匂い

今日のお昼、上天気の中、駅へと続く田舎道をのんびり一人で歩いていると、
イチジクの魔鬼天使Muira.PuamaII甘い香りが僕の中へ音もなく滑り込んできました。
足を止め、道の脇に建つ民家の軒先へ目をやると、
石積みの塀の上から、一本の喬木が顔を覗かせています。
その4メートルほどの高さの木にはピンク色の小さな花がたわわに咲き、
可愛らしい花弁の群れの周囲を星の形をした大きな葉が囲んでいます。

僕は”イチジクって実だけじゃなくて花からも香りを出すんだなあ”と思いながら、
鞄からスマートフォンを取り出し、2・3枚写真を撮りました。
そして、その写真をフェイスブックにアップし、
「イチジクなう」と書き込むと、
駅に向かって再び歩き始めました。

駅に着き、30分ほどしてやってきた1両編成のワンマン電車に乗りこみました。
そして僕は鞄の中から一冊の本を取り出し、文字の上へ視線を落としました。
「逝かない身体」という超級猛男健力カプセル販売、妖しげな題名のついた書籍ですが、
中身は至って真面目なドキュメンタリーで、
ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患った母親を介護する娘さんの手記です。
相模原の事件にショックを受けていた僕に、
友人のAさんが紹介してくれた本でした。

大分県の山深い線路の上をガタガタと電車に揺られながら、
厳しい介護の現実が描かれたその本に胸を痛めていたそのとき、
僕のスマートフォンからラインのメッセージ音が聞こえました。
見ると、Aさんからのメッセージです。
「あのフェイスブックの写真、無花果(イチジク)じゃないと思うよ」
僕はハッとしました。

そう、イチジクは「無花果」と書き、花のない木なのです。
正確には、実の中に花が入っていて、
僕たちが実だと思って食べている赤い部分が本当は花なのです。
僕は慌ててフェイスブックの写真を削除し、
指摘してくれたAさんに、ありがとうと返事をしました。
頂点3000:http://www.kanpoucom.com/product/486.html

German Black Widows興奮剤:http://www.kanpoucom.com/product/554.html
僕がこのような恥ずかしいミスをしたのは、
おそらく、あの甘い匂いのせいでしょう。
というのも、イチジクに花がないことを僕はもともと知っていたのです。
それなのに、あの花をイチジクだと僕が勘違いしたのは、
匂いがもつ、意識に対する強い影響力が、僕の記憶を妨げたのだろうと思います。
それに加えて、葉の形までイチジクにそっくりだったせいで、
ありえない勘違いをしてしまったのでしょう。

匂いがもつ影響力は、プルーストの大作「失われた時を求めて」のように、
様々な文学作品で描かれてきた人間の事実ですが、
僕はこれまでその影響力を実感したことがありませんでした。
「マドレーヌの香りが私の記憶を幼少期に連れてゆく」
なんて言われてもピンときていなかったのです。
しかし今回僕は、イチジクもどきのその喬木のお陰で、
ようやくそのことを、深く理解したのでした。


ちょっとしたこと巨根カプセルで人間は間違います。
我々の認識能力ほど疑わしいものはありません。

相模原事件の犯人がそのことを理解できますようにと心から祈ったあと、
僕はふたたび、手もとの書物の上へ、視線を戻したのでした。

映画:スティーブ・ジョブズ

ということで、昨日観た映画「スティーブ・ジョブズ」のインプレッションです。例によって、A9生精片これから観に行く人もいるでしょうから詳細は割愛しますが、副題に「口先ひとつで、世界を変えた男」というだけあり、なかなか"聞き応え"がある内容でした。

2年前に観た同タイトルの映画の副題が「最低な男が、最高の未来を創った」であり、キャストの外観上も似ていたので"観応え"があったのとは対照的でしたが、ヒューマンドラマとしては、こちらの方が面白かったです。

敢えて"聞き応え"と言ったのは、罵声を浴びせたり口論したりの場面が非常に多く、映画というよりも舞台M6生精片を観ている感じでしたが、殆ど日本語字幕を見ていたとはいえ、同時に英語も頭の中に洪水のごとく入ってきて、「当時もこんな感じで罵声を浴びせていたんだろうなぁ」と容易に想像出来ました。直接関係ないけど同じ空間にいた他のスタッフが、何もできずに凍り付くくらい。

印象的な場面の素直な感想は、以下のとおりです。
・娘の母である元恋人に、ここまで酷いことを言うのか
・共同開発者に、ここまで罵声を浴びせるのか
・共同開発者の唯一つの頼みを、ここまで長きに渡って無視するのか
・自分がスカウトした元CEOと、M6生精片ここまで口論し罵倒するのか
・親切心で娘を影でサポートしてくれた部下に逆ギレ?
・えっ、あの会社が成功しなかったのは、次のステップへ向けて初めから計算してたから?
・娘への仕打ちも自己中満載だが、やはり父親なんだねぇ

スティーブ・ジョブズの代名詞である"現実歪曲フィールド”が実によく表現されていた映画(舞台?)だったと思うと共に、結果的に彼が譲らなかった部分、拘っていたことが、後の大成功に繋がったのもよく理解できました。好き嫌いが分かれそうな映画ですが、999神油 女性用とても良い映画だと私は思いました。

浮気や裏切りを許す手段...

