ブラックなタマモノ

18駅分!?
…確か全線19駅だった気がするが…。
それって、終点まで行くよな?
と、言うことで調べた。

今回は、立川南駅より南側300mで緊急停止。
駅でも1mオーバーランということだから、恐らく南行電車・多摩センター行だろう。

このまま18駅進めるとなると、終点の多摩センター駅を折り返して、
立川南駅から2つ3つ先の甲州街道駅あたりで乗務員交代という状況になる。

ちなみに、北行電車・上北台駅行でも同じくらい。
オーバーランした立川南駅は越えて、同じ甲州街道駅あたりになる。

うん、問題だね。
この辺りだと、駅間3~4分程度でしょ。
しかも折り返しとなったら、1時間は超えて乗務させていたことになるでしょ。
その間、“乗客の安全<運転士の健康<ダイヤ”で運行していたことになるよね。

オーバーランにホームの無い場所でドア開閉に会社に連絡無しでホームドアとの連係解除。
狂気していないならば、意識が混濁していたと思われる。

更に気になるのが、運転士がどこから乗務しているか。

立川南駅から北へ2,3駅行った先に車両基地がある。
もし、車両基地から出てすぐに体調が悪化したとしたら…。
誰も見ていなかったのか。
それとも、そこまで運転士に余裕が無いのか。
それは分からない。

多摩都市モノレールは、通称“タマモノ”と言うらしい。
多摩都市モノレールの略と、「お客様にご愛顧頂いた賜物です。」を掛けているのか。
でも今回は、乗客はブラックなものを賜っちゃったわけで。

幸いなことに乗客に怪我人はいないようだし、運転士も恐らく一命は取り留めたのだろう。
モノレール側には、これを業務改善のキッカケを賜ったと思って、
業務改善に取り組んでもらいたい。威哥王:http://www.akanpo.net/product/299.html
巨人倍増:http://www.akanpo.net/product/36.html