救えなかった 自責の念

◇プール死亡1年 保育士「事故と向き合う」
ハーバルビビッド

壮天根
 上京区の認可保育所「せいしん幼児園」のプールで水遊び中の榛葉しんば天翔あもうちゃん(当時4歳)が死亡した事故は30日で発生から1年を迎えた。当時、現場にいた2人の女性保育士のうち1人が、同園を通じて読売新聞に心境を明かした。後悔と自責の念にさいなまれ、保育士を辞めようとも考えたが、「事故と向き合ってほしい」という天翔ちゃんの母親の言葉が自らを動かしているという。母親は「辞めることが責任の取り方ではない」と話している。(楢崎基弘)

 事故は昨年7月30日、同園屋上のプール(長さ約6メートル、幅約2・5メートル)で起きた。京都市の特別監査に基づく調査報告書では、園児約30人がプールに入り、そばには「監視役」の保育士2人がいた。水遊び開始から約30分後、1人が沈んでいる天翔ちゃんを発見。救急搬送されたが、1週間後、低酸素脳症で亡くなった。

 保育士1人はプールを見ていたが、倒れる瞬間は気付かず、もう1人はプールサイドで日誌を書くため目を離していた。事故の約1か月前には国がプール活動に関し指導役とは別に専従の監視役を置くよう求める通知を出していたが、園では全職員に周知されていなかった。

 心境を明かしたのは、このうちの1人。天翔ちゃんを救えなかったことに「申し訳ない気持ちでいっぱいです」と心情を吐露する。当時の園長(66)は職員への安全教育を怠ったとして昨年12月に懲戒免職になり、複数の同僚も退職した。自分も逃げたいと思ったという。

 しかし、昨秋、同園などで天翔ちゃんの母、貴美さん(43)から「天翔が卒園する年になるまではいてほしい」と言われた。子供が好きで選んだ保育士の道。ほかの仕事は考えられなかった。「お母様のお話はとてもありがたかった。絶対に辞めることはできない」と心に誓ったという。

 事故以来、市などの調査や警察の事情聴取に応じている。「安全には気を付けていたつもりで、事故が起きるとは思ってもいなかった」と語る。だが、国の通知の存在は知らなかったという。事故後、目を通したが「なぜもっと早く読んでおけなかったのか」と悔やむ日々という。

 「1年たっても、当時のことを考えると申し訳なさや不安、恐怖で体が動かなくなる。だが、事故の原因究明と再発防止への協力が自分のすべきことです」

 ◇天翔ちゃん母「真相知りたい」

 貴美さんが読売新聞の取材に応じた。「事故は天翔の未来だけでなく、私たちの希望も奪った」。貴美さんと、夫の英樹さん(44)は3月、現場にいた保育士や当時の園長ら4人を業務上過失致死容疑で地検に告訴した。怒りが消えることはないが「事故に最も直面しているのも保育士。『一緒に乗り越えよう』との思いもあった」と複雑な心情を明かす。「事故から逃げず、あのとき何が起きたのか教えて欲しい」と願う。
街頭覇王

アフリカ超人
 両親は4月、園の保護者らとともに、事故の真相究明と再発防止を考える会を設立した。貴美さんは「天翔や事故について語るのはつらいことだが、それをやめると天翔の存在を否定することになる。天翔を思うことが、同じ悲劇を防ぐことになると信じている」と話している。

アジアの平和に…元台湾総統、安保法案を歓迎

来日中の台湾の李登輝元総統(92)は22日、都内の衆院議員会館で講演した。
韓国痩身一号

三體牛鞭
 李氏は非公開の質疑応答で、安全保障関連法案について、「日本が主体的に安全保障に意識を持つことがアジア全体の平和につながる」と述べ、歓迎した。同席者が明らかにした。

 李氏は講演で、1949年の中台分断以降、中国が掲げる「一つの中国」の原則について、「決して同意することはできない」と強調。「『自由』と『民主』を至上の価値とし、日本と手を携えて国際社会に貢献したい」と語った。

 講演は、岸信夫衆院議員らの招請で開かれ、下村文部科学相や古屋圭司前防災相ら国会議員約300人が出席した。

東電「Ponta」導入!!うーん?

これって顧客の囲い込みって言うのかなあ??(笑)
女性用媚薬 ランキング

催情剤
東京電力が料金の支払い額に応じてローソンなどで使える、

「Ponta」のポイントを付与する方針とのことです

たまったポイントはローソンで買い物とかで使えます

まだ方針が決まっただけですが…

ちょっと報告、遅かったので
すでに知っておられる方もおられると思いますが…

もし、そうならば、
どうか聞き流して下さいね!

だけど、
東電料金でPontaポイントがたまるのは嬉しい(笑)^ ^

実質上の料金の値引きになる訳です!

しかし、しかしです!!

電気料金(家庭向け)が原発事故前と比べて

な、なんと、「4割値上げ」しているんです!!

半分近いんです!!

恐ろしい上げ方です!!

庶民は悲鳴をあげ、本当に困ってると思います

「Ponta」導入も、大幅な値上げでの顧客離れを恐れてのことだと…?

冒頭で書いた「囲い込み」ってやつですね(笑)

うーん?改めて原発事故の怖さを思う!

事故後の処理費用に、莫大なお金がかかっているんですね!

お金だけでなく環境汚染も心配です。
粉劑媚薬

ru486
まあ、明るい未来を願って、今日も楽しくいきましょう!!(^ ^)

監督から最後のノック 浦添商、夏ベンチ外選手が試合

浦添商業高校野球部は夏の大会の県予選でベンチ入りしないメンバー29人の試合を、宜野湾市立野球場で6月13日に実施した。メンバーらは試合を終え「今日を引退試合と位置付けるのではなく、これからは応援に精を出したい」などと話し、ベンチ入り選手を激励した。父母は「試合に出られる姿を見られてうれしい」と目を潤ませた。選手たちは試合終了後、監督から最後のノックを受けた。
威哥王

催淫剤
 新里哲平さん(17)は試合を終え「小学生から続けた野球だが、今日は最後の試合になった。夏に引退しても野球人でありたい。夏はメンバーをバックアップしたい」と応援席に向かってあいさつした。

 宮良高雅監督は試合終了後「勝敗が常にある中で、選手たちと過ごした3年間が頭をよぎった。ベンチ入りが20人と決まっているのは酷だが、(今までに)いろんなものが形成されただろう」と話し掛けた。

 今まで部員をサポートしてきた内間安愛(あいと)君(17)の母春野さん(47)は「息子の雄姿を見られてうれしかった。野球部の経験で、いろんな面で強くなったのではないか」と話し、涙を拭った。