歌丸の「笑点」降板示唆に林家木久扇が苦言…「自分で決めちゃいけない」

落語家の林家木久扇(78)が27日、東京・日本橋高島屋で同日開幕した「笑点50周年特別記念展」(5月9日まで)の開会式典に出席。22日に「笑点」からの降板について言及した現司会者の落語家・桂歌丸(79)に“苦言”を呈した。
d10媚薬
 木久扇は、歌丸の降板示唆について「新聞で読んでビックリした」としつつ、「私が思うのは、自分で区切りをつけちゃいけないと思うんですよ。自分がそこに追い込まれていっちゃうから」と、歌丸の発言にダメ出しした。

 さらに「今度お会いしたら、歌丸師匠に直に言おうと思うんです。自分で役の始まりとかおしまいとか、決めちゃいけませんよ、と」とも発言。「自然に見てる人が衰えたなと感じたりとか、番組自体も数字が取れなくなってきて、じゃあ新しい人を、ってなっていくんで、お一人で決断しちゃいけないと思うんです」と持論を展開した。
媚薬カプセル
 50周年を迎える笑点の歴史で、47年間番組に出演している木久扇の先輩は、歌丸のみ。敬愛する相手だからこそ、「なんであんな風に始末しようとしちゃうのか、自分で自分を片付ちゃうのか…。まだお元気なんでね。体の中に電池入れてでも動いてりゃいいと思いますから。ロボットでも何でもいいですよ、居れば」と、ジョークを交えながらもハッパを掛けていた。

 また、自分が次期司会者には?との問いには「自分が滅びるまで、面白い答えが出なくなるまでやるつもりでいるんですが、司会者側に回るつもりは全然ない」とキッパリ。「私が司会者になっちゃったら、こっち(回答)側の面白いこという1つのパターンがなくなっちゃうんですね。お酒の醸造と同じように、僕のいい方の菌を広めていって、この番組自体がいいお酒になってずっと続いていくようにしたい」と、笑いの産み手としてのプライドものぞかせた。