太田で野外ライブ 歌やダンス競演 18組が出演

第六回歌とダンスのコラボレーション「GO!DO音楽祭サンセットSummerフェスティバル」が太田市北部運動公園イルミネーションの丘で開かれた。地元や関東一円から参加したダンスや太鼓、バンド、オーケストラなど十八組の出演者が熱いパフォーマンスを展開した。
アフリカ超人

狼一号
 初秋の気配漂う会場では演奏に合わせて踊る親子連れら、参加者それぞれが思い思いのスタイルで野外ライブを楽しむ姿が見られた。市民吹奏楽団おおたウインドオーケストラが「赤いスイートピー」や「君といつまでも」を演奏すると、一緒に口ずさむ声があちらこちらから聞こえてきた。フィナーレには花火が打ち上げられた。

米知日派「日韓関係の改善を」 70年談話に不満も

米シンクタンク、ヘリテージ財団は十八日、安倍晋三首相の戦後七十年談話に関する知日派らによるシンポジウムをワシントンで開催し、出席者から日韓関係改善を促す声が相次いだ。

 戦略国際問題研究所(CSIS)のマイケル・グリーン上級副所長は、十一月にフィリピンで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の前が「日中韓首脳会談を開催する非常に良い機会だ」と表明した。この会談の機会に、旧日本軍の従軍慰安婦問題の進展を図るべきだとする一方で「慰安婦問題はもはや、日韓関係を決定づけるほどのものではなくなるだろう」との見方を示した。

 外交問題評議会のシーラ・スミス上級研究員は、日本の世論が韓国への「不信と対立を深めている」と言及。そのことが、両国首脳にとって日韓が相互に支え合う必要性を国民に説明する「高いハードルになっている」と分析した。
漢方精力剤

中絶薬
 ブルッキングズ研究所のエバンズ・リビア非常勤上級研究員は、談話は従軍慰安婦問題に直接言及しておらず「もっと良いものにできた」と不満を示した。ただ、日韓両政府に関係改善への機運が生まれているとして、年内の日韓首脳会談の実現に期待を示した。

JR常磐線小高駅 駐輪自転車撤去へ 南相馬市

南相馬市は、JR常磐線小高駅の駐輪場の自転車約250台を撤去する。11月末までの引き取りを求めており、12月から処分する。東京電力福島第一原発事故で置かれたままだが、来春に予定される同駅と原ノ町駅の間(9・4キロ)の再開で駐輪場の利用が見込まれるため。市は防犯登録から判明した所有者186人に書面を送るなどしている。
漢方薬激安

媚薬購入
 周辺は事故の避難指示区域。自転車の大半は当時の高校生が通学などに使っていたとみられる。事故による避難の象徴として視察場所の一つとなっている。