歌丸の「笑点」降板示唆に林家木久扇が苦言…「自分で決めちゃいけない」

落語家の林家木久扇(78)が27日、東京・日本橋高島屋で同日開幕した「笑点50周年特別記念展」(5月9日まで)の開会式典に出席。22日に「笑点」からの降板について言及した現司会者の落語家・桂歌丸(79)に“苦言”を呈した。
d10媚薬
 木久扇は、歌丸の降板示唆について「新聞で読んでビックリした」としつつ、「私が思うのは、自分で区切りをつけちゃいけないと思うんですよ。自分がそこに追い込まれていっちゃうから」と、歌丸の発言にダメ出しした。

 さらに「今度お会いしたら、歌丸師匠に直に言おうと思うんです。自分で役の始まりとかおしまいとか、決めちゃいけませんよ、と」とも発言。「自然に見てる人が衰えたなと感じたりとか、番組自体も数字が取れなくなってきて、じゃあ新しい人を、ってなっていくんで、お一人で決断しちゃいけないと思うんです」と持論を展開した。
媚薬カプセル
 50周年を迎える笑点の歴史で、47年間番組に出演している木久扇の先輩は、歌丸のみ。敬愛する相手だからこそ、「なんであんな風に始末しようとしちゃうのか、自分で自分を片付ちゃうのか…。まだお元気なんでね。体の中に電池入れてでも動いてりゃいいと思いますから。ロボットでも何でもいいですよ、居れば」と、ジョークを交えながらもハッパを掛けていた。

 また、自分が次期司会者には?との問いには「自分が滅びるまで、面白い答えが出なくなるまでやるつもりでいるんですが、司会者側に回るつもりは全然ない」とキッパリ。「私が司会者になっちゃったら、こっち(回答)側の面白いこという1つのパターンがなくなっちゃうんですね。お酒の醸造と同じように、僕のいい方の菌を広めていって、この番組自体がいいお酒になってずっと続いていくようにしたい」と、笑いの産み手としてのプライドものぞかせた。

山本圭壱、完全復活に気合十分「肩は作ってる」

芸能活動を再開させた極楽とんぼ・山本圭壱が29日、東京・テディーズビガーバーガー表参道店で行われた『第1回 ハンバーガーかぶりつきコンテスト!!』決勝大会でMCと審査員長を務めた。終了後にはORICON STYLEのインタビューにも応じ“完全復活”への意気込みを語ってくれた。
縮陰膏
 ハンバーガーのかぶりつき方の豪快さ、かわいさ、美しさなどで評価し、グランプリを決める同大会。開幕早々に「皆さん、元気ですか? お客さんよりスタッフが多いですけど!」とジョークを飛ばして笑わせた山本は、その後も素人との掛け合いで何度も会場を沸かせ、錆びついてないトーク力をみせていた。

 終了後に「手探りな感じがまたいい」と素人との絡みを満足げに振り返った山本は「こういうところから頑張っていきたい」と、一からの再出発に何ら不満はない。現在は地方でのライブやラジオ出演を主な活動としており、「声をかけられたら断る理由はない」と精力的に活動の幅を広げているようだ。
女性催情剤
 昨年7月には、相方の加藤浩次が座長を務めるコントライブ『イルネス製作所~今世紀最大の発明』に「極楽とんぼ」が“9年”ぶりに復活したことも話題になった。

 コンビ復活に向けての具体的な話は「今はない。いつがどうとか、こういうタイミングでこうしようというのはないですね」としつつ「機が熟したら。機が熟したらと思われたらまたそういうステージに上がっていけるのかな」とほほ笑み「この10年間も肩は作ってる。いつでもいけます」と気合十分に語った。

 インタビュー中に昨今の芸能界事情にも話が及ぶと「芸能界、暗い話題が多いんですか? ベッキーさん? SMAPさん? どうかしたんですか?」ととぼけつつ「私くらいで明るく出来ることが少しでもあるなら何でもやりたい」と言葉に力を込めた山本。彼がまた、お茶の間を沸かす時が来るのを楽しみに待ちたい。