食料自給率、5年連続39%=コメの需要減響く-14年度

農林水産省は7日、2014年度の食料自給率(カロリーベース)が5年連続で39%になったと発表した。小麦や大豆は国内生産量が増えたものの、消費税増税前の駆け込み購入の反動で主食用コメの需要が落ちたことが響いた。全体の自給率はコメが不作だった1993年度の37%に次ぐ低い水準が10年度から続いている。
 生産額ベースでの自給率は前年度比1ポイント低下の64%と過去最低を更新した。米価下落でコメの生産額が縮小する一方、円安の影響などで魚介類の輸入額が膨らんだ。
 食料自給率は、国内の食料消費を国産の農水産物でどの程度賄えているかを示す指標。1人当たりの供給熱量(カロリー)に基づく算出方法や金額ベースによる算出がある。
 14年度の国民1人当たりのコメ消費量は前年度比1.7キロ減の55.2キロと縮小傾向が継続。肉類の消費は増えているが、畜産飼料の多くは輸入しているため、全体の自給率は改善しない状況が続いている。政府は今年3月、25年度の自給率目標(カロリーベース)を従来の50%から45%に引き下げた。
 一方、国内農林水産業の潜在的な生産能力を示す新しい指標「食料自給力」は、主要穀物中心の作付けで農地を最大限に活用する場合で1478キロカロリー(1日1人当たり)となった。農地面積の減少などで前年度に比べ13キロカロリー低下し、必要量とされる2146キロカロリーにはほど遠い状況だ。
米大リーグは6日、各地で行われ、マーリンズのイチローはブレーブス戦に6番右翼で出場し、三回の第2打席に5試合連続安打となる中前打を放った。第1打席は二ゴロ、第3打席は四球。
 ジャイアンツの青木はカブス戦に2番左翼で臨み、第1打席は三振、四回の第2打席は遊ゴロだった。
太田昭宏国土交通相は7日の閣議後の記者会見で、520人が犠牲になった日航機墜落事故が12日で30年となることについて、「一家の柱を失い、この30年大変な苦しみを余儀なくされた方もいる。事故を決して風化させず、安全確保の大切さをかみしめないといけない」と述べた。
新垣 道子さん(あらかき・みちこ=積徳高等女学校ふじ同窓会最後の会長)4日午後6時25分、大腸がんのため那覇市の病院で死去、89歳。沖縄県出身。葬儀は済ませた。喪主は長男潔(きよし)氏。
 同女学校は太平洋戦争末期の沖縄戦で、生徒が「ふじ学徒隊」として動員され、犠牲者が出た。新垣さんは同窓会長として学徒隊の体験を語り継ぐ活動に関わった。同窓会は今年6月、高齢化に伴い解散を表明した。
夜夜堅

D5原液