セ・パ交流戦

野球人間だった私は、その昔は仕事が終わった後に自宅でビール飲みながらTVでナイター観戦が当たり前でしたが、King Wolf狼王戦宝 暫く日本から離れ(約12年間)その後帰国すると、プロ野球人気の低迷と共にゴールデンタイムのナイター中継が年々少なくなり寂しい限り。。。

一方で『セ・パ交流戦』なんてのも始まっていましたが、改めて調べてみると2005年から始まっているので、今年でもう12回目なのですね。私のイメージは、「パ・リーグの方が圧倒的に強く、この交流戦のおかげで(せいで?)セ・リーグの順位が僅差になり、ペナントレース終盤にはどのチームがリーグ優勝するのか全く分からない状況になる」こと。ある意味面白いのですが、何故セ・リーグはパ・リーグに弱いのでしょう。実際、パ・リーグが勝ち越したのが11回で、セ・狼一号 リーグは僅か1回でした。

そんなイメージのあるセ・パ交流戦ですが、昨日から全国で一斉に始まりました。初日の大きなニュースは、怪我で開幕からずっと2軍生活だった巨人の阿部慎之助選手が復帰初戦でいきなりホームランを打って巨人が逆転勝ちしたことですかね。私の今シーズンの交流戦初観戦は土曜日の東京ドーム『巨人 vs. 日ハム戦』の予定でしたが、今週は定時後に飲み会等イベントの予定が全く入っていない、最近にしては珍しい週だったので(笑)、暇つぶしを兼ね?、QVCマリンフィールドの『千葉ロッテマリーンズ vs. 広島東洋カープ戦』をフラ~っと三體牛鞭 観戦して来ました。

朝起きた直後に思い立ち、その時は未だ確定ではなかったものの、ちょっと早出して結果的には会社を17時にあがり幕張まで移動して来ました。さすがに18時15分のプレイボールには間に合いませんでしたが、18時40分に球場に到着。広島戦なので、いずれも贔屓にしているチームで応援に迷いましたが、千葉ロッテマリーンズのファンクラブ入会時の特典で貰った内野自由席だったこともあり、せっかくなので半分ずつ応援することにし、5回表までは3塁側で赤いユニフォームを着て広島東洋カープを、そして5回裏からは1塁側に移動して白い縦縞のユニフォームを着て威哥王 千葉ロッテマリーンズを応援しましたよ。 大谷翔平くんばりの"二刀流"!(笑)。