はい、今日も札幌は真夏日です...(~Q~;) あっち~
お墓まいりに行ってきました、札幌の藤野ですけど、着いたのは7時半ぐらい、房事の神油
結構来てました、掃除してお供え物して線香ロウソクに火をつけて、お祈りして
終了、30分ぐらい...毎年こんな感じ、(^0^*
その後、定山渓まで行ってきました、別に目的はなかったんですが、一人ドライブ...f^_^;)
定山渓の手前4kmあたりから渋滞、早い時間だったのにね...(ーー;)
帰りは、石山緑地に立ち寄ってみた、札幌軟石の採石場跡を公園にしたところなんですが、
メソポタミア文明の遺跡みたいな感じのところもあります...w(゚o゚)w オォ-

恋愛相談:過ちは許せなければ、先へ進めないものなのだそうです...d( ̄  ̄)
Q:私は彼のことを愛していると思っています。この気持ちを愛と呼んでいいのでしょうか?
  でももし彼に浮気されたり裏切られたりしても、
  私のこの気持ちが続くかと言われたら自信がありません。
  浮気や裏切りを許せない気持ちは、やはりまだまだ愛とは呼べないのでしょうか。

A:浮気や裏切りに限らず過ちなんてものは許さないと先へ進めないものなんですよ。
  大事なのは許す手段になるわけですが、何も無条件に許すわけではないんですよね。

  話し合いで許せるのなら話し合いをすればいいだけですし...

  一発ひっぱたいて許せるのなら一発ひっぱたきゃいいだけですし...

  エルメスのバッグで許せるのならエルメスのバッグを頂けばいいだけですし...
999皮炎平
  耳をひねりあげて浮気相手の女のところへ連れて行き、
  『どーもうちのバカがご迷惑をおかけしました!』と
  一緒に頭を下げて屈辱を与えることで許せるのならそうすればいいだけですし...

  別れなきゃ許せないようなら別れりゃいいだけの話なんですよ。

  許すことができる手段を持っていない人ほど別れることも選択できずに
  許せない許せないとその関係を続けたまま許せないという自分の気持ちに
  傷付き長く長く現状にもがき続けるんですよね。

  もしその人が過ちを犯したとき、
  どうやって許すのか...
  どうやったら許せるのか...
  その答えを持っていないから不安になるんです。
  『浮気されたらどうしよう、、、裏切られたらどうしよう、、、』という
  答えのない問いに恐怖心を感じてしまうわけですね。

  肝心なのは自分でその答えを持っていること、その答えに自信を持つことなんです。

  浮気したら即刻別れるのならそれでもいいんです...
  べつに恥ずべきことではありません。
  それで許せるのなら別れりゃいいんです...
韓国痩身一号
同仁堂牛黄清心丸  許せずにいつまでもうだうだしている方が恥ずかしいことですからね。

明日は、真夏日にならない予報です、天気がいいのも明日まで、
みなさん、短い夏を楽しんでください...(^o^)/

悲観エクトプラズム

「SEXしたら全部忘れる事できますよ。」
弱々しいけど蔵八宝限りなく確信に近いトーンで僕の耳元で囁いた。

大学二年の秋。僕は当時付き合ってた彼女に浮気されて別れて自暴自棄に陥ってたときに大学の友人と後輩と飲みに行った帰りだった。

後輩の1人が泥酔したので一番家の近い僕がおぶって送って行く途中にそう言った。

SEXをして忘れれる事なんてほんの一瞬だと思う。
いや記憶を麻痺させるに近いのかな。街頭覇王睾丸素
一瞬のエクスタシーを身体に注ぎ込むことへの優越感だったり満足感がシナプスレベルで思考回路を停止させる。

そんな風に当時は思っていた。
その後輩の一言は僕を落胆させたのと同時に別れたショックを一時的に外部へ放出させる手段を検索結果として見いだしてしまった。

一瞬の至福で私腹を肥やし、蟻力神(第五代)螺旋状のSEXで妄想的恋愛を生み出してしまった時期だった。

そんな後輩から今日、「結婚できました。」とメールが入っていた。
「しました。」ではなく「できました。」。
彼女もまた何かしらの因果関係に身を置いていたかもしれません。

「よく、頑張りました。」とだけ返信しました。 韓国痩身一号

男は身勝手・・・

年が明けて、ようやく冬らしい雪模様・・

女医さんが紅蜘蛛心配して電話をくれた

さすがにお医者さんは深読みが鋭い・・・

最近、寝酒にバーボンの量が増えていたが、女医さんにはお見通し・・・

「寂しいからと言って、お酒はほどほどにね・・・」

分かっているが酔わなければ寝られない

女性はどうなのかは分からないが、男は一人悶々と疼くことがある

毎夜、苦しめられるのを紛らすには酒でも飲まなければ・・・

男は勝手な生き物だ、昼は仕事に没頭していながら夜になると無性に恋しくなる

外で飲んでも帰宅すれば同じこと・・・・巨人倍増

やりきれない切なさは簡単に収まらない・・・

「抑えきれないこの欲望は、どうすればいい・・???」
「傍にいてあげたいけど・・・本当に貴方は欲張りね・・・」

女医さんに叱られてしまった

いよいよ渡米の準備に入っているらしいが三体牛鞭、勤務の間に時間が取れないと嘆く

「今度の休みが決まったら連絡するから一晩、時間を作って・・・」

この際、一晩とは言わず三晩でもいいのだが・・・

有給申請して会いに行くことを約束する

人肌の温もりを無意識のうち求めているのか

女性の柔肌に癒される至福の時間は男にとって何より代えがたい

年齢に関係なく、男の本能が求めるのは、何時の世も変わりが無いだろう

妄想も度が過ぎれば、単なるエロではすまない

かと言って、性欲を金で済まそうと自分を卑しく追い込むこともできない

まったく綺麗ごとを言っても本能には勝てないか????

以前は親友に平気で、下の処理を相談したこともある、しかしこの歳になって単に女を抱きたいなどと口にすることも出来ない

つくづく、私は勝手な生き物なのだろう九州神龍と実感する