朋美は困惑している

12月28日(曇)
優の日記巨人倍増
三便宝
―――――
朋美は困惑している
彼女は押しに弱いことが判った
他人から施しを受けること(本人はそう思っている)に、かなりの重荷を感じてしまうタイプだ
まだまだ子供なのだから仕方ないのに
流してしまえることは流してよいのにそれが出来ない
夜、朋美が寝入った後、抱きしめて胸を揉んだ
柔らかかった
もう後戻りは出来ない
朋美の日記
―――――
今日は服やアクセサリーを買ってくれた
昨日はドライブに連れてってくれた
そんなに気を使わなくてもいいのに
日頃のおじさんはとても頼もしくて優しい
だけど夜は……
回想―――――
朋美(最近夜遅くになると、おじさんがおふとんに入ってきて、私が抱きついてくる)
ぎゅ…
朋美(抱きつくと言うよりは、腕を回す感じだけど……
起こさないように気をつけてるのかな
実際、寝たふりしてる訳だけど)
優「……」
朋美(ここはおじさんのお家で、私は居候だから、止めてなんて言えない)
朋美(……でも少し怖い)
優「……」
すぅ……はぁ……
朋美(呼吸をすごく近くに感じる)
とくん……とくん……
朋美(心臓の音も……なんか暖かい)
朋美(あ……)
ふにっ
朋美(おじさんの手が私の胸に……今日もなんだ)
ふにっ
朋美「……っ」
朋美(おじさんの手、おっきい……)
ふに、ふに…
朋美(昨日より遠慮がない気が…
段々強くなってるような……)
もみっ
朋美「っ」ピクッ
優「……」巨人倍増
三便宝
朋美(あ、手が止まちゃった
起きてるのばれたのかな)
優「……」
ふに、ふに…
朋美(よかったばれてないみたい)ホッ
もみ、もみ…
朋美「……っっ」
朋美(今日はいつもより長く触ってるような……いつもならそろそろおふとんから出ていくのに)
優「……」
朋美(止まった!!終わり、かな?)
ゴソッ
朋美(!?)
ゴソゴソ…
朋美(え? え?)
朋美(ふ、服の中に手が入ってきてる……?)
優「……」
ぴとっ
朋美「――っ」ピクッ
朋美(て、手が!!でもじっとしてなきゃ
動いたらばれちゃう……)
優「……」
さわさわ…
朋美(くすぐったい…!)
優「……っ」ハァハァ
朋美(!)
朋美(手が胸の方に……)
朋美(だ、だめだよおじさんそこは……)
ぷにっ
朋美(あ、あ、びくってしちゃった
今のは絶対気づかれ……)
優「……っ」ハァハァ
ぷにぷに…
朋美(気づいてない……?)
朋美(……ううん、たぶん気にならないのかも
触るのに一生懸命で)
ぷにぷに…
朋美「……っ」
朋美(私、何考えてるんだろ
気づかれてもよかったんだよ)
朋美(寝たふりなんかやめて、おじさんを止めなきゃ……)
ぷにぷに…
朋美(こんなの、よくないんだから、早くやめさせなきゃ……)
ぷにぷに…
朋美「……」ビクッ
優「……」ハァハァ
コリッ
朋美「……っ」ピクッ
朋美(だめ……そこは、だめ……)
コリッ、コリッ…
朋美「……」
キュッ、キュッ
朋美(そんな強くしちゃだめ……そこは赤ちゃんのための、大切な……)
しつこく揉まれたらお股が熱くなって足の付け根までぬるぬるしました
巨人倍増
三便宝