圓,它盡灑它的皎潔,我漫揮我鑽石能量水的孤單,突然,想起了卡夫卡,那位蒼白瘦削的作家,他不喜歡陽光,在黑暗中,繪出筆不可及的神傷…

で商いを憶えさ

「ごめんなさいよ、裏口から逃げちまった、あんな我儘な女ではなかったのだけどね、代わりにもっと若い娘にお相手をさせるので、堪忍してくださいな」
   「要らない、俺は小万の亭主なのだ、遊びに来たのではない」
 弥太八と辰吉は旅籠を飛び出して裏口に回ったが、どこに隠れたのか、小万の姿は無かった。
   「きっと、関へ戻る積りだろう、俺も関へ行く、なに俺が先回りすることになっても、あのボロ家で隠れて待っていてやるさ、小万は筵で囲ってでも生きていけると言ったのだ、必ずあの家に戻ってくる」
 弥太八は、辰吉に頭を下げた。
   「俺は喧嘩の上、人を死なせてしまったので関には住めないのだ、小万を見付けたら大坂へもどる、何時になるかわからないので、俺より先に大坂へ戻ったら、店の番頭さんに伝えてくれ」
   「そうか、わかった、俺が全部用を終えたら、帰りに関へ覗きにいきますぜ、もしその時弥太八さんがやくざに戻っていたら、俺はお前さんを番所に突き出してやる、いいか覚えておけよ」
   「俺がまだ小万を掴まえられていなかったら?」
   「俺も弥太八さんと共に、小万姐さんを探すさ」
 辰吉は、親父の店のことなど眼中になく、本気で探す積りである。
   「いつか俺が弥太八さんと小万さんの祝言を挙げてやる」
   「そうかい、有難う、何だか倅に言われているようで、泣けてくるよ」
   「弥太八さん、涙脆いのだねぇ」
   「歳の所為でしょうかねぇ」

 もう一度弥太八に付いて関へ行くという辰吉だったが、「俺は大丈夫だ」と言う弥太八と別れて、辰吉は信州に向かった。
   「あいつ、小万さんに貰った金を、博打で使い果たすのではないか」
 辰吉は、ちょっと心配であった。小万姐さんが命を賭けて作った金だ。もしそんなことになっていたら、あいつの両腕の骨を折って、博打が出来ないようにしてやると、真剣に考えている辰吉である。

 それから何日か経って、辰吉は信州の緒方三太郎の診療院の門を叩いた。
   「あ、江戸の辰吉さんでしたか」
 出てきたのは、若い医者の三四郎であった。
   「才太郎の様子を見に来ました」
   「才太郎は元気ですよ、もう殆ど治っているので、よく我らの手伝いをしてくれます」
   「よかった、そろそろ大坂へ連れていけますか?」
   「えっ、大坂へ連れて行くのですか?」
   「はい、俺の親父の店せ、立派な商人にしてやります」
   「本人がそう言ったのですか?」
   「はい、才太郎もその積りでいるでしょう」
 三四郎医師は、才太郎を呼び寄せた。
   「江戸の辰吉さんだ、おいらの命を助けてくれて、有難うございました、もう大丈夫です」
   「そうかい、それは良かったなぁ、もうすぐ、大坂へ行けるぞ」
   「大坂へ行くのですか?」
   「当たり前だろう、大坂へ行って立派な商人になるのだ」
   「いえ、おいらはここに居て、三四郎先生や、佐助先生のような立派な医者になります」

さんも嬉しいのです

「新さん、早いけど温泉に入りたいからここで泊まる」
   「宿場ごとに泊まっていますね」
   「江戸まで五十三日かかるのやろ」
   「まあ、いいでしょう」
 宿の中には温泉が無くて、外湯だと言う。夕食まで時間がたっぷりあるので、宿で手拭いを借りて温泉に行くことにした。
   「おっちゃん、風呂賃辦公室傢俬なんぼや」
   「大人は四十文、子供は二十文です」
   「ほんなら、二十文払います」
   「ぼん、お連れさんは何処です」
   「わい、独りや」
   「お連れさんなしでは、大人と同じ四十文です」
   「なんや、高いなあ、出直してくるわ」
 暫くすると、三太は若い女に手を引かれて、女湯に入ってきた。
   「わい、お姉ちゃんと一緒やから二十文でええのやろ」

