ジスぺリンの巻き返しの可能性も否定できない。

中身の方だがやはり当サイトでも記事になったサプリが人気を占めている。今年は2強となっているようだが現在最有力候補となっているのは100主成分の成分と再増大構造の「アデロイン」、最も最新である3type型再増大の「リノゲイン」だ。
今年のキャッチを上げるとすれば「再増大時代」と言えるだろう。

判断基準としてポイントとなっているのは「期間」である。
2013年を総合して判断されることから2月頃発売となり、現在でも人気が高いアデロインと8月発売となり、最新で現在最も人気のリノゲイン。
つまり長期間優秀であることと今が爆発的に旬のモノがどう判断されるかがポイントだ。

なおアデロインとリノゲインの詳細については、NEW勃動力三體牛鞭当方でそれぞれ記事になっているので参照してほしい。

また専門家の分析やマニアによるインタビューも記事になっている。NAVERのまとめであった「ペニス増大について神レベルのマニア達が語った内容が凄過ぎW」並みの生生しさを感じる。←こちらは面白いので是非チェックしよう。

前回王者のジスぺリンもアデロイン、リノゲインで増大結果を出している人がジスぺリンユーザが圧倒的という情報が流れてから、今初心者の間で話題となり「シアリス基礎構築期間」として試している者が多いということだ。
またユーザ達の間では「飲み合わせ」が流行し、安全な増大サプリの飲み合わせとして推奨された事は大きく評価されており、ジスぺリンの巻き返しの可能性も否定できない。

その他のサプリで話題となったモノはない為、他は考えにくいと言えよう。

成分面でも上位にあがってきているモノは数年前と比べると確実によくなっている。もはや最新サプリのユーザにとって「三便宝副作用」という概念は消えてしまっているだろう。
2013年はペニス増大サプリにとって飛躍の年となっている。遺伝子や細胞研究が組み込まれ「ペニス増大」という男の夢が、身近に大きく前進した年になった事は言うまでもない。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/wqerwtyaaer/27848
Calendar
«  September 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others