弱い自分を受け入れる

弱い自分が嫌だ
弱い自分に泣けてくる
もっと強ければ
kanpou漢方
よく聞く言葉だ。特に女性から多い気がする。

果たして本当にそれらの人は弱いんだろうか。

弱いってナンダ。強いってドユコト。

強い人は動じない
強い人は泣かない
つよがる必要もない

ちょっとのことで泣いてしまう。
  いいじゃない、感受性が高くてうらやましいよ。

いつもくよくよする。バイアグラ
  きっと向上心が強いんだね。

ひがんでばかりいる。
  実はあなたもひがまれてるって知ってた?

もう何もできない…。
  やりたいことから始めてごらん。

誰も好きになってくれない。
  あなたがその誰か1号になれるといいな。

よわくていい。
よわいからこそいい。
よわくないとダメなんだ。

今つよく見える人だって、五夜神生精片昔はあなたと同じだったかもしれない。
つよく見えてるだけで、今でもあなたと同じかもしれない。
その偽りのつよさは、時に人を傷つけているかもしれない。

本当の強さは、弱さと、優しさを伴うものなんだよ。

自分を弱いと思ってる人は、強くなる過程にある人なんだよ。

本当に弱い人は、自分の弱さにも気付かないよ。

いいんだよ、そのままのあなたで。
ゆるしてあげよう、弱い自分を。
ほら、意固地になってる強さもあるじゃない(笑)

強くなくてもいい、バイアグラ弱くなったっていい、優しくなれるはずだから。

一期一会

こんなお話があります。

その日は付き合って3年目の記念すべき夜だった。
しかし、仕事が長引いてしまって約束の時間に帰宅する事ができず、せっかく彼が用意してくれた手製の料理が冷め、台無しになってしまった。
狼1号:http://www.xn--1-948av66g.net/
いつも通り軽く詫びを入れて事を済まそうとしたが、その日の彼はいつもとは違い、私に対してきつくあたった。

