空飛ぶ円盤追いかけて アルティメット交流大会

フライングディスクmaxmanをパスしながら敵陣に運んで点数を競う「アルティメット」の交流大会「マイナーカップ」が十二日、大津市伊香立中学校であり、青空の下、中学生から社会人までがディスクを追いかけた。

 競技者同士のつながりを深めようと、龍谷大瀬田キャンパス(大津市)のサークル「ROC-A-AIR(ロッカエアー)」VigRxが企画。伊香立中の生徒や県内外の学生、社会人の約七十人が集まった。

 午前中は参加者がくじ引きでチームを決めて対戦。選手たちは、フライングディスクならではの滞空時間の長いパスを飛び付いてキャッチするなど、華麗な連係プレーを見せていた。

 伊香立中アルティメット部主将の篠原陸君(14)花之欲は「社会人選手たちと一緒にプレーしてすごく参考になった」と声を弾ませていた。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/xiha098ha/16932