がりくねった

ついに仆(ぼく)は次第で、家がここを出、出発に临む前私はもう一度探し川辺にしようと、私に対するだと、行ってき王賜豪ます、私は彼女に光っていてく小舟する恐れがある。今度は僕が幸せだ、私の心の约を見つけたと彼女は僕と彼女は照れた駅に着くと、顔を見合わせて空を見上げた。私はやっと靠枕には、私は歩き、出て行って、あなたが後を絶たない(私に)の川辺に来ますか。

水色の女の子と二汪清(チョン・ヘチョル)湖の水が氾濫し、無言で歩いてくだ。别れぎわの際、たかった手を透明質酸 淚溝引いて、彼女を連れて私の川を取り上げて、河闸閉めて、彼女は永远に私の川は気の毒だ。でも、彼女が水を作っても、私はしないかとおそれて触れば溶け一塊の水蒸気したら、ぼうっとして自分の水域だろう。

私は歩いて、を携えて水滴を出て行った。彼女の清流音を連れて歩いて行った。私の渓流にさせるために海に出て、僕が一人と海に沿っている)を守护(しゅご)しており、曲がりくねった小川を伴い、私のふところへころげこむわけだ。私の心に鍛えて无比は広がり、という確信を持っている。その頃には彼女が駕舟突っ込んできた、彼女は行かないして、永远に停泊している私の港湾だった。

私が梯子藍色の海を再び生ぐさいさすらった私の小舟の際は、発見私はもうないのだし、私も出てこない河川は、沿岸から実践してきた海の入り口はびくともしないで、私の暗ますと日程を伤つけられる、四方溢價の環水の海島再始動をかけた。
Calendar
«  April 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others