丁度その時私は気分も優れず、仕事のストレスもあってか、そんな彼と話していくうちに強烈な憤りを覚え、つい言ってしまった。

「もういい!こんな些細な事でそこまで怒る事ないでしょ!あなたは自分の都合でしか物事を考えられないの!?」

…彼は黙った。少しの間の後で、私も少し言い過ぎたと思い、黙って席を立ち、界隈を散歩して頭を冷やそうと思い、一旦家を出た。

いつも通う小さな喫茶店で、30分少々の時間を潰した。

あの人もただ単に怒りに任せて私に怒鳴り散らした訳じゃない。

それだけ今日のこの日の事を大切に思っていたからこそではないか、と考えた。

そんな彼の気持ちを思うと明らかに私の振る舞いは最低だった。

身勝手な自身を忘れ、改めて彼に謝ろうと思い、家に向かって歩いた。

しかし、彼は家には居なかった。

料理も、携帯電話も、机に置いたままだった。999皮炎平

マメなあの人が携帯電話を忘れるのは珍しく、近くにいるのかと思い、私は家を出て近辺を歩き回った。

しかし見つからない。
公園や近くの空き地も見たが、彼の姿は無かった。

彼の実家や、携帯を調べ、彼の友人宅等にも電話を入れたが、来ていないと言う。

家に帰り、2時間が経過した。

彼は私を探しに外へ出て交通事故にあい、そして、その日が彼との最後の日となった。

その際、彼が持っていた遺品は、缶コーヒー1本、女性用のガウンジャケット、現金で120円だということを聞かされた。

私のガウンジャケット、まだ未開封の缶コーヒー、私の為のジュース代。

細やかな気配りの中に、彼の深い愛情と優しさが感じられた。

一緒に帰りたかった。房事の神油

その言葉を心の中でつぶやいた。

同時に私の目から涙がとめどなく溢れた‥

「一期一会」

それは

「覚悟」なのかも知れません。

素直じゃなかったこと

やさしくなかったこと

思いやりを持てなかったこと

笑顔でいられなかったこと

そんな後悔を

残さないために‥

〆 狼1号:http://www.xn--1-948av66g.net/

リゾート列車「伊豆クレイル」 16日出発進行 小田原-伊豆急下田間

JR東日本は十六日から、全席グリーン車指定席のリゾート列車、伊豆クレイル(四両)を小田原-伊豆急下田間で運行する。座席に料理を運ぶJR東のリゾート列車は、首都圏で初めて。絶景ポイントに停車するサービスも極めて珍しい。予約は好調という。
狼一号:http://www.xn--1-948av66g.net/
 食とお酒、会話の旅をコンセプトに女性客を意識して企画した。桜や海風、さざ波をピンクゴールドで描いた車体もかわいい。

 一号車(二十四席)は、海側に面したカウンターの二人掛けと山側に面した対面式の座席。バーカウンターの二号車に座席はなく、箱根ベーカリー(箱根町)をはじめ、地元の軽食を味わえる。

 三号車(二十二席)はプライベート空間で、のれんで個室のように仕切った四人掛け五室と二人掛け一室を配置。一、三号車は食事付きで、温泉や観光体験とセットの旅行商品として販売する。切符で乗車できる四号車(五十二席)は、飲食物を提供しない。

 土曜と休日を中心に一日一往復の運転で、往路は海が開ける根府川駅手前と、東伊豆の海岸線で徐行運転する。復路は片瀬白田-伊豆稲取の駅間で一分間、停車する。景色観賞のための粋な計らいだ。沿線の食材をふんだんに使う料理は、東京・目黒のフレンチレストラン「モルソー」のオーナーシェフ秋元さくらさんが監修した。

 小田原-下田間の片道乗車料金は三千五百七十円。旅行商品は片道九千四百円からで、主要駅のびゅうプラザや旅行会社で販売している。小田原駅には小田原城を望む場所に、伊豆クレイル客専用の待合室を設ける。


三体牛鞭
威哥王

私はハロウィンが嫌い

私はどんな人間か?は、日記(性格判断)で散々ご紹介してまいりましたが、

「そんな私はハロウィンが嫌いです。」

ハロウィンが嫌いというか、本来の意味を理解せずに大騒ぎをすることがイヤなのです。
そういう意味では、昔はクリスマスも嫌いで、
「私は仏教徒ですから。」とその日はむっつりしておりました。

花祭り(仏様の誕生日)には、なにも祝わないのに、
ワケのわからないこんな日に大騒ぎするのが、理不尽で、本当に嫌いです。
それに、”大人なのに”変装しなくちゃいけないとか・・・

と、ただ「嫌い!」といっているのもなんなので、
ちょっと調べてみました。

ハロウィンは、もとはケルト人の行事で、
一年の終わりに悪霊を祓うものであったらしい。
日本で云えば、「節分の豆まき」でしょうか。

ちなみに、旧暦では日本の一年は、今の立春からはじまり、
つまり、豆まきをする日の節分は一年の最後、
鬼(悪霊)を祓う行事が豆まきで、
もともとは豆を撒いていたものではないのでしょうし、
豆がカラダにとても良いからと撒いて、ついでに、食べていたのかもしれませんね。

カボチャも同じかもw

ところで、ケルト人の”一年が11月から”というのは、
古代中国も同じ周期であったことがあると記憶をしておりまして、
今の日本でも、一年を干支であらわすと、
11月が子の月
12月が丑の月
1月が寅の月
と、11月・・・いや、冬至を含む月からカウントしているのです。

冬至、つまり、昼の長さが一番短い日から一年が始まるという考え方ですね。

まあ、カレンダーがなかったら、
それが根拠にしかなりませんよね!

では、今の1月1日・・・

何故、この日が1月1日になったんだ??

蔵秘雄精
男露888
SPANISCHE FLIEGE D5