本当に愛してる男とのエッチは

泣いてしまうぐらい切なくて愛しくて溶けてしまいたいぐらい…。
もしもだけど、首を絞められても、このまま殺されてもいいとまで思ってしまう。おかしいかな。アフリカ超人

こんなに今まで男を好きだと思った事はなかった。元旦那でさえ。
髪の一本も愛おしい。

ケンカもする。なんて嫌な事言うんだろうとか、
もっと優しく出来ないのかとか、不満がない訳ではない。
でも、彼の笑顔を見ると許してしまう。

エッチも滅多にしないが、した時は死ぬ程嬉しい。内容ではない、繋がっただけでも、このまま死んでもいいとさえ思う。

こんなに男を好きになれるとは、つい最近まで知らなかった(笑)

今日、彼が言った。
30年後ぐらいに俺がきっと先に墓に入ると思うけど、その時に一緒の墓に入ろうなって言った今日の日の事を思い出してくれって。

私が最初で最後に愛してた男は最高な男だ。
そう思った。超強黒倍王

日本は枝野病~! アメリカでもトランス脂肪酸を止める!

ヨーロッパはすでに トランス脂肪酸のマーガリンの販売は中止している。

トランス脂肪酸とは、プラスチック脂なわけです!即効精力剤

アメリカもようやくトランス脂肪酸を食品から駆逐します!

日本だけが 『直ちに害はない』の枝野病に侵されています!

『直ちに害はない』
『今直ぐには 影響はない』

後からの責任は無いのかね~♪

枝野幹事長~!

でも自民党、創価公明党までが枝野病とは情けない!

菅病か?三體牛鞭

アレクシエービッチさん 原発事故被害、ソ連崩壊描く

「一冊の本に最低でも二百人」。淫インモラル多くの一般市民に話を聞き、一人称で語らせて物語を構成する。「ドキュメンタリー芸術」。自らそう呼ぶスタイルは徹底した現場主義から成り立つ。基礎になったのはジャーナリストの経験だ。ベラルーシの首都ミンスクの大学を卒業後、新聞や文芸雑誌の記者として働き、取材手法を習得するとともに文学にも造詣を深めた。

 一九八五年の「戦争は女の顔をしていない」では第二次大戦に従軍した女性兵士の生々しい証言を集めた。これがソ連当局から「英雄的ソ連女性兵士の名声を失墜させるもの」と非難を浴びた。

 ソ連解体後のベラルーシでも言論統制を敷くルカシェンコ政権の圧力にさらされ、一時は国を離れざるを得なかった。

 一昨年、ロシア紙のインタビュー紅蜘蛛で自分の仕事を取材相手との「共同作業」と語った。「人は誰もが孤独で、自分自身にもよく分からないままの秘密」を抱えていて、質問しながらそんな「自分でも気づいていなかったこと」を引き出し、物語にしていくのだという。

 本に取り上げる人には最低二回以上会い「目撃者としてではなく、自分自身(に起きたこと)として話してもらうように努めている」と話す。

 外出の際に必ず携帯するのはボイスレコーダー。「戦争に自動小銃を持って行くように、いつも準備万端で駆け回る」。こうして集めた膨大な録音を基に一冊書き上げるのにかかるのは「五年」。

 二〇一三年の「セカンドハンドの時代」では現代に適応できない「ソ連人」や過去の復興を望む若者らの声を集めた。リドスプレー次回作のテーマは「愛」に決めている。