夏の声(´V`)♪(´V`)♪

今朝早めに千葉を出て福島いわきの実家へ……

わりと涼しく窓を少しあけ車を走らせていたら……K-Y Jelly潤滑剤
信号で止まり、耳をすませていたら……
今年初のセミの鳴き声(*'▽'*)

やはり夏はセミの鳴き声と風鈴ですかね(*^o^*)

実家に行く前に、日立に住むいとこの自宅へ…
実は父親の土地の事で話があり寄りました。
いとこの知り合いで不動産をしている方がいて、
電話では何度かやり取りをした。
今日が初の顔合わせ( ´艸`)

いろいろ話をし、へ~と考えさせられたら。

父親は山林をもっており、その山林をソーラーシステムにして、月々貸し出す、いわば家賃をもらうと言う事です。
今までほったらかしにしていた山林が、月々にお金が入る。
私にとってはありがたい話(^^ゞ(^^ゞ黒倍王

そのほかの土地も話しを進めてくれるそうです。
彼いわく、福島の土地は絶対に値が上がってくる‥…それは何年先かわからないが……
そう行っていました。

いい方向に進んでくれればいいが……(^_^;

夕方母親のもとへ行き、子供に合わせたら…
久ぶりに孫の顔をじっくり見ていた母

子供:ばあちゃん久ぶりわかる?

母は子供の手をさわっていた。

1人しかいない孫だから、本当なら毎回顔を見せに連れて来たい。
でも学校がある為ムリ……仕方がない事です。

明日は部屋の中をざっと掃除します。
天気はいまいちかなぁ?

今日はもう休みます(^з^)-☆Chu!!リキッド媚薬
おやすみなさい(-_-)zzz(-_-)zzz

在外被爆者も医療費支給 最高裁初判断、国が運用見直しへ

海外に住んでいることを理由に被爆者援護法に基づく医療費支給の申請を却下したのは違法として、韓国で暮らす在外被爆者ら三人が大阪府に処分の取り消しを求めた訴訟の上告審判決で、D10媚薬最高裁第三小法廷(岡部喜代子裁判長)は八日、在外被爆者の排除は法の趣旨に反するとして「在外被爆者にも支給すべきだ」とする初判断を示した。判決を受けて厚生労働省は運用を改め、約四千二百八十人の在外被爆者全員を全額支給の対象にする方針を固めた。

 判決理由で最高裁は「援護法には支給対象を国内在住者に限るなどの要件はない」と指摘。ビグレックス「在外被爆者が医療を受けるため来日するのは困難。医療費を一切支給しないのは法の趣旨に反する」と判断した。国の指示により支給を認めなかった大阪府の上告を棄却した。原告の勝訴が確定した。裁判官五人全員一致の意見。

 原告は広島で胎内被爆した李洪鉉(イホンヒョン)さん(69)と、広島で被爆後に死亡した韓国籍の男性二人の遺族。被爆者健康手帳を交付した大阪府に、韓国の医療機関に威哥王支払った医療費の支給を申請したが却下され、提訴した。一審大阪地裁は「援護法には支給対象を国内の被爆者に限る規定はない」として府の処分を取り消し、二審大阪高裁も支持した。

 別の在外被爆者らが広島、長崎両地裁に同様の訴訟を起こしたが、いずれも一審で請求を退けられ控訴中。厚労省はこの二件についても、支給の方向で広島、長崎両県と調整する方針。

 厚労省によると、在外被爆者は三月末現在で三十三の国と地域に約四千二百八十人。医K-Y Jelly潤滑剤療費を支給しない代わりに簡易な手続きで年額三十万円までの自己負担分を助成する事業を実施している。二〇一四年度は約二千九百六十人に総額約五億六千万円を助成した。