   「ありがとう」三太の分も入っている。
   「それでしたら、一個十文で作らせてもらいましょう」
 三太は驚いた。
   「高いなあ、四個で四十文ですか」
 旦那はちょっと「むっ」としたようだった。
   「それで気に入らないなら、他所へいってください」
   「払いますがな、それに水を付けてか」
   「それなら、水を竹筒に幼兒 數學いれて、これも十文です」
 足元を見やがってと、三太はかなり頭にきていたが、空き地で待つ子供のことを考えて、おとなしく五十文を払った。おにぎりを受け取って帰り際、三太は振り返って、
   「薄情者、お前ら死んだら地獄落ちや」
 と、悪態をついた。
   「旦那さん、あいつ、あんなことを言って行きました、店の前に塩を撒いておきましょうか?」

   「へえー、お前さんはたいした男だ、何と言って返させたのか知りたいものだ」
 祥太郎は笑っていた。
   「勘定方の倅ですから、お金のことは少し知っています」
   「婆さん、こんな頼りになる息子が居たら、どんなに心丈夫だろうね」
   「そうですね、でも、そろそろ返してあげなければなりませんよ」
   「芋二本で引き止めて、倅を持った夢まで見させてもらった」
   「本当に楽しい夢でしたね」
   「十二両は、祥太郎さんに持って行って貰おう」
   「はい、今夜は腕に縒りをかけて美味しいものを作りましょう、祥太郎さん、この婆を町まで連れて行ってくれませんか?」
   「お金は要りませんと言ったでしょう、それに私の為に無駄遣いをしないでください」
   「何が無駄なものですか、婆よ」六兵衛も、ニコニコ顔であった。
 祥太郎は、正座をして襟皇室纖形 facialを正し、手を着いて老夫婦に言った。
   「六兵衛さんとおばさんに、お願いがあります」
   「はいはい、何なりと言ってください」

内緒で独り旅に出

次に訪れたのは、神田明神前の菊菱屋政衛門の一人息子政吉の店である。政吉は赤ん坊の時に人攫いに連れ去られ、京の子供が居ない公家夫婦のもとに売られた。後に公家夫婦に実子が誕生したために、「要らなくなった子供を処分してくれ」と頼まれた京極一家の親派遣社員分が激怒し、自分が引き取った。政吉は、京極一家の跡継ぎとして育てられたが、実の親が恋しくて、江戸へ向かって旅をしていた亥之吉に付いて親探しの旅にでる。(シリーズ第三作?「池田の亥之吉」より)

 この菊菱屋には、新平という番頭が居る。彼の母は私娼であった。実の母子であるにも関わらず新平を邪魔者扱いにして、「山犬にでも食われて死ね」と罵られて家を出る。飢えて倒れているところをチビ三太に助けられ、母親の元へ帰るが、「男の子なんか三文の値打ちもない」と、再び罵られる。
 チビ三太は腹を立て、「それならわいが三文で買う」と、母親に三文の銭を投げ、チビ三太と新平は、弥次喜多道Dream beauty pro 好唔好中よろしく仲良く江戸に出て来たのだった。(シリーズ六作?「チビ三太、ふざけ旅」より)

 架空の店名で金を貸し付け、暴力で返済を迫り暴利を貪ったとして闕所になった両替屋の店舗を、亥之吉がお上から買い取り、京橋銀座で雑貨商を開業した。その店を亥之吉は番頭に譲り浪花に戻った。この店は、辰吉が生まれたところで、今も繁盛していた。
   「若旦那、お帰りなさい、よかった、よかった、ご無事で何よりです」
 店の主人は、笑顔で辰吉を迎えてくれた。辰吉は喧嘩に巻き込まれ、相手を死なせてしまい、両親にも、店の者にもてしまったのだった。
 店は、辰吉の知っているのと、まったく変わりなく、お店の衆も誰一人替わっては居なかった。
   「みんなも、心配していたのですよ、なぁ」
 店主が店の衆に同意をもとめると、みんなは笑顔で頷いた。
   「今夜は、若旦那のためにごmask house 面膜馳走を造らせるので、ゆっくりしていってくださいな」
   「実は、大江戸一家で一宿一飯の恩義受けようと思っているのです」
   「何を言っているのですか、ここは若旦那の生家ですよ、私達は若旦那の親兄弟同然ではないですか」

