マグナムの暴発

数字にして振り返ることが恐ろしい、もう30年近く前。44マグナムの飛ばないエアガンを携えて、線路沿いを旅して、あてどもなく人生を変えてくれるような財宝の在りかを目指していた私の小学校時代。ダーティハリーシリーズとグーニーズは、マストなハリウッド映画だった。そんな時期、テレビで放送される!として鼻息あらく待機した、ダーティハリー3とグーニーズの放送。しかし不思議なことにどちらの放送時にも放送事故がおきた。TBSで放送されたグーニーズはなぜか、すでにメンバーが、あのロバート・ダビらの悪党一家のアジトにたどりつく途中の場面からはじまり、その後、慌てたかのように、骸骨のマークとタイトルが現れた。「何がおこったんだ?」そのまま見続けたが、全くのアナウンスなしの様子から、本当にあのような映画だったのだろうか?と自分を疑いだした。
催情剤
その後日に放送されたフジのゴールデン洋画劇場でのダーティハリー3では、オープニング、悪党一味がロケットランチャーで車両を襲撃する直前に、映像が止まって「しばらくお待ちください」との静止画が延々と流された。いてもたってもいられない。「まさか、うちのテレビだけじゃないだろ?」私は両親の許可をえて友人宅にTELすると、みな同じだという…(あたりまえか…)。

いつでもどこでも映画が見られる現代。しかし30年前は、地方の子供たちにとって、ハリウッド映画に、地上波放送で触れられる時間こそ、大人と世界に触れられる一瞬の旅、真剣勝負の異界への密航だった。
淫インモラル
真剣に思った。「たぶん、茨城の小学生たちが、あまりに期待しすぎて、イーストウッドのマグナムが暴発してしまったんだ…」

最近知ったことだが、イーストウッドは、44マグナムだけでなく、下半身のマグナムもいたるところで暴発?させていたという。放送事故に一喜一憂してハリウッドに夢をみていた小学生は、下半身のマグナムの暴発が気になるオッサンになり、暴発が決して許されない社会に生きる。

「血液型依存体質」

「B型女性」に対して男性がキュン!とする瞬間9パターン

……では,この文章の「B型」のところを,他の血液型に置き換えて,読んでみましょう。

なんとなく,「言われてみると,そうだよね」と思えるでしょ?
それが,占いの本質なのです。

遺伝子座1個で人生が決められてしまうわけでもない。

でも,これで前向きに恋愛が進展するなら,まんざら罪でもないと思う。
信じる者は救われる。

一度だけ,B型女子と付き合ったことがある。
でも,特に積極的な子でもなかったし……。
アプローチは随分と積極的にされた経験は覚えているけど,総じて言えば,臆病なほうだった。
臆病なのに,その殻を破って,積極的に出たのだから,その思いは相当なものだったのだと思う。
その思いに応えるように,付き合い始めたんだけど,そんなに殻を破った行動の出来ない子だった。むしろ,自分で考え込んで,勝手に結論を出してしまうタイプ。そういうことを,何でも話してくれればいいのに,自分で決めた結論に従って動いてしまうので,次第に上手く行かなくなったんだっけ。私がストレートなのに,それに見合うような小気味良いレスポンスが無くって,全然違うところから返球がある感じ。で,大変だったなぁ……そこまで彼女のことを読み切っているわけじゃなかったし,読めるほどのことを話してくれなかったし……ただ,分かっているのは,好きだと言う気持ちだけ。

 結局,彼女の思うようなことが出来るわけもなく……

「マイペース」=「自己完結型」=「人のことを受け入れない」って言うことだったのかな。

私の交友範囲にB型女子が少ないのは,事実なんだけど,こういう性格って,血液型に関係しないし,私とB型女子との相性の良し悪しについて,占い通りでもなかったし。
五夜神生精片(香港天龍)
ナンパオ
催淫剤

必ず 帰って来てね

2年ほど前、初めて担当し、そのとき以来毎週指名できてくださっていたお客さんに、9月下旬、帰省のために3週間仕事を休む事を告げた。

その時、彼女に言われた言葉。
「必ず帰ってきてよね」
「もちろんですよ。3週間だけですから」
「では、3週間後」
黒倍王
数回その方のご主人も担当したこともあったが、彼は物静かな奥さんと違い、気さくでおしゃべりが好きで、そして何回か行ったことがあるという日本の事を話すもの好きな方だった。
昨年、そのご主人が癌を患い、闘病期間の数ヶ月、看病のために奥さんも来れない時期があったが、今年の初め頃からご主人も癌を克服され、一緒に又戻っていらした。ご主人の来店回数は少なくなってきたが、奥さんのほうは、以前のように毎週きてくださり、帰省前日の出勤日に上記の会話をした。

ところが、帰国後、おふたりの予約が全然入っていない。
一度、家を訪ねたこともあり連絡先は知っているが、顧客に一社員が勝手に連絡することは許されない。
高齢のご主人が又体調を崩してその看病のために家を空けられないことが考えられた。
男宝
そして、今日危惧していたことが報道された。ご主人が亡くなったというニュース。
著名人なので、万一の時はテレビでもラジオでも流れるだろうとは思っていたが、残念である。

「必ず帰って来てね」
ご主人は帰らぬ人となった。
最後まで奥さんに尽くされ、そしてその道で活躍され、今年、ハリウッドのスターオブフェイムにも名前が彫られ、いつも誰にでも気さくで明るかった彼は幸せな最期だったと思う。(享年81歳)
葬儀も済んで落ち着かれたら、又奥さんに再びお会いしたいものである。

その時は言おう。「ほら、約束通り、私は帰ってきてお待ちしてましたよ」と。