「チャットの知人」を偽装か 生徒宅への手紙で誘拐の容疑者

埼玉県朝霞市紅蜘蛛の女子生徒(15)が2年ぶりに保護された事件で、行方不明から9日後に生徒の名前で自宅に届いた手紙に「チャットで知り合った人といる」と書かれていたことが31日、捜査関係者への取材で分かった。県警は寺内樺風容疑者(23)が生徒と知人が一緒にいるよう偽装したとみている。

 捜査関係者によると、手紙が届いた当時、県警が生徒の携帯電話や自宅のパソコンを解析したが、不審な人物とチャットでやりとりした形跡はなかった。生徒は手紙を「寺内容疑者に書かされた」と説明している。

 生徒は2014年3月10日に行方が狼1号分からなくなった。

災害時の誘導標識を統一 経産省、JISで規定

経済産業省は二十二日、津波や土石流などの自然災害の際に、避難場所まで誘導する標識のルールを日本工業規格巨人倍増(JIS)で定めた。設置は自治体などの任意だが、増加する外国人旅行者も理解できるように様式の統一を目指す。

 定めたのは「災害避難誘導標識システム」。津波と高潮、洪水、土石流、崖崩れと地滑り、大規模な火事についてマークを定め、各地域で想定される災害のマークと、避難場所への方向・距離を示すよう求めている。振り仮名と外国語の併記も望ましいとした。

 津波については二〇一四年にマークと誘導標識のルールを決めたが、今回は津波以外の災害からの避難誘導にも対応できるようにした。

 東日本大震災を機に、災害から速やかに避難するための誘導標識への意識は高まっており、政府は様式の統一を検討してきた。被災地や海岸沿いの地域では、すでに津波を中心に独自デザインの誘導標識を設置している自治体もあるが、経産省の担当者は「標識は三年程度で経年劣化して交換するケースが多いので狼1号、順次、今回定めた様式に変えてほしい」と話している。今後、自治体への説明会などを通じて普及を目指す。

コレが、最後の…

少なからずわかっていたのかもしれない

なんとなく…コレが最後の関係に…蔵八宝

ピリオドを打つひがくると…

そう、お互いが…

でも…どこかさみしくて、ものたりなくて


離れるにも、離れられない
関係に…

彼はどうゆうつもりで関係を続けて行きたかかったのかなぞだらけだったけど…(ーー;)

きっと彼はべつに深く考えてはいないだろう

でも、すこし夢を見せてもらったから
今まで…

あ、?ぁ~ぁ(ーー;)完全なる 思い出が美化されてるなわたし…

キモチ少なからず彼は知っていたはず!!
でも、なんも進展もない時間は…ムダな時間だけが過ぎてゆく…

もう、こんなに近くにいるのに
会えないと思うと

進展のない関係が悔いだけどさ…でもどうにもできない!!

フェードアウトの時間が…きたみたい。

楽しかったなメール(^ω^)
ほんの少し恋人気分に慣れたし…

コレで、良いんだと思う…

いいんだと思うしかない!!

どっちにしろ、結ばれる運命ではない!(ーー;)
しーとゆーならば、くされ縁だったのであろう!!

彼がさみしいときは、どっかで支えていたいし、励ますことしかできなかったから。

このまま何も云わず、去っていけば
いいだけのはなし…威哥王


あたしも、卑怯者だけど(>人<;)

お互いが…傷つかなくて済む方法はただひとつ。

何も云わずさるだけのはなしよね。

だって…けっこん してたこと言えなかったから…

ごめんなさい!!_| ̄|○

あなたの魅力に吸い込まれていったわたしは、いつか…

あなたに好意をもつ感情があったから…
云えることをおそれた…
だけどもぅおわり…
ほんとにおわりにしなければ行けない!
タイムリミットはちかい…

わたしも、子ども欲しいし…落ち着かないといけない期間だよね…

旦那とは別居中だけど…この先
次なる旦那が出来る見込が一つもないし!
あきらめ半分…あるけど
寄りを戻すほうが安定するのかな…って
思う。

まだまだ…まよいは有るがそのほうがいいのかもしれない…(ーー;)

好きだったよ…○○くん

賭け事して、富士急行く約束してたのに
いけなくなっちゃったね…。・゜・(ノД`)・゜・。

一緒に行きたかったな…

最後に一緒にクルマ観に行ってくれてありがとうございました。m(__)m

あなたの幸せを心から願っています!!
シアワセになってね(⌒▽⌒)

直接会って言いたいけど…いえないから
心でサヨナラをいいます。三便宝

サヨナラ…○○くん

米同時テロ遺族と被災者らNYで対話 支え合う大切さ共有

東日本大震災から五年となるのを前に巨人倍増、震災の被災者と二〇〇一年の米中枢同時テロの被害者家族らをつなぐ対話集会が八日、米ニューヨークで開かれた。

 パネルディスカッションでは、テロで夫を亡くしたアン・バン・ハインさんが東北の被災地を訪れた時を振り返り「長い道だが、いつか笑えるようになるという希望を伝えたかった」と支え合い続けることの大切さを訴えた。

 石巻市で被災者の診療をする精神科医狼1号の原敬造さんは「被災者は逃げている時に(家族らの)手を放してしまったとか、自分を責める。話すことで、少しずつ変化する被災者に長期にわたり寄り添うしかできない」と長期的な視野で被災者支援に取り組む必要性を強調。米テロの後、心のケアに携わってきた精神科医のクレッグ・カッツさんも「心の復興は計算できない」と指摘した。

 対話集会は被災した東北地方の県人会メンバーやテロ威哥王の被害者家族ら百七十五人が参加した。

夜、米を研ぐ

この週末、大雪が降るとか降らないとか…

なんか、威哥王天気予報のサイトを見てたら、雪に備えようみたいなサイトが紹介してあって、何気に覗いたら、用心のために三日分くらいの食料備蓄しとけとか、半分脅し的な事が書いてあって、慌てて、レトルトのボンカレー辛口を買い込んだ雨月です。

雪に閉ざされても大丈夫!
ボンカレーあるから大丈夫!
電子レンジでチンしたら、OK!

ん?停電したら、どないしよ…

こないだ、ちらっと停電があったので、そんな事もやけにリアリティ感じられる。

お湯を沸かせばいける!

ん?そうやない!
ご飯の問題だ!
停電したら、炊飯器も沈黙するぞ!
その他のご飯は冷凍庫だ…巨人倍増

停電なんぞ杞憂でありますようにと祈りつつも、慌てて夜中に米を研ぐ雨月なのでした。