持たぬ頑なさ

もとより、子供たちの意見に耳を傾ける気など毛頭無い浅右衛門は、妻の意見を訊くまでもなく、貫五郎を朱子学塾に通わせることにした。

   「貫五、有難う、こんなにも次々と書鑽石能量水物を借り出して、怪しまれないのか?」
   「俺が勉強する為だと言って許可をとってあるから、何も怪しまれることなぞありません」
   「うん、そうだろうが、書物の内容について質問されたりはしないのか?」
   「されるかも知れませんが、俺の口先で適当に誤魔化しておきます」
   「そうか、せめて私が読んだ書物の内容は、貫五に判り易いように説明するよ」

 貫五郎が思ったように、兄貫十郎は素晴らしい勢いで書物から知識をとり入れていった。塾の師範のように理論ばかりを捏(こ)ねくり回さず、易しい言葉で解るように教えるので、貫五郎は師鑽石能量水範から質問を受けても、的確に答えることが出来た。

 ある日の夕刻、貫五郎は父浅右衛門に呼び寄せられた。
   「貫五、今日、塾の師範と出会ってなぁ、流石は矢野殿のご子息だと、お前のことを褒めていたぞ」
 父は、鼻高々だったと言う。
   「兄上のお陰ですよ」と、貫五郎は言おうとしたが、「何故か」と質問されて説明をするのが面倒であったし、兄もまたそれを望まないだろうと思って止めた。

 貫五郎は、そのことを兄に伝えると、貫十郎は笑っていた。
   「私が勉強出来るのも、貫五のお陰だよ」

 仲の良い兄弟で、生まれてこの方、兄弟喧嘩などしたことが無い。兄は弟を立て、弟は兄を庇い、父の偏った弟贔屓(ひいき)を交わして生きてきた。

   「貫五、明日の朝、父とともに奉行所へ行って貰うので、何時もより早く目を覚ますように」
 父、矢野浅右衛門は貫五郎に言った。
   「何事で御座いますか?」
   「事故で方が付いた事件なのだが、お奉行が疑問をお持ちなのだ」
   「それに私が、どう関わるのですか?」
   「わしらの硬い頭ではどうもあてにはならないと、お奉行様が仰せられたのだ」
   「それなら、兄上が適任です」
   「あいつを連れて行っては、わしは恥をかくだけだ」
   「何てことを仰るのですか、今のわたしは兄上の支えが有ってこそのわたしなのです」
   「とにかく、お奉行は貫五鑽石能量水郎をご指名なのだ、明日はお前を連れて行く」
 父は、貫五郎が何を言おうと聞く耳はである。

 その夜、貫五郎は兄貫十郎に相談した。
   「貫五、行って来なさい、私がノコノコ出向いたのでは、お奉行はがっかりなさるでしょう」
   「わかりました」
   「貫五の後ろにはこの兄が居ます、困ったことがあれば私に任せなさい」
 兄の力強い言葉に、貫五郎は安心したようであった。


 その日は、お奉行も役宅を何時もより早く出られたようで、矢野浅右衛門父子が奉行所の門を潜ったときは、既に控えの座敷で待っていた。

に伝えて欲しいのだ

そんななか、長次の提案で下っ引きの幹太をつけて、右吉の生国へ行ってこさせようと、話が決まった。賢吉も寛太も、大喜びであった。
   「こら、お前たち、遊びに行くのではないぞ」
   「わかっています」
 右吉は、余程心配だったのであろう「忝い」を何度維他命Dも繰り返し、長次に注意をされていた。
   「右近さん、いや右吉、忝いは止しなせぇ」
右吉は、友の名と生国を明かした。友は槌谷一之進、国名は少々遠くて、長次の胸に一抹の不安が過った。

 遊びながら、ふざけ乍らの旅は思っていたよりも短く、何事もなく右吉が仕えていた国に入った。目指すは槌谷一之進の屋敷であるが、余所者の町人がいきなり訪ねて行ったのでは先様の迷惑になるかも知れぬと、賢吉の提案で槌谷の屋敷前で行倒れよろしくへたり込んで家中の者が出てくるのを黙して待った。喋ると余所者とわかり、藩士が通りかかれば桐藤右近の使いだと知れるだろうと用心したのだ。

   「これ町人、槌谷殿の屋敷前で休まず、はやく立ち去れ」
 どうやら、槌谷家に用が有ってきた同僚らしい。賢吉たちを「シッ、シッ」と追い払うと、門を開けさせ、屋敷の中へ消えた。
   「賢吉、今日はまずいぞ、諦めて出直すか」
   「そうですね、どこか近くに貴金屬投資旅籠をとりましょう」
 表札を残念そうに眺め、二人が行きかけると、また侍がやってきた。
   「これ、そこの二人、拙者に何か用か?」
 どうやら、主の帰宅らしい。
   「槌谷一之進さまでございましょうか?」
   「左様、槌谷だが、そなた達は?」
   「はい、桐藤右近さまの使いで江戸から参りました」
   「何、桐藤の使いだと、藤堂は如何致した、無事なのか」
 余程案じていたとみえて、矢継ぎ早に問い質してきた。
   「ご無事で、あるお侍様のお屋敷にいらっしゃいます」
   「ご家来として取り立てられたのか?」
   「いいえ、今は町人の身分で使用人でございます」
   「そうか…」
  槌谷一之進は、それだけ言って絶句した。目に涙を浮かべている。
 
 その夜、賢吉と幹太は旅籠に泊まるつもりでいたが、一之進が「わが屋敷に泊まってくれ」と無理やり引き留められた。恐らく胸につかえている思いを話して、それとなく桐藤右近ろうと、賢吉は察していた。
   「殿が病床で右近のことを気にしておられるのだ」
   「お殿様は、ご病気でしたか」
   「ひと月前に風邪をめされてのう、そのまま枕があがらないのだ」
   「風邪にしては、長すぎますね」
   「そうなのだ、風邪から詩琳どんどんお弱りになって、今では藩医も匙を投げられた」
   「風邪をひかれる前から、お弱かったのですか?」
   「いいや、とてもお元気でおられた」
   「おかしいですね」
   「お前もそう思うか」

ていた古屋を次々と

塾は午前中で終わると言うので、辰吉は子供たちの後ろで待つことにした。子供たちは辰吉が気になるのか、勉強途中に失眠チラチラ後ろを見ていた。この後、子供たちを送って行くと、辰吉のおごりで外食をし、三太の奉公する相模屋長兵衛のお店(たな)へ会いに行った。
   「番頭さん、お客さんだす」
 三太さんに会いたいと言うと、小僧が取り継いでくれた。三太はこのお店の番頭らしい。
   「おや、辰吉坊ちゃん、帰ってきはりましたか」
   「はい、江戸の辰吉、ただ今戻りました」
   「何が江戸の辰吉や、もう旅鴉やあらへん、福島屋辰吉と名乗りなはれ」
   「福島屋辰吉、恥ずかしながらただ今帰って参りました」
   「余計なことは言わんでもよろしい、何が恥ずかしながらやねん」
   「へい」
   「それで、亥之吉旦那に会ってきはりましたのやろな」
   「いえ、まだ」
   「何をしていますのや、真っ先に康泰領隊お父っぁんに顔を見せなはらんか」
   「それが…敷居が高くて」
   「旦那さんも、お絹女将さんも、心配して待っていなはるのに、何が敷居や」
 ようやく、三太は辰吉に連れが居ることに気が付いた。
   「そのお方は?」
 ちょっと三吉を見た三太は、直ぐに気が付いたようであった。
   「三吉先生やおまへんか、やっぱり三吉さんや」
 三吉は頷き、三太は懐かしそうに三吉の手を取った。
   「すっかり大人になりはったが、面影は残っています、やっぱり兄弟ですねぇ、源太さんにそっくりですわ」
 三太は、大坂に帰ってきたとき、真っ先に鷹塾の有った場所に行ってみたそうである。建物は壊されて、土地は草が生え茂り、鷹塾は跡形もなく消えていた。鷹之助の奥方、お鶴の実家に行って塾生であった子供たちのその後の消息を尋ねたが、分からないということであった。
 鷹之助の元で学ぶ源太の元気な消息を伝えようと源太の実家を訪ねてみたが、荒れ果てて人の住む様子はなかった。
   「三吉さん、今ご両親はどこにお住まいですか?」
   「両親は亡くなりました、源太の他にもう一人弟が居ますが、大工の棟梁の元で修業しております」
   「そうでしたか、源太さんに会いましたが、ご両親が亡くなったとは一言も言っておりませんでした…」
   「親父の遺言で、源太には知らせるなと固く止められていましたので…」
   「修業の邪魔になるからでしょうか」
   「そうだと思います」
   「三吉さん、あなたはどうしてここに?」
 三吉は、当時鷹之助の助手をしていたが、鷹之助が信濃へ帰ったあと、意志を受け継いで、鷹塾を再開したこと、借り追脫髮われたこと、地廻りに金を巻き上げられていることなどを三吉に代わり辰吉が代弁した。
   「知っていれば、わいがなんとかしたものを…」
 三太は悔